« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月26日 (日)

猛暑も雷雨もなんのその

7月22日水曜日の夕方最終時間の乗馬レッスンは、夕方だったがとても暑かった。
男性のI先生により、私は久々のキング君。もう一方はレタス君組。
レタス君先頭でレッスン開始。やはりキング君は元気でレタス君に追いついてしまうので、軽速歩はブレーキングしながらの軽速歩となった。
そしてやはり初めのうちは、停止指示に対してなかなか停まってくれなかった。
この日は暑い日ということで、軽速歩はほどほどにして、輪乗りのレッスンをする。
キング君、思っていた以上に輪乗りをスムーズに行ってくれた。私としては、正しい指示ができたか心配であったが、キング君は動きが良いので助けられた感じであると思う。
乗馬を終えると、グラスホッパー君がH先生の調教を受けていた。 グラスホッパー君はAクラスの馬として調教しているのだが、Aクラスの馬として仕事が出来るようになる頃、私はまだAクラスだろうか?それともBクラスとなり、グラスホッパー君には騎乗出来ないかな・・・。
キング君もグラスホッパー君もまだ調教中なので、おやつがあげられないので、ポニーの空君やハート君。そしてお世話になっているパーマ君、ヒーロー君、パセリ君とその周辺の馬に人参をあげた。

7月24日金曜、天気と渋滞が心配であったので午後2時前に乗馬クラブに向かおうと玄関ドアを開けたと同時にもの凄い雷音で玄関に腰を落としてしまった。
自分が雷に打たれたかと勘違いするぐらいの衝撃音を経験したのは生まれて初めて。
乗馬クラブに行くのを躊躇したが、とにかく行こうと思い雷に打たれないように早々に車に乗り込んだ。
走り出し世田谷通りの馬事公苑近くになると、もの凄い雷雨となり渋滞が始まったので、世田谷通りを外れて砧公園通りを走り成城近くから世田谷通りに入り走ると大渋滞となっいたので途中のコンビニ駐車場で休みクラブに状況を確認。
やはり雷雨はあるようだがこちら程ではないようなので再出発すると、狛江の交差点が冠水状態で大渋滞。
前の車が冠水した交差点をゆっくり走った後、私は前の車よりちょっとスピードを上げたらもの凄い水しぶきがあがったのでやはりスピードダウンして走った。
多摩川の橋を渡るころに雨が弱くなり、明るくなってきた。乗馬クラブに到着すると、駐車場が意外と乾いている。
クラブの人たちに聞くと、はやり一時は豪雨であったとのこと。
2時半の乗馬が中止となったが、それ以後は時間が遅れ気味ながら開始とこと。
この日は、慌て革製の長ブーツを忘れてしまったので、車に常に積んであった合皮のショートブーツにチャップスにした。
乗馬時間前に雨がまた降りだしたので、鞍にレインカバーを装着した。そしたら、乗馬時間には晴れてきてしまった。
この日の先生は、女性のI先生。私の馬はヒーロー君で、もう一組はパセリ君。 この日は虫が多く2頭とも落ち着かなかったので、主に軽速歩させて馬を集中させた。
私としては輪乗りをしたかったが、丸馬場であったしもう一組の方がまだ経験してないようであったから仕方ないと思った。
次回に期待したい思った。

その次回は、明日の午前中である。明日はとても暑そうなので、帰りには乗馬クラブ近くの温泉で昼ねしてから夕方に帰宅しよう思う。

このブログはもうほとんど乗馬のブログとなってしまったので、模様替えをしなければと思っているけど、猛暑でパソコンに向かう気がしないのと、その時間もなかなか無いのも実情。 ホームページも工事中のままのページがあるのを気にはしているが、なかなか進まない。 ご観覧の皆様には、もう少しこのまま状態でのブログ更新になると思いますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
Sanyou20150722a Sanyou20150722b Sanyou20150722c Sanyou20150724a Sanyou20150724b

|

2015年7月20日 (月)

19日(日曜日)は猛暑の中での乗馬

海の日前の19日(日曜)は、この日最終時間の夕方の乗馬レッスンを受ける。
この日早めに到着したので、上級者の方のレッスンを少し見学。
見学を終えクラブハウスに戻ると、Aクラスでの乗馬レッスンを受けていた若い女性の方が熱中症でクラブハウスに抱きかかえながら運ばれてきた。比較的軽い症状で横になりしばらくお休みすると、回復して帰宅された。
私のレッスン近くになると夕立ちが来そうなので、鞍にレインカバーを装着。靴も革のブーツでなく、ネットで買った合皮のショートブーツにチャップスにした。
ところがレッスン開始時間になると、天気が良くなり晴れてきてとても暑いのである。
この日は、私はパセリ君。もう一組はツバサ君。先生は、久しぶりのH先生。 ツバサ君先頭で右手前からレッスン開始。
パセリ君、元気の良いツバサ君についていけるか心配したが、ツバサ君よりパセリ君の方がとても良い動きで、ツバサ君に直ぐに追いついてしまうので、軽速歩の際は鞍に腰を落したと同時に外方の手綱をぎゅっと握りブレーキをかけながら乗った。
最近のパセリ君と私の相性が良くなったのもあると思うが、この日のパセリ君はとても活発であった。

