« サクラにトンカツ、そしてショコラ | トップページ | ウコン桜咲く乗馬クラブで »

2016年4月 7日 (木)

眠そうだったショコラは元気一杯

4月6日水曜日は、この日最終時間の4時半からの乗馬レッスン。
いつもの通り早めに乗馬クラブに到着すると、駐車場が一杯で空きを探しながら奥に駐車した。
まだ2時半のレッスンが行われていて、これから3時半、4時半のレッスンもあるのだが、平日の夕方近くの午後でこれほどの駐車混雑は初めて。
暖かくなり、夕方を希望する方々が増えてきたようだ。

早速、今日騎乗するショコラ君にご挨拶しに外側から馬房に行くと、内壁に向かってじっとして私に気付かない。
どうやら立ちながらすこし居眠りしていたようである。気付くと眠たそうな顔で出迎えてくれた。
おやつの人参とリンゴを上げると目が覚めたようである。
この日のショコラ君のお仕事は私が来るまで午前中の1鞍のみで、ゆったりしていたようである。

クラブにある白壁の蔵の横に紫色のキキョウの様な花が咲いていた。
オーナーさん尋ねたら、名は忘れたが少し毒性があるようだとのこと。
自宅のPCで調べたら、「ツルニチニチソウ」と言うキョウチクトウ科で明治時代に渡来した地中海沿岸地方原産の外来種だそうです。
毒性があるので、馬が食べないよう注意しなければいけません。
でも、美しい紫色で可愛い花だと思う。
花言葉を調べらた、「幼馴染み、朋友、生涯の友情、幼い日の思い出、楽しき思い出、優しい思い出、優しい追憶」とのこと。
この日の私は、「楽しき思い出、優しい思い出」という思いであった。

さて、H先生の下ショコラ君との196鞍目のレッスンは、幸君組とリンド君組の3組でのレッスン。
幸君、リンド君に続いてショコラ君が蹄跡を出て、右手前でレッスン開始。
寝ぼけていたかと思っていたショコラ君、レッスン始まると最初から元気な常歩でビックリ。
前の組に追いつてしまうので、停止だけでなく巻き乗りを何度かして距離を取った。
軽速歩も元気が良かったので、初めて巻き乗りの速歩を試みた。
以前は常歩での巻き乗りも嫌がっていたショコラ君、この日は常歩でも速歩でも巻き乗りに素直に動いてくれた。
駈歩は左手前、右手前の両方を行った。左手前では、再発進の際に内方姿勢と脚が曖昧になり手前違いで発進させ、やり直しをした。
この日は、久しぶりに3組が揃って駈歩の維持ができて楽しかった。

レッスンを終えてショコラ君を手入れしていると、会員では私と幸君を手入れしている方だけとなった。
最後は、居残り当番のAクラスの男性I先生と2人だけとなり、I先生にさよならして帰宅する。
車に乗ると、自分の体が汗臭かった。乗馬とショコラ君の手入れで汗を大分かき、気持ちが良かった。
Sanyou20160406a Sanyou20160406b Sanyou20160406c

|

« サクラにトンカツ、そしてショコラ | トップページ | ウコン桜咲く乗馬クラブで »