« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン

8月26日水曜日の最終時間5時からのレッスンは、前回同様にI先生。お馬はレタス君とのラッキーな1組レッスン。
レッスン開始前に一昨日の24日ショコラ君との乗馬を復習講義をしていただく。駈足となった理由と、停止の仕方を再度確認。
あの時、私が冷静であったことをお褒めいただく。
私は、日ごろのレッスンのおかげで焦ることなく対応でできたと、感謝のお礼を言った。

この日は、午前中は雨でスケージュールの白板が閑散としていて、馬場の雨で荒れていた。小雨が降りだしていたので、鞍にレインカバー、私は革製のロングブーツでなく合皮のショートブーツにチャップスにした。

さてレタス君との1組レッスンは、常歩・軽速歩は順調であったが、輪乗が苦戦した。
前回レタス君との輪乗りがとても順調にできたのに、なんで上手く行かないのだと思ったが、やはり私の扶助が良くなかった。
外方手綱を意識し過ぎて、高く上げすぎてしまったこと。左手綱を必要以上に開いて内方に向けようとしてしまった。
この日は、輪乗りを左手前と右手前を行った。左手前では、外方の右手を高く上げてしまう傾向があると指摘される。右利きなので、その傾向が強く出る場合があるようだ。
右手前だと、外方は左手となるのでその傾向が無くなり良くなるとのこと。外科から背骨が右側に少し湾曲していると言われているのもあるので、私自身も左手前より右手前の方が体のバランスが崩れにくい。
この日は天候も悪い中でもラッキーな1組レッスンに、ちょっと力みすぎて思考が足りなかった。

乗馬は、馬とコンタクトを取りながら、馬体の仕組み、自分の身体を理解し、理論的に思考しながら集中するスポーツであることを再認識する。
日頃の肉体トレーニングと、書籍やネットでの学習が欠かせない。
勿論、先生方のレッスンに発する言葉も記憶することも欠かせない。
こちらのクラブは、簡単には先に進まない。徹底的に何度も基本を体と頭に浸み込ませるレッスンを繰り返す。その大事さが、前回のショコラ君との乗馬で納得した。
駈足を習得したいと思っているが、先ずは美しい常歩と軽速歩、そして特に美しい正反動の速歩を身に付けたい。
Sanyou20150826a Sanyou20150826b Sanyou20150826c

|

2015年8月24日 (月)

94鞍目 ショコラ君のメーリーゴーランド、楽しかった!!

今日午前9時からの乗馬。
通常は自宅から車で約1時間以内の約50分程で乗馬クラブに到着するが、渋滞や到着してからの準備を考えて2時間前に自宅を出発している。
今日のレッスンは久々の朝一番9時なので、6時45分に自宅出発。途中コンビに寄って時間調整しても、7時40分頃に乗馬クラブに着いてしまった。クラブの正門が開くまで車の中で時間調整となった。

この日の9時はAクラス3名の内2名が私より進んでいる方々のようで私のレッスンは丸馬となったが、ある意味でラッキーな一組レッスンとなった。
先生は女性のI 先生、馬はショコラ君。
並歩、軽速歩、手前変更と順調。そして丸馬場だったが、蹄跡1m程内側を廻るレッスンもまあまあ順調に出来た。

そして、私の希望で正反動での乗馬を希望。I 先生、正反動をちゃんと出来る為にと、
①軽速歩で、「立つ立つ座る」を習ったが今回は「立つ立つ座る座る」ができないと正しい正反動ができないとのことで行つた。それなりにできた。
②次に手綱でなくサドルホルダーを握り、鐙から足を外して内ももで騎座して速歩開始。馬から跳ね上がるときに鞍を上に持ち上げるようにしてホルダーを握る。

②は最初体が前傾となり注意を受け背を少し後方に持っていくと、気持ちの良い正反動となった。
しかし、鐙から外れた脚が馬に触れたのか、サドルホルダーを上方でなく後方に強く握ったのか、ショコラ君は駈歩を始めてしまった。その勢いで私の上半身は後方へ傾き、サドルホルダーを後方へ引いてしがみつき、益々ショコラ君スピードを上げる。以前ネットで暴走した馬の止め方は、鐙に着いた足を前方へ突き出すことを思い出したが、事前に脚を鐙から外していたので足がぶらぶら状態なので出来なかった。自然と脚で馬にしがみつくと、ショコラ君は益々スピードアップで、もうメリーゴーランド状態。でも私はとても冷静で内心楽しんでいた。そして先生の言葉も良く聞こえてきた。私もスピードに慣れてきたので、脚を鐙に乗せ、サドルホルダーから手を離し、I先生の言われたように外方の手綱を上向きに引いたら速歩・並足に戻った。

