« 雪が降ってからの3鞍 | トップページ | 久しぶりに乗馬のすぐ後に温泉を楽しむ »

2016年1月29日 (金)

ショコラ君は可愛い

1月28日木曜日、この日最終時間の4時半のレッスンは全クラスの中でも私一人だけでした。
H先生の下、ショコラ君との1組での161鞍目のレッスン。
ショコラ君は、やはり最初はなかなか蹄跡まで動かなかった。
脚・脚、鞭・鞭・鞭でようやく蹄跡に入ってくれた。
しかし、蹄跡にはいっても何度か止まってしまった。
蹄跡に入り動きだすと、良い動きのショコラ君と思っていたのに動かなくなってしまうのでちょっと焦った。
とは言え、この日は1組レッスンなので焦る必要は無いのだが、H先生から動くまでしっかり脚・鞭の扶助をするように指導を受ける。
私は相変わらず、鞭の使用をためらってしまいがち。
馬房でのショコラ君はとても可愛い。他の馬達と違い、鼻筋や首筋を撫でても耳を後ろに下げることをしない。
人参や黒砂糖をあげると、馬房の柵などをしゃぶりはじめたりする。ショコラの名のごとく、甘えん坊さんである。
H先生、最初なかなか動かないのは、乗り手の様子を伺っているからとのこと。
的確な指示をすれば、そうショコラ君はとても素直に良く動く。他の馬が居る時は、セーブしながらとなるくらい良く動く。
この日も、だんだん良い動きとなった。
馬場がまだ完全ではないので駈歩はしなかったが、軽速歩での輪乗りを4回も行ったり、長い時間正反動も行った。
輪乗りでは、H先生から外方の脚をあまり後方にしないよう注意を受けた。
体のバランスを失いく両膝で馬体を挟んでしまい輪乗りでの推進力を失い軽速歩が止まってしまう原因となるとのこと。
ショコラ君の正反動の速歩は早くなりがち。でも反動が少なく、とても乗りやすく、長く続けても苦にならず心地良かった。
レッスンを終えて、B馬場から手綱を引いて馬房まで歩くショコラ君は、馬場に向かう時とは大違いの早歩き。
そう、夕飯が用意されているからである。
Sanyou20160128a Sanyou201601028b

|

« 雪が降ってからの3鞍 | トップページ | 久しぶりに乗馬のすぐ後に温泉を楽しむ »