« 乗馬クラブで流しそうめん | トップページ | 95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン »

2015年8月24日 (月)

94鞍目 ショコラ君のメーリーゴーランド、楽しかった!!

今日午前9時からの乗馬。
通常は自宅から車で約1時間以内の約50分程で乗馬クラブに到着するが、渋滞や到着してからの準備を考えて2時間前に自宅を出発している。
今日のレッスンは久々の朝一番9時なので、6時45分に自宅出発。途中コンビに寄って時間調整しても、7時40分頃に乗馬クラブに着いてしまった。クラブの正門が開くまで車の中で時間調整となった。

この日の9時はAクラス3名の内2名が私より進んでいる方々のようで私のレッスンは丸馬となったが、ある意味でラッキーな一組レッスンとなった。
先生は女性のI 先生、馬はショコラ君。
並歩、軽速歩、手前変更と順調。そして丸馬場だったが、蹄跡1m程内側を廻るレッスンもまあまあ順調に出来た。

そして、私の希望で正反動での乗馬を希望。I 先生、正反動をちゃんと出来る為にと、
①軽速歩で、「立つ立つ座る」を習ったが今回は「立つ立つ座る座る」ができないと正しい正反動ができないとのことで行つた。それなりにできた。
②次に手綱でなくサドルホルダーを握り、鐙から足を外して内ももで騎座して速歩開始。馬から跳ね上がるときに鞍を上に持ち上げるようにしてホルダーを握る。

②は最初体が前傾となり注意を受け背を少し後方に持っていくと、気持ちの良い正反動となった。
しかし、鐙から外れた脚が馬に触れたのか、サドルホルダーを上方でなく後方に強く握ったのか、ショコラ君は駈歩を始めてしまった。その勢いで私の上半身は後方へ傾き、サドルホルダーを後方へ引いてしがみつき、益々ショコラ君スピードを上げる。以前ネットで暴走した馬の止め方は、鐙に着いた足を前方へ突き出すことを思い出したが、事前に脚を鐙から外していたので足がぶらぶら状態なので出来なかった。自然と脚で馬にしがみつくと、ショコラ君は益々スピードアップで、もうメリーゴーランド状態。でも私はとても冷静で内心楽しんでいた。そして先生の言葉も良く聞こえてきた。私もスピードに慣れてきたので、脚を鐙に乗せ、サドルホルダーから手を離し、I先生の言われたように外方の手綱を上向きに引いたら速歩・並足に戻った。

I先生いわく、ショコラ君は乗り手の指示に一生懸命こたえようとしたとのこと。そして、もともと丸馬場は、駈歩が出やすいそうである。
私もそう思う。後で先輩の上級者の女性会員さんからの話だと、駈歩スタートは通常の速歩の両足の脚の扶助と内方への手綱さばきで発進するとのこと。あの時ショコラ君が駈歩したのは、私のサドルホルダーの握りが一瞬内方へ向かわせて鐙から外れたぶらぶらの脚がショコラ君のお腹に触れたのかもしれない。

反省、乗馬中は気を抜かず集中すること。常に考え先を予想して乗馬すること。
いずれにしても、先生の冷静的確な指示。そして私もパニックにならず冷静にスピードに慣れてから体勢を元に戻せた。

その後先生が、駈足や暴走した時の馬の停止方法を実演してくれた。
①通常馬は、乗り手の両内ももを洗濯ばさみのようにギュット挟むだけでも停止する。
②暴走した時などは、私がネットで確認したように、鐙に着けた足を前方に突き出す。
である。
I先生の駈歩、とても安定して美しかった。 今日はとても良い経験をさせていただいた。I先生、ショコラ君、ありがとう。 ショコラ君とは今日で2回目の乗馬。今日の突然の駈歩、2年間病気静養中で最近また仕事復活できたので嬉しかったのかもしれない。ショコラ君また乗せてください。
Sannyou20150824

|

« 乗馬クラブで流しそうめん | トップページ | 95鞍目は悪天候の中で、レタス君との1組レッスン »