« 95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン | トップページ | 9月(長月)に入りました »

2015年9月 1日 (火)

8月最終の2鞍

8月30日日曜日は、午前9時からの96鞍目の乗馬レッスン。
先生は男性のI先生。私の乗る馬は、レタス君。もう1組はキング君。私とレタス君が先頭で、常足・軽速歩・斜め手前変更をして、その後私とレタス君は輪乗りをレッスンを受ける。
8月19日の時のレタス君との輪乗りはとても良くできたのだが、この日は手こずった。
輪が小さくなってしまったりした。先生から、外方の脚を後方にやりすぎとのこと。脚で外方を固め過ぎて、結果馬を無理矢理に内回りさせているとのこと。
また、軽速歩での輪乗りが常歩になったりするのは、状態が前のめりなりがちでなのが原因とのこと。
それらを正して、どうにか上手く出来た。
その日の自分の状態等や、馬の状態によって良い時も悪い時もるのだが、ほとんどは人間側の基本の扶助が正しくできてないからであると思う。反省。
この日は馬場もあまり良くなく、途中から雨が降ってきた。ちょっと気持ち的にブルーになった。そうゆう日もあるよ。
帰りに、馬事公苑近くの馬事普及ショールームでバーゲンの日本製のキュロットを購入した。このところ連日の乗馬があったり天気の悪い日があったのでキュロットの本数を増やした。

8月31日月曜日は午前10時からの97鞍目の乗馬レッスン。
昨日同様に天気が不安定で、馬場が昨日よりも悪かったので、自分の鞍にはレインカバーを装着。靴は合皮のショートブーツにチャップスにした。
この日もI先生で、私はレタス君。もう一組もキング君であったが、乗り手は昨日と違う方。2組とも輪乗りのレッスンをする。昨日の反省を踏まえて、外方の脚をあまり後方へやりすぎないようと、前傾姿勢にならないようにして昨日よりは上手く出来た。先生からもお褒めいただいたが、残念なのは手前が合っなかったとのこと。
思考して色々考えて乗ると、一つが疎かになってしまうのはまだまだ修行が足りない。反省、反省。
クラブに来ていつも心が和むのは、空君との触れ合い。

この日の帰宅時、やはり馬事公苑近くにあるカバロにより、革製のショートブーツを購入する。
合皮だのショートブーツだと装着感がいまいちな気がしたからである。 これで、革製のロングブーツと交互にレッスンに利用できる。 今月の中旬過ぎに、八ヶ岳山麓の小淵沢でで3泊4日の乗馬合宿を体験する予定なので、昨日に続いて自分の乗馬用品は十分となった。天気の良いことと、事故なく無事を願う。
この日馬事公苑の散策したが、馬場が良くないのもあるのか、職員の乗馬レッスンが行われいなかった。
ここで2020年8月に東京オリンピックの乗馬が開催される。暑い夏なので、おそらくエアコンの効いた室内競技場で開催となろう。しかし、他の競技も含めて、8月の競技は厳しいような気がする。
それよりも、陸上競技場やエンブレムなどに問題が生じているのが、とても残念である。
競技場は最初から金額提示して考えるべきであったし、エンブレムは一番最初に問題があった時点で取り消して、新たに考えるべきであった。競技場の建設時間や猛暑を考えれば、開催時期も1964年東京オリンピックと同様の10月に変更すればいいと思うのだが・・・。
Saiyou20150831a Saiyou20150831b Saiyou20150831c Bajikouen20150831a Bajikouen20150831b Bajikouen20150831c

|

« 95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン | トップページ | 9月(長月)に入りました »