« 八ヶ岳から帰宅してクラブでの乗馬 | トップページ | 10月初旬、やははり乗馬の話 »

2015年10月 1日 (木)

2015年9月最後の乗馬

9月30日水曜日、この日最終時間の108鞍目の乗馬は男性I先生によりレタス君との1組レッスン。
いつもならば1組レッスンとなると、とても嬉しく頑張ろうと思うのだが、この日はその感動もなく初めっからちょっと意気消沈気味でレッスンに望む。
I先生から正反動の速歩ののレッスンもお望みですねと言われ、はいそうですと言ったが、本音は駈歩のレッスンもして欲しいと思った。でもそれは、次のBクラス以上でしか出来ないので諦め言わなかった。
気持ちがあまり前向きに行かないまま、I先生からもっと元気な軽速歩をさせないと正反動に出来ないと言われ、元気よくレタス君を動かし軽速歩のスーピードをセーブしてから正反動に歩様変更。
気持ちも弛んでいたし、元々の柔軟性にも欠けていたか、足がまた前に行ってしまった。内腿・ふくらはぎの下半身でしっかり馬体に接してないからいけない。解っていたが、気持ちがちょっと荒んでいた。
レッスン最後に、駈歩のレッスンはBクラスに行かないと出来ないのか質問。
Bクラスに行く前にレッスン受ける方と、Bクラスに行ってから受ける方がいるそうである。
私は、早々駈歩のレッスン望んだが、レタス君の駈歩は厳しいので難しいと拒否されてしまった。
まだ、しばらくは現状維持でのレッスンが続きそうである。
先日、パーマ君が体調不良で心配したが回復に向かっているとのことで安堵。しかし、ヒーロー君が腹痛とのこと。
受付のKさんに、ここ1年ライセンス試験を実施してませんねと尋ねると、故障しいる馬が多く難しいそうである。

こちらのクラブ会員とビジターが公平に対応されているのだが、A・Bクラスが大分増え、特にBクラスの方々が増えAからBへの昇格がセーブされているような気がする。
馬の手配も、インストラクターやスタッフも人数が少なく、大変そうである。インストラクターさんに挨拶するが、元気なく不愛想な人もいる。こちらのクラブ、ベテラン会員さん達の支えが大きいと思う。とてもフミリーナなのが良い。

今日の私は、午前中の仕事が終えてから、自宅でネットと電話で今の私の騎乗状態と次へのアドバイスをしていただける乗馬クラブを探した。
改めて乗馬クラブて、こんなにあるんだと思ったが、なかなか地理的条件や日時的条件、ビジターでの条件で、自分にあうのは少ない。こちらのクラブに決める時も、体験乗馬はクレイン東京とここサンヨーガーデンだけであった。八ヶ岳と山中湖での体験は別として。
しかし、とりあえずビジターで楽しめそうな場所が見つかったので、近々行ってみることにした。また、気分を変えて乗馬を楽しもうと思う。本格的な乗馬を始めて1年3か月、原点に戻ることも必要かと思う。ちょっとシャカリキになりすぎていた。すこし今のとこで乗馬のペースを落とし、違うことも楽しもうと思う。妻との秋の旅行や友人との会合などを、疎かにしていた。愛猫みりぃと自宅で過ごす、自由な自分の時間も大切。
Sanyou20150930a_2

|

« 八ヶ岳から帰宅してクラブでの乗馬 | トップページ | 10月初旬、やははり乗馬の話 »