« 94鞍目 ショコラ君のメーリーゴーランド、楽しかった!! | トップページ | 8月最終の2鞍 »

2015年8月27日 (木)

95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン

8月26日水曜日の最終時間5時からのレッスンは、前回同様にI先生。お馬はレタス君とのラッキーな1組レッスン。
レッスン開始前に一昨日の24日ショコラ君との乗馬を復習講義をしていただく。駈足となった理由と、停止の仕方を再度確認。
あの時、私が冷静であったことをお褒めいただく。
私は、日ごろのレッスンのおかげで焦ることなく対応でできたと、感謝のお礼を言った。

この日は、午前中は雨でスケージュールの白板が閑散としていて、馬場の雨で荒れていた。小雨が降りだしていたので、鞍にレインカバー、私は革製のロングブーツでなく合皮のショートブーツにチャップスにした。

さてレタス君との1組レッスンは、常歩・軽速歩は順調であったが、輪乗が苦戦した。
前回レタス君との輪乗りがとても順調にできたのに、なんで上手く行かないのだと思ったが、やはり私の扶助が良くなかった。
外方手綱を意識し過ぎて、高く上げすぎてしまったこと。左手綱を必要以上に開いて内方に向けようとしてしまった。
この日は、輪乗りを左手前と右手前を行った。左手前では、外方の右手を高く上げてしまう傾向があると指摘される。右利きなので、その傾向が強く出る場合があるようだ。
右手前だと、外方は左手となるのでその傾向が無くなり良くなるとのこと。外科から背骨が右側に少し湾曲していると言われているのもあるので、私自身も左手前より右手前の方が体のバランスが崩れにくい。
この日は天候も悪い中でもラッキーな1組レッスンに、ちょっと力みすぎて思考が足りなかった。

乗馬は、馬とコンタクトを取りながら、馬体の仕組み、自分の身体を理解し、理論的に思考しながら集中するスポーツであることを再認識する。
日頃の肉体トレーニングと、書籍やネットでの学習が欠かせない。
勿論、先生方のレッスンに発する言葉も記憶することも欠かせない。
こちらのクラブは、簡単には先に進まない。徹底的に何度も基本を体と頭に浸み込ませるレッスンを繰り返す。その大事さが、前回のショコラ君との乗馬で納得した。
駈足を習得したいと思っているが、先ずは美しい常歩と軽速歩、そして特に美しい正反動の速歩を身に付けたい。
Sanyou20150826a Sanyou20150826b Sanyou20150826c

|

« 94鞍目 ショコラ君のメーリーゴーランド、楽しかった!! | トップページ | 8月最終の2鞍 »