乗馬を終えると、汗びっしょり。冷えたタオルの提供があり、おでこと首筋を冷やした。 これでは、日中の乗馬に注意しなければ熱中症になってしまうと思った。
私と同じ時間で上のクラスでレッスンを受けていた一人の女性の方が、軽い熱中症となったようで休んでいた。
帰宅準備をしていると、自家製のアップルパイを持ってこられた会員の方から大きくカットしたアップルパイを頂き食べると疲れて空いていたお腹に、美味しく染み渡った。
帰宅の為車に戻ろうとすると、丸馬場でH先生が新入りのグラスホッパー君に鞍を装着させて調教していた。近々Aクラスの馬として、レッスンに参加できるのだろうか?

今日も暑くて、とうとう自宅から一歩も外に出なかった。
愛猫「みりぃ」とゴロゴロして過ごしてしまった。
明日からまた午前中だけだけど、仕事開始。
乗馬の為に頑張りましょう!
Sannyou20150719a Sannyou20150719b Miryi20150720a

|

2015年7月17日 (金)

パセリ君は良い動き

7月15日水曜日の夕方最終時間のレッスンは、久々の晴天。
乗馬クラブの上空には、7月と思えないような羊雲が出ていた。
この日のレッスンは、男性のI先生によるパセリ君との1組レッスン。
I先生、この日初めてレッスンに参加のパセリ君だったので、私が上手く動かせるか心配していたそうだが、活発に動かせたので大分上達したとお褒めを頂く。
そう、最初のころはパセリ君を思うようになかなか動かせなかったのです。
それはパセリ君が悪いのではなく、乗り手の姿勢・指示が正しくないと、パセリ君は全く動かないのである。
この日も、もしパセリ君の動きが悪い場合は、一度I先生が乗馬して活発になるようしなければならないかなと思っていたそうであるが、そうしなくて済んだようである。
この日のレッスン、輪乗りをする。最初は途中で停まるようなスピードになってしまったが、何度か挑戦で多少は様になった。
それと、軽速歩からゆっくりに常歩にさせて直ぐにまた軽速歩にするレッスンは、常歩にさせて直ぐにまた軽速歩にするタイミングがなかなか早く出来なかった。
それでもI先生、大分上達したとお褒めいただく。
それと、Aクラスの先生達から特に左手前での上半身、特に頭と右肩が右寄りになると言われているでしょうが、あまりに酷く脚が鐙から外れるようであれば良くないが、自然に乗れてればあまり気にしないほうが良いとのアドバイスを受ける。この日は、あえてその点を指摘せずにレッスンを進めたそうである。そのことを意識すぎると、かえって私としての乗馬が良くなくなるとのことでした。
ただ、体が右寄りに湾曲していることは、普段の生活でも意識して努力して修正出来るようにしたいと思い、I先生にもそう伝えた。

乗馬を終え帰宅準備していると、キング君がI先生から洗ってもらっていた。そして、今年の5月からクラブに来た、若駒のグラスホッパー君が鞍を付けてH先生の調教を受けていた。

7月17日の今日は、本来なら夕方に乗馬であったが、台風と体調を考えて事前にキャンセルしていた。
昨日につづいて、今日も昼寝をしてしまった。
ここのところ、一日置き位のペースで乗馬していたが、天気や温度差もあってグロッキー気味であった。年齢も考えて、休息も大事である。
Snyou20150715a Snyou20150715b Snyou20150715c

|

2015年7月14日 (火)

久々のパーマ君との乗馬

13日月曜日の乗馬はは午後2時半からしか予約取れなかったの心配したが、やはりはとても暑かった。
お相手のお馬は、久々のパーマ君。もう一組は、ヒーロー君組。
ヒーロー君先頭で、左手前でレッスン開始。
久々のパーマ君、虫をやたら嫌いイライラ気味であったので、集中せるのにちょっと手こずる。
それでもパーマ君、活発に動き出すと、とても騎乗しやすい馬である。
ヒロー君は、後ろから観ると右後ろ脚をを独特な脚踏みしているのