« 霜月、11月初日は午前と午後の2鞍 | トップページ | 雨模様の天気の中 »

2015年11月 5日 (木)

文化の日、乗馬クラブをハシゴする。

11月3日(火曜日)の文化の日、早朝に永福ランプから中央高速に乗り八王子ICを降りて狭山市にあるシエナ乗馬クラブに8時20分ごろ到着。
例によって最初に迎えてくれたのが猫ちゃん達。乗馬クラブの乗り手のお客さんはまだ誰も居なかった。
インストラクーさんにご挨拶して、馬場を見学すると、昨日の雨でゴムチップが含まれている馬場であったが、大分水を含んでいた。
その中を2頭の泥浴びした馬が湯気を上げながら自由に歩いたり走っていた。
とれも気持ちの良い朝、そして気持ちよさそうな猫や馬達を観て心が和んだ。
ここでの乗馬は3回目(3鞍目)で、この日の馬も前回同様に紅ちゃん。
騎乗する前に紅ちゃんをブラシングして、最初インストラクターさんが馴らしの騎乗をしてから乗馬レッスン開始。
この日、馬場が悪かったので駈歩は無で、軽速歩と正反動の速歩だけであったが、休みなしの45分間で汗びっしょりとなった。
乗馬が終わり、厩に戻った紅ちゃんに人参と黒砂糖をあげた。
すると担当のインストラクターさんが、私に会員のなるよう勧めて来られた。
私は今サンヨーさんでお世話になっているので考えておきますと返事を濁して、またご連絡して来ますとシエナ乗馬クラブを後にした。
今後もシエナさんはビジターで乗馬楽しもうと思っていたが、残念ながら今後ビジターで通うのは難しいかと思いながら車を走らせる。

今度は午後2時半に予約していたサンヨーガーデンさんに向うため、八王子インターから中央高速に乗り石川PAでランチタイムをして国立・府中ランプで降り到着。
サンヨーさんでの122鞍目の乗馬レッスンはI先生によるレタス君との1組レッスン。
I先生、馬場も悪いしレタス君も2頭の馬が亡くなり1日働く鞍数が多くなりお疲れ気味なので、あまり良い動きが出来ないとのこと。
当然駈歩レッスンは無し。ただ、軽速歩のでの半減脚と正反動の速歩は行えた。I先生から正反動、良かったですよとのお褒めを受けた。
先日の女性のI先生によるラブちゃんとの丸馬場での特訓。今日の朝、シエナ乗馬クラブでの正反動のおさらいができたのが良かったのだと思った。

11月4日(水曜日)は、サンヨーさんでこの日最終時間の夕方4時半から123鞍目の乗馬レッスン。
この日もI先生によるレタス君とのレッスン。もう1組はパーマ君組。
この日のレタス君は私で5鞍目と、大分お疲れのようだったので騎乗する前に首・肩を撫で、お腹の蠅を払うため手でお腹を触ったら左腕を軽く咬まれてしまった。
騎乗しても昨日の様な良い動きをしてくれなかった。
以前他の所での乗馬レッスンで教えてもらった、良い動きとなるように頭を下げさせ背中を丸ませるためには、左右の手綱を下げ軽く左右に手綱を動かしハミをしっかり咬ませることを実践。
するとI先生から厳しく注意され、私は下馬をしてI先生がレタス君に騎乗してレタス君を調教してから、再度騎乗した。
レッスンを終えて、私の行為の説明と先生の説明を聞こうと思ったが、I先生は「それ以上言うと本当に怒りますよ」と言うので、私もつい腹が立ち年甲斐もなく「そんな言い方無いだろう」と乱暴に言い返す。
ただ時間が経ち、私も勝手にした行為を反省しI先生に陳謝すると同時に、現場でも「髪の毛を無理やり引っ張るようなことで馬がパニックになる」との説明は受けたが、正しい知識を得るためにダメであることの詳細な解説を再度お願いした。
①既に前のレッスンからハミをはめて噛み合っている。不必要にハミを動かすと馬の口を怪我させる。
②「ハミ受け」は上級者のすることだが、挑戦しない方が良い。馬も自分自身も精神的に良くない。
➂レタス君だったから良かったが、他の馬だったらパニックになって振り落されていたかもしれない。
④馬(レタス君)との信頼関係を失い、今まで積み上げてきたクラブでの成果も失ってしまうことになる。
その通りであった。深く反省し、再度I先生に陳謝。そして、もし今後自分でちょっとしたことでも新たなことを挑戦する場合は、先生の事前の承諾を受けることである。
レタス君にも、人参・黒砂糖をあげて謝り帰宅した。

解説書やネットでも、私の行った行為は良しとされる場合があったり、馬を痛める行為であるとか色々であるが、今後は自分の通うメインのサンヨーさんの指導に従うことにする。
色々な情報、他の所での乗馬指導等があったが、今後はサンヨーガーデンさんだけのご指導に集中したいと思う。
色々な乗馬クラブを体験したが、きめ細かい説明と指導はサンヨーさんが一番であると思う。
ただ時々気分転換で、八ヶ岳山麓での駈歩はたまにはしたいと思う。

訂正:前回のブログで、新しく来たポールスター君の名の由来はビートルズからではなく。
英語でPole starで北極星とのことだそうである。またスパークリングワイン(サッポロビール)の名前でもあるそうです。受付担当のKさんが名付け親だそうです。
イェルテも元競走馬のイェルテではなく、競走馬時代の元名はナリタキャッツアイでイェルテは男性のI先生が名付けたそうです。

Siena20151103a Siena20151103b Siena20151103c Siena20151103d Siena20151103e Siena20151103f
Sanyou20151103a Siena20151104a

|

« 霜月、11月初日は午前と午後の2鞍 | トップページ | 雨模様の天気の中 »