« 久しぶりの駈歩 | トップページ | ショコラ君の信頼を得られたかな »

2016年2月 9日 (火)

まとめてのコメント。友人と温泉、馬の手入れを学ぶ。

2月5日金曜日は、夕方4時半からの乗馬レッスン。
この日も3日水曜日と同じく夕方の最終時間なのに3組でのレッスンとなった。
当初は2組と思っていたが、当日の申し込みがあったようである。
H先生の下、ショコラ君との164鞍目。他は、リンド君組と幸君組。
この日幸君に乗られていた方あまりクラブでお見受けされない方であったが、H先生からもっと元気に常歩するよう指導されていたが、その対応をなかなかされず騎乗されていた。
軽速歩・正反動でも幸君組の動きが遅く、渋滞気味でのレッスンとなった。
駈歩の場面でも、一向に幸君組が動かない。ついにH先生、幸君を避けて他の2組は駈歩してくださいとの指示で、リンド、ショコラは駈歩の発進と維持を行った。
その後リンドとショコラは内側で待機し、幸君組だけの駈歩レッスンをされた。

2月6日土曜日は、神奈川に住む友人2人と新百合ケ丘駅で待ち合わせして、くりひら温泉の無料バスに乗りく温泉と会食を楽しみ、新百合ヶ丘駅前でカラオケを楽しむ。
くりひら温泉に到着した時に、サンヨーガーデンに2人を連れて見学をしてたら、乗馬クラブのお知り合いに「温泉入る前に乗馬しければ」とひやかされてしまった。

2月7日(日曜日)は、午後2時半からの165鞍目の乗馬レッスン。
H先生の下、私はショコラ君。他は、リンド君、幸君。
幸君との組合せの場合、ショコラは幸君の後ろを着いて行く傾向があり心配したが、この日の幸君の乗り手がBクラスでもベテランで幸君を元気に動かせていたので良い常歩、軽速歩・正反動ができた。
久しぶりに軽速歩での輪乗りも2回行った。
そして、駈歩も3頭が並んで発進と維持ができた。ただ、幸君だけは途中で駈歩を中断する場間が見受けられた。それは、幸君のきまった場所でのことである。幸君は、その場所が気になるようである。
ただ、概ね3頭並んで駈歩できたのは、気持ちが良く、良いレッスンとなった。

この日のショコラ君は、私とのレッスンが最後であったので、H先生にショコラ君の手入れをどなたかに教わって行っても良いか尋ねる対応してくれる他の先生がいればいいですよとのこと。
そして、女性のH先生が同先生の作成したイラスト入りの解説書を1枚くださり、最終時間の乗馬レッスン前に教えてくださった。
手入れの際は、必ずヘルメット着用である。
①馬房から無口頭絡を装着して馬繋場に連れて行き、
②無口頭絡に付いている左右のリードの結び方を教えていただき。
➂最初は蹄の手入れ。蹄は寒い冬でもお湯でなく水を使って清掃する。蹄がふやけて痛んでしまうからである。
順番は、左前足、右前足、左後足、右後足である。
④次に、馬の各足を上げて蹄の裏側を「てっぴ」で詰まったボロや砂・敷料を取り除きます。
この作業は注意しないと大変危険。手や指を踏まれたら大変。また、虫のいる時期などは注意しないと虫を追い払うため自分の体を馬が誤って蹴ることもあり得ます。
この日は、女性のH先生は次の時間のレッスンもあるのと危険なので後ろ足は先生が行って私は見学しました。次回にまたちゃんと教わりと思います。
⑤次に馬のブラッシング。前から後ろに行います。
ただこの日のショコラ君は午後1時半と2時半の連続レッスンだったので、大分汗をかいていたのでタオルで拭いてあげてからのブラッシングとなりました。
⑥終了したら、リードは必ず左側から外します。右を外すと、馬房に勝手に行こうとするからである。
⑦馬房で無口頭絡を外し、無口頭絡を所定の所に戻して終了。
馬の手入れは、土日になると男性陣も見受けられるが、圧倒的に女性の方が多い。
いつも、恐れも無く悠然と馬の手入れをされている女性の方々を観ながら逞しいなと思っていた。
その日乗馬しなくても、馬の世話だけに来られている方々もいらっしゃる。
馬が大好きなのでしょう。私も、馬が大好きである。と言うか、動物が大好きである。

2月8日月曜は、午前11時から166鞍目の乗馬レッスン。
H先生の下、お馴染みのショコラ君とのレッスン。他は、ピース君組とリンド君組。
常歩ではショコラ君、前を行くリンド君に追いつく勢いであったので、巻乗りを何度かしてかわした。
ピース君組は大ベテランなので、何度も輪乗り等をして私達2組をかわしていた。
軽速歩・正反動、そして駈歩もとても良かった。3頭での駈歩の発進・維持も出来て楽しかった。
ランチタイム後、自分の鞍やブーツを手入れしてから、Dクラスの見学をした。
DクラスのH先生の説明が、とても勉強になる。ただし、まだ私が実行するのは至難の業である。
今回は「鞍に吸い付くように常に跪坐する」との言葉は、とても心に残った。
見学を終えてから、BクラスのH先生にショコラ君の手入れを自分一人で行ってよいかの了解を得る。
正し、蹄は泥を落とす程度でよいとのこと。私もまだ完全でないので、ブラッシングを主体に行うことにした。
ショコラ君を馬装か馬繋場に連れて来てまごまごしていると、女性のベテランの会員さんがショコラ君を繋いでくれた。
蹄の外側の汚れを落としていると、見かねてAクラスの女性のI先生が蹄の清掃の仕方を教えてくださった。ただし、やはり後ろ足はI先生に行っていただいた。
そして蹄の手入れの時に、右前足の蹄鉄がないことに気づき、I先生からBクラスのH先生に連絡していただいた。
11時の私のレッスンの最中に蹄鉄が外れたのかもしれない。ショコラ君は前に前に元気よく動くが、軽速歩の時につまずくことも多い。今回も何度かつまずいた。
馬を手入れする大切さを痛感した。
今日の9日火曜日は乗馬クラブはお休み。明日の10日は午前中に乗馬レッスン。ショコラ君に騎乗できるかな・・・心配。
たまには、ピース君かリンド君にも騎乗したいとも思うけどね。
Sanyou20160207a Sanyou20160207b Sanyou20160207c Sanyou20160208a Sanyou20160208b Sanyou20160208c< />

|

« 久しぶりの駈歩 | トップページ | ショコラ君の信頼を得られたかな »