I先生いわく、ショコラ君は乗り手の指示に一生懸命こたえようとしたとのこと。そして、もともと丸馬場は、駈歩が出やすいそうである。
私もそう思う。後で先輩の上級者の女性会員さんからの話だと、駈歩スタートは通常の速歩の両足の脚の扶助と内方への手綱さばきで発進するとのこと。あの時ショコラ君が駈歩したのは、私のサドルホルダーの握りが一瞬内方へ向かわせて鐙から外れたぶらぶらの脚がショコラ君のお腹に触れたのかもしれない。

反省、乗馬中は気を抜かず集中すること。常に考え先を予想して乗馬すること。
いずれにしても、先生の冷静的確な指示。そして私もパニックにならず冷静にスピードに慣れてから体勢を元に戻せた。

その後先生が、駈足や暴走した時の馬の停止方法を実演してくれた。
①通常馬は、乗り手の両内ももを洗濯ばさみのようにギュット挟むだけでも停止する。
②暴走した時などは、私がネットで確認したように、鐙に着けた足を前方に突き出す。
である。
I先生の駈歩、とても安定して美しかった。 今日はとても良い経験をさせていただいた。I先生、ショコラ君、ありがとう。 ショコラ君とは今日で2回目の乗馬。今日の突然の駈歩、2年間病気静養中で最近また仕事復活できたので嬉しかったのかもしれない。ショコラ君また乗せてください。
Sannyou20150824

|

2015年8月23日 (日)

乗馬クラブで流しそうめん

8月21日金曜日は、午前10時からの乗馬を楽しむ。
レッスン始まる前の1時間前にクラブに到着したので、上級者のレッスンを見学する。先生のとても参考となる表現や言葉を見聞きできる。
今日の馬はまだ調教中のキング君なので、おやつをあげられないので他の馬達にあげた。
まずは、クラブハウス近くの馬繋場に繋がれていた空君に。
写真では人参を指につまんであげているが、これはダメなあげ方。指を咬まれる恐れがあります。とても小さな空君なんでこうしてあげてしまいましたが、ダメですの真似しないでください。正しいあげ方は、手の平に乗せてあげることです。

私のレッスンは、男性のI先生によるキング君とのラッキーな1組レッスン。常歩、軽速歩、斜め手前変更と良く出来た。輪乗りは、今までレッスンを受けた左手前では常歩・軽速歩ともに良く出来た。しかし、キング君との初めて逆の右手前からの輪乗りが上手く出来なかった。右手前の輪乗りを嫌うキング君に強い手綱となってしまい、ついには私の強い手綱さばきから逃れようと走り出してしまった。先生から、手綱を強くしないで自然に柔らかい扶助に心がけるようにとの指示を受け冷静になり、やっと右手前の輪乗りが出来るようになった。男性に多くありがちなのは、強い手綱さばきとなることで、私もその傾向があるので、今日のレッスンで理解していただけたでしょうとのことでした。この日のレッスンはとても勉強となった。

お昼はクラブでの「流しそうめん」で、色々な野菜天ぷらを食べながら素麺をいただいた。22日の明日の土曜日も「流しそうめん」開催とのことで、もっと人出が多くなるでしょう。
Sanyou20150821a Sanyou20150821b Sanyou20150821c<>

|

2015年8月20日 (木)

レタス君との良い乗馬ができた92鞍目

8月19日水曜日は夕方4時からの92鞍目乗馬を楽しむ。
レッスンは、男性のI先生による久々のレタス君との乗馬。もう一組はキング君組。
私とレタス君が先頭で左手前からレッスン開始。
レタス君はとても良い馬だが、その良い動きは良い乗り手が動かしての話。
先頭を動かすのを心配したが、常歩、軽速歩、手前変更共にとても順調。輪乗りも、常歩、軽速歩ともに思っていた以上に良くできた。
H先生からも驚いたように、良くできましたとお褒めいただく。
ただ、まだ脚が安定しない面があるとの指摘を受けた。

この日はいつもの様に早めにクラブに到着した。
レタス君に挨拶しようとしったが3時からのレッスンに入っていたので、猫のしろちゃんに持参した猫のおやつをあげた。
4時からの私のレッスンが終えるとレタス君は5時からのレッスンに出たのでおやつをあげられなかった。
自分の鞍等の手入れや着替えを終えてから、珈琲を飲みながら最終時間のレッスンが終えるのを待ち、レタス君におやつをあげて帰宅した。
Sanyou20150619a Sanyou20150619b Sanyou20150619c_2

|

2015年8月17日 (月)

