« 嬉しいこと悲しこと | トップページ | 八ヶ岳旅行帰宅後の2鞍 »

2015年10月27日 (火)

夫婦で久しぶりに八ヶ岳山麓で過ごす

10月24日(土曜)と25日(日曜)は、小淵沢の山小屋を処分してから3年3か月振りにに八ヶ岳山麓で過ごす。

24日早朝、妻が奥蓼科の御射鹿池に行きたいとのことで中央高速諏訪南を降りて向かった。
紅葉はもう後半であったが、まだそこの秋は美しかった。
付近の明治温泉付近も散策。

次に富士見高原リゾート「花の里」に行く。まずはリフトに乗り創造の森を散策。 南アルプスは観えたが、ガスっていて富士山や中央アルプス、北アルプス方面は観えなかった。 八ヶ岳の編笠山、西岳は良く見えた。

そして、懐かしき小淵沢に行き、まずは売却した山小屋付近に行ったがご近所さんは不在であった。
昼食はカッコーさんで盛りだくさんの「気まぐれランチ」をいただく。
ランチタイム後、清里方面に向かい八ヶ岳大橋、東沢大橋の紅葉を観ようとしたが共に駐車場が満車で止められず車中から観て小淵沢に戻る。
3時ちょい前に宿泊するペンションに到着。妻をペンションで休んでもらっている間に、私は乗馬服に着替えてララミー牧場に向かった。

4時から45分のビジターレッスンを受けた。馬場は晴れていたが屋内の馬場で、馬はリチャード君、I先生によりクラブの中学生ぐらいの男の子が先頭で、後について軽速歩から正反動のレッスンを受けた。
I先生からは、つま先を外に向けて内腿、ふくらはぎで馬体にしっかりホールドして膝は鞍から離す。踵での踵は最初から下げない。 I先生、初級者のうちはつま先を外に向けて膝は鞍から離すようにふくらはぎでしつかり馬体をホールドすることによって脚が前に行かず安定するとのこと。 今通っているクラブでは膝を開くなと指導されていると思うが、ララミーではまだ脚が安定していない内は膝を鞍に当てさせないように指導しているとのこと。 膝を当てるとそれに頼り膝で締め付けてしまうことで馬に正しい指示が行かなくなるとのこと。ただ、自分のクラブに戻ったら、そちらの指示に従うしかないのでそうしてくださいとのこと。
こちらララミーのI先生の指示通り正反動すると、とても良い感じで出来た。 その通りサンヨーさんですると、「膝は開いてますよ」ときっと言わるとも思った。

ペンションに戻ると、妻はお風呂に入り部屋でくつろいでいた。
私も早々にお風呂に入った。食事はイタリアンのフルコース。前菜、スープ、パスタ、メインデッシュ、デザートでお腹いっぱい。 パスタの量が多くて、メインデッシュの肉料理が食べきれなくなってしまった。とても美味しく大満足。
夕食後、ペンションのご主人と色々とお話をした。
ご主人は東野栄治路朗さんの甥御さんとのことで、水戸黄門撮影関係や他の映画関係の書籍や写真が展示されていた。
ご主もオペラの声楽家で、お客さんが自由に使用できる楽器が多々あった。
また可愛らしいインテリアが多々あった。

25日(日曜)の朝食は、オナーさん自家製の色々なパンをいただく。
9時半ごろペンションを出て、観音平に行く。富士山や南アルプスが良く見えた。
観音平を下り、元自分の山小屋があった場所に行ったが、お知り合いの皆さん天気が良いので出かけて不在であった。

次にリゾナーに行くと、9月に乗馬4級ライセンスの合宿のT先生より電話が入る。
昼12時ならば時間が空いているので駈歩レッスン1鞍受けられるとのことで、妻に了解を得て馬場のあるバッファロー砦に妻と行く 。

乗馬服に着替えて、駈歩レッスン開始。馬は前回お世話になった北斗君。
常足、軽速歩、正反動と北斗君を元気に動かし正反動から駈歩。 すんなり駈歩スタートができた。ただ、途中に駈歩から正反動になり再度駈歩スタートしようとすると後方に上げた足がブレて上手くスタート出来ないことがあった。 脚がまだ安定してない面があったからである。その場合常歩に歩様を変えてスタートするとすんなり出来た。 T先生から、脚は以前より大分良くなったが、手綱を握る拳が上下したり上に上がりすぎと指摘された。 脚の改善は、昨日ララミーでのレッスンがあったから良かったのだと思った。
妻が私の乗馬姿の写真を撮ってくれた。
レッスン終了後、北斗君と隣のペガサス君に道の駅小淵沢で買った上等な人参をあげた。
妻がT先生との会話の中で、北斗君はNHKの今度の大河ドラマ(真田丸)に出演するとのこと。
それで、T先生今週は忙しいので先日レッスン予約したが難しいと断られたのであった。
でもご自分のお昼時間を割いて、1鞍だけとレッスンをしていただけた。
ありごとうございました。
また、来ますとお別れした。

遅い昼食を、三分の一湧水近くの蕎麦処「三分の一」で蕎麦定食をいただき小淵沢インターから帰路に着いた。

妻との久しぶりの旅行は楽しかった。 でも帰宅すると、愛猫「みりぃ」がとても淋しかったようで、私にベッタリ状態。
9月に私が乗馬合宿で3泊した時は、みりぃは体調を崩して下痢ぎみとなった。
愛猫「みりぃ」が天寿を全うするまでは、外泊は出来る限り控えたいと思った。
だからまた、サンヨーガーデンでの乗馬を楽しみたいと思う。 でも、またサンヨーさんに戻るとあまり上手く騎乗できず、先生から色々な指摘を受けて落ち込んでしまうことがある。
そんなことで、気分転換で時々シエナ乗馬クラブで駈歩をさせていただこうと思う。
そこならば、日帰りできるし、ララミーさんとのお付き合いもあるようだから、色々な情報を聞ける。
Mishakaike20151024a Mishakaike20151024b Mishakaike20151024c Meijionsen20151024a Yatsu20151024b Fujimikougen20151024a Fujimikougen20151024b Fujimikougen20151024c_2 Fujimikougen20151024d Fujimikougen20151024e Fujimikougen20151024f_2 Kobuchuzawa20151024a Kobuchuzawa20151024b Kobuchuzawa20151024c_2 Kobuchuzawa20151024d Kobuchuzawa20151024e Kobuchuzawa20151024f Kobuchuzawa20151024g

Kobuchuzawa20151025a Kobuchuzawa20151025b Kobuchuzawa20151025c Kobuchuzawa20151025d Kobuchuzawa20151025e Kobuchuzawa20151025f Kobuchuzawa20151025g Kobuchuzawa20151025h Kobuchuzawa20151025j Soba20151025a Soba20151025b

|

« 嬉しいこと悲しこと | トップページ | 八ヶ岳旅行帰宅後の2鞍 »