« ショコラとの人馬二体 | トップページ | 誕生日前のショコラ君と »

2016年4月19日 (火)

富士山麓大荒の天気から晴。次の日は乗馬

久々に、乗馬以外のコメント。
4月17日(日曜日)は大荒の天気であったが、富士山麓の霊園に義母の3回忌の法要と墓参りの為妻の兄姉ら家族と集合した。
もの凄い風雨の為法要後に桜咲く墓地へのお墓参りは車で近くまで行き、車内で手を合わせて済ますこととなった。
帰りは皆で河口湖近くの承知菴という蕎麦屋さんで遅い昼食をいただく。
こちらの蕎麦屋さんは、元々は和菓子屋さんで、天皇陛下に献上した「はまなし」と言う和菓子を食前に、富士山を描いた羊羮を食後にサービスしてくれました。
メインの食事は、幻の十割蕎麦を主食として、鴨肉、甲州信玄豚、湯葉汁、サラダ、ヤマゴボウ、干しアサリの混ぜご飯の小鉢等のセットで美味しかった。
「幻の十割蕎麦」の幻の意味は、つなぎ無の蕎麦粉100%だけでは通常蕎麦打ちが出来ないので、幻と言うそうである。
店主いわく、十割蕎麦を他の蕎麦屋が秘伝を知りたく良よく食べに来るそうである。
十割蕎麦を打てるのは、元々の和菓子つくりに精通した粉の加工技術があってのことなのだろう。
その蕎麦は、とても美味しかった。
喪主にお土産を色々いただいて、河口湖湖畔を皆さんと散歩した。
お昼過ぎまでの荒れた天気が嘘のように晴れ間が出で富士の山と桜を鑑賞することができた。
そして河口湖畔で解散して、帰路に着いた。

夕方に帰宅すると、自宅の駐車場にいつもの野良猫達が待っていた。
家に入ると、家猫のみりぃも寄ってきた。
最近宿泊旅行がしにくいのは、この子達が居るからである。
それと、元々旅行計画するのが苦手なのに、計画しなくていつでも行けた八ヶ岳の小さな別荘を手放したのでほとんど宿泊旅行しなくなった。
今は、週に3日~4日に通っている乗馬クラブでの乗馬が出来ることが何よりの楽しみ。
しかし、親戚や友人らと会う機会が少なくなっている気もする。
愛猫「みりぃ」と戯れる時間も少なくなっているようで、自宅にいるとみりぃが私にべったりである。
馬を見たことない愛猫みりぃであるが、乗馬から帰ると私から得体のしれない匂いを嗅ぎまくる。
嫉妬深いみりぃは、なにか変な動物と浮気しているのではといった目で私を観ることがある。

4月18日月曜日、乗馬レッスン午前11時と1時半の2鞍を予約していたが、上記日帰り旅行があり疲れると考え、事前に午前中のはキャンセル。

暖かな天気の中で、午後1時30分からのレッスンを受けた。
H先生の下、ショコラ君と202鞍目のレッスン。もう1組は春君組。
ショコラ君が先頭で、右手前でスタート。元気な常歩、軽速歩、正反動が良くできたと思う。
斜め手前変更で、左手前での駈歩もとても良く、躓かせず維持することができた。
その後と軽速歩は、とても軽快であった。ひばりが、元気に鳴いていた。
この日も、ショコラ君は私とのレッスンでお仕事終了。手入れをしてあげた。
そして、とてもラッキーな日。クラブハウスの竹やぶで摂り立ての旬の筍とコシヒカリの米ぬかをゲット。
帰宅後、私が早々に茹でた。後は妻に料理してもらうつもり。
Fuji20160417a Fuji20160417b Fuji20160417c_2 Fuji20160417d Fuji20160417e_2 Fuji20160417f
Sanyou20160418a_2 Sanyou20160418b Sanyou20160418c

|

« ショコラとの人馬二体 | トップページ | 誕生日前のショコラ君と »