« ショコラ君の信頼を得られたかな | トップページ | 野外で焼きそばのランチタイム »

2016年2月13日 (土)

ショコラとリンドとの駈歩

2月12日金曜日は、この日最終時間の乗馬レッスン。
クラブに到着すると、ショコラにおやつをあげた。
そしてショコラ君に頬ずりをした。
ショコラの隣の馬房に居るキング君の足が悪化して休馬中とのこと。
パセリ君につづいて、心配である。
ショコラの右前足もちょっと心配である。

H先生の下、ショコラ君との168鞍目。もう一組はリンド君組。
レッスン開始のショコラは他の馬が居ると、先頭で蹄跡に出たがらない。
しかしこの日はそれを許さずと思い、脚・脚・鞭・鞭・鞭を行うとショコラは後ろ足を蹴り拒否。
結局リンドが先頭となってしまい、リンドの後を追い蹄跡に出た。
蹄跡に出ると、ショコラはリンドより常歩が速くリンドに接近。
私は、それを回避しようと巻乗りをしようとすると動かなくなる。
それを決して許さないようにと先生が、動くまで鞭・鞭・鞭とのことで対応するとようやく巻乗りができた。
リンドとの距離を離すため、巻乗りを何度か繰り返しショコラが先頭のようになった。
そして軽速歩を行い休め状態になった時に、H先生リンドに乗り替わりリンドの調教乗りをされた。
リンドがご機嫌よくなかったのか、先生が騎乗しての調教をするとH先生を振り落すような勢いで後ろ足を何度も蹴り跳ねた。
そう、私の生まれて初めての落馬は、リンド君との駈歩で私が強引に駈歩での輪乗りをした時にリンドが飛び跳ねてたからでした。
リンドは、馬房から馬場までは先生しか連れてこれない馬。この日も先生が連れて来る途中に後足だけで立ち上がったとのこと。
私はその間に、ショコラと休めの状態で常歩をしていた。
H先生のリンドとの駈歩、とても参考となる美しい走りであった。
ようやく先生の騎乗調教を終え、リンドから下馬されていた方が騎乗して、また2頭でのレッスン開始。
常歩、軽速歩、手前変更してから正反動。そして常歩から左手前での駈歩発進。
リンドの駈歩発進を確認してショコラも駈歩発進、共に駈歩の維持ができて3周したところで軽速歩。
そして常歩に戻して休め状態にしてレッスン終了。
ショコラ、リンドでの駈歩は、とても爽快で楽しかった。

乗馬を終えショコラの手入れも考えたが、もう遅い時間であるし女性のI先生もそう思うと今後の負担になるので、出来る時でいいのですとのこと。
今日のショコラ君との乗馬楽しかっただけに、ちょっと後ろ髪魅かれるような思いで帰宅した。
Sanyou20160212a Sanyou20160212b_2

|

« ショコラ君の信頼を得られたかな | トップページ | 野外で焼きそばのランチタイム »