久々のH先生とツバサ君

8月16日(日曜日)は午前10時からの乗馬レッスン。
この日は久しぶりに女性のH先生とこれまた久しぶりの大好きなツバサ君とのラッキーな1組レッスン。
Aクラスのメンバーは多く、私は鞍数はそれなりに多く乗ったがこのクラブで乗馬始めて1年ちょっと過ぎたばかりなので、同じ時間帯で先輩や上達しているAクラスの人が多いと前回同様に丸馬場となってしまう。
丸馬場だと色々な図形運動ができないが、今回は1組だったのとH先生が何かやりたい課題ありますかとのことで、丸馬場の内側を輪乗りするレッスンと正反動での速歩を希望。
そしてツバサ君の嫌いな右手前からレッスン開始した。ツバサ君はじめちょっと嫌がったが、H先生から甘やかしてはダメですとのことで、なんとか蹄跡に入ると素直に常歩、速歩、軽速歩できた。
左手前に変えてから、輪乗りのレッスン。常歩はまあまあ良かったが、軽速歩では初め輪乗りに入る指示を直前にしたため上手くいかなかったが、後半ようやくどうにか出来るようになった。
通常は丸馬場は馬が柵があるので蹄跡を自然に輪乗りするが、その内側を輪乗りさせるのは広い四角馬場のより難しかった。
正反動も初め足腰が硬くなり腰が弾んでしまったが、先生の指示により脚と腰を意識せず力抜くことと前のめりにならないようにすることで良くなった。
また、丸馬場だとつい顔を横にしたりしがちだが、眼玉を動かすようにして顔は前を向けているようにと注意を受ける。そうでないと体も曲がってしまうとのこと。
今回は1組レッスンだったので、カメラを固定して動画撮影を撮っていただき、自宅でじっくり復習をした。
今回は、とても良いレッスンとなった。H先生、ありがとうございました。
この日は、乗馬クラブで昼食を食べてから帰宅した。

帰り道、馬事公苑近くの馬事普及ショールーに寄り乗馬用ゴーグルを購入した。
今後乗馬の際はコンタクトレンズのほうが良いのではと眼科から指示を受けていたので、馬場が乾燥して砂埃立つような場合必要かと思い購入した。
私は左右の視力が極端に異なるのと強い近眼なので、通常時もコンタクトが良いとのことで現役で勤めていたのころはコンタクトにしたことがあったが、老眼も出てきて煩わしさから眼鏡に戻してしまっていた。
そのメガネの度数が強すぎたせいで眼精疲労となり眼科に行きコンタクトを進められたので、スポーツや長時間運転するような時はコンタクトすることにしようと思う。
眼鏡も度数を下げたもの現在オーダー中である。

今日8月17日(月曜)は午前9時から乗馬であったが、早朝からの強い雨模様でキャンセルした。 それと片頭痛がして調子が悪い。最近天気の具合等で、片頭痛が起きることがある。眼精疲労もあるのは、昨日の運転のせいかな? 歳をとると体にいろいろな変調が多くなるが、楽しい乗馬を継続するため体調管理に気をつけたいと思う。
Sanyou20150816a Sanyou20150816b Sanyou20150816b2 Sanyou20150816c Sanyou20150816d Sanyou20150816e

|

2015年8月14日 (金)

8月の中旬までまとめて

この8月もあっという間に14日の中旬。
乗馬は8月2日のコメントから4鞍乗り、8月はこの中旬まで5鞍乗った。 今までの鞍数は12日(水曜)でちょうど90鞍になった。
しかしこのところ暑さもあるが、自分自身の怠慢で惰性で乗馬していることもあったと反省。

8月7日(金曜日)は夕方最終時間、女性のI先生によるレタス君でもう一組はヒーロー君。
久々のレタス君であったがちゃんと乗れたので良かった。
ただ、私とレタス君は先頭だが機会あればヒーロ君の後ろに着こうとした。
ヒーロ君の乗り手の女性の方が軽い熱中症となられたようで、引き馬せずにクラブハウスに戻られた。

8月9日(日曜日)は、前回同様I先生によるヒーロー君とのレッスン。
もう一組はパセリ君組。私とヒーロー君組が先頭であったが、ヒーロー君がパセリに追いつきパセリが先頭となり、セーブしての乗馬となった。
なかなか思うように動けなかったが、セーブしての乗馬も必要と思って乗った。

8月10(月曜日)は午前10時から、男性のI先生によるキング君とのレッスン。
もう一組はレタス君組。 常歩、軽速歩、手前変更、輪乗りと順調に出来て嬉しかった。とくに輪乗りが心配であったが、まあまあのできであった。
もう一方のレタス君組の輪乗りはとても美しかった。近いうちにBクラスとなられる予定だそうである。
乗馬始めて1年が鞍数は大分乗ったが、駈歩はいつ出来るようになるのだろうか・・・。

8月12日(水曜日)は夕方最終時間、女性のI先生による初めて乗ることとなったショコラ君。
もう一組はヒーロー君。ショコラ君は蹄や体調悪く2年間も休養していた馬で、最近再び仕事に就き始めたとのことで心配したが、とても動きがよく乗りやすい馬で気に入った。
特に正反動が気持良く乗れた。ただこの日は久しぶりの丸馬場で、常歩、速歩、軽速歩、手前変更しか出来なかった。
輪乗りを完全にマスターしたいと思いながら、輪乗りする気持ちで丸馬場にショコラ君を動かした。

以上であるが、いずれにしてもここのところ気持ちの上で弛んでいる気がする。
乗馬は単なる動物との触れ合いではなくスポーツであるのだから、しっかりとした目標を持ってレッスンに望まないと45分間がもったいないと思った。
こちらのクラブはあまりライセンス取得を促すようなことはしていないが、乗馬ライセンスも取りたいと、最近思い始めている。

明日は終戦70周年を迎える。私は現在63才。
私が物心ついた頃、日本はまだ終戦のなごりがあり貧乏であった。
でも今日まで日本は、様々な事件や天災があったとしても平和であった。
この平和をいつまでも続けて欲しいと願う。
平和である喜びを大切さを、世界に語り訴えて行くことが日本の役目と思う。
それが太平洋戦争を起こし、多くの命を奪い奪われた日本の責任だと考える。
核抑止力とか軍備抑止力など、実際にことが起これば人は悪魔になる。
人間の争いに、命を奪われたのは罪のない人達だけではない。多くの動植物のことも考えるべきだ。
ホーキング博士が地球に来れる宇宙人はいるかとの質問に、文明が発達した生物はその前に自ら滅びてしまうので来れないと回答したのを思い出す。
逆を言えば、このままだといつの日か人類自ら滅びると言うことなのか・・・。
極端に言えば、車社会から馬車社会への発想の回帰も必要か。
馬の居場所が増えて、馬も幸せになる。そして、環境もよくなるかな。
電気自動車とか水素自動車とかも、元のエネルギーが必要だしね。
ちょと前まで自転車大国だった北京は、今や自動車で一杯。 その煤煙はもはや、中国だけの問題ではないしね。
話が尽きなくなったので、このへんで終えます。
Sanyou20150807a Sanyou20150809a Sanyou20150810a Sanyou20150810b Sanyou20150810c Sanyou20150812a<>

|

2015年8月 3日 (月)

8月最初の乗馬レッスン

8月2日(日曜日)は、今月最初の乗馬レッスンを午前10時からのを受ける。
先週の月曜日に11時からのレッスンを受け時に、軽い熱中症のようになり頭がふらふらしたが、今回の10時からも猛暑で後半の輪乗りの際には暑くて集中できなかった。
この日は、前回同様に男性のI先生とキング君。もう一組はレタス君組でレタク組が先頭で左手前からレッスン開始。常歩、軽速歩、手前変更、常歩での輪乗りまではとても順調であったが、軽速歩での輪乗は内方の脚が外方と同じように後ろ気味となりキング君にとって無理な輪乗りとなり失敗してしまった。思考をせず惰性となってしまったからである。I先生から折角うまく進んでいたのに非情に惜しいレッスンとなりましたねと言われた。私は、自分対して腹が立った。輪乗りは馬にとって少々無理で嫌な動きなので、乗り手が正しい指示をしないと正しい動きとならない。思考して騎乗しなければならないのである。

最近キング君に騎乗することが多いのだが、残念ながら調教中でおやつの人参をあげられないので、空君等他の馬達にあげた。
この日、初めて日曜日のランチをクラブでいただいた。オーナー自ら作ったサラダうどんで、美味しかった。

帰り道にある馬事公苑で世田谷祭りが開催されていたの寄ったが、あまりの人の多さと暑さで早々に引き揚げ、近くに馬事普及ショールームでアイスコーヒを頂き涼んで、乗馬の書籍を購入して帰宅した。
乗馬クラブは3日~6日の4日間まで夏休みとなる。最近一日置きに乗馬レッスンを受けていたが、しばしの休憩となる。ある意味でこの日の乗馬の不出来が、良い反省となった。しばらく本やネットで思考して予習・復習しよう。

今日は久々に乗馬なしでの休日。午前中は買い物をしたので、午後は自宅から比較的近くの友人に会おうと思ったが昼寝をしてしまい電話での会話となった。友人のS氏も、暑くて外には出ずに自宅でごろごろ状態であったとのこと。
この暑さ尋常でない。よく今まで乗馬クラブに行けてたと思う。
明日からまた、午前中だけの仕事。と言っても、ほとんどエアコンの効いた部屋での事務仕事。昼に帰宅する時が一番堪える。
Sainyou20150802a Sainyou20150802b Sainyou20150802c Bajikouen20150802a Bajikouen20150802b Bajikouen20150802c

|

2015年8月 1日 (土)

7月の最終週はキング君との3連続乗馬

7月27日(月曜)は、久々の午前中のレッスン。
1時間以上早く到着したので始める前に、10時からの上級者等他の方々のレッスンを汗びしょびしょになりながら見学。
11時からのレッスンは、男性のI先生によるキング君とのレッスン。もう一組はレタス君組。
この日前々回同じくキング君と上手く輪乗りできたのに、今回は全く上手く出来なかった。
軽い熱中症状態になったようで、頭が少し朦朧とした。I先生からもロボットのように硬いと言われ、もう一組のレタス君が良く出来ていたので気持ちの上でもダメージも大きかったように思う。
この後、クラブの近くの温泉施設「くりひら温泉」に行ったが、温泉にはちょっと浸かってから裸のまま寝れる所で昼寝をしてしまい、帰宅夕方となった。

7月29日(水曜)は、この日最終時間のレッスン。
前回と同じI先生とキング君によるレッスン。もう一組はパセリ君組。
私が先頭で左前からスタート。
輪乗りは前回より良かったが、手前変更に自分からかパセリ君組かと、躊躇してしまい上手く出来なかった。
躊躇したのは、先頭であったキング君の動きが良く、いつの間にかパセリ君の後ろに着いたので、パセリ君が先頭で自分はパセリ君の後に手前を変えるのと勘違いした為である。でも先生いわく、私が先頭なので私から手前変更すべきとのことでした。

7月30日(金曜)は、とても天気が良い日。
前回同様に夕方の最終時間の乗馬レッスンを楽しむ。
この日は前回と全く同じメンバーでのレッスンとなった。
I先生により、私がキング君、もう一組がパセリ君で、私とキング君が先頭で左手前でスタート。
初めめキング君、この日虫を嫌いやたら活発に動きたがったがって勝手に速歩になったりしたが、私の脚が知らず々キング君のお腹に触れていたのも原因だと、I先生から指摘された。動きの良いキング君が、脚がちょっと触れただけで速歩となる。元気に動かすのに鞭などは、全く使わく済む。ただ初めの内、脇の草を食べようとしたときは肩に鞭打ち叱った。
この日、常歩、速歩、軽速歩、停止、手前変更、そして輪乗りでの常歩と軽速歩がとても上手く出来 、I先生からもお褒めを頂き大満足。
ただ、パセリ君に乗っての輪乗りがキング君のように上手く行くかが、課題である。 でも以前のレッスン内容を確認すると、パセリ君でも輪乗りがちゃんと出来ていたことを確認。 でもそれは、常歩だけのレッスンであった。

明日の8月2日(日曜)は、午前中の乗馬レッスン。 日曜日であることと、乗馬クラブが8日から6日木曜日まで夏休みなので、混んでいるようである。 明日は、同じレベルの人とのレッスンとならず、ごく初級の人とのレッスンとなるかもしれないが、基本を大切にレッスンを受けようと思う。
しかし、この夏の猛暑は厳しく、少々夏バテ気味。一日おきペースの乗馬は、体力的に私にはちょっと厳しいような感じがする。
クラブの夏休みが終えたら、夏が終えるまではしばらく週2回ペースに落とすべきか思案中。気持ちの上では、毎日乗馬したい、馬と触れ合いたいと、思う。
クラブを往復する交通時間も夏バテのストレスとなっているようだ。
八ヶ岳の山小屋は売却してしまったが、宝くじが当たったら、乗馬クラブの近くにセカンドハウスを持ちたいと思う・・・。
Sanyou20150727a Sanyou20150727b Sanyou20150727c Sanyou20150729a Sanyou20150729c Sanyou20150731a Sanyou20150731b Sanyou20150731c Sanyou20150731d























|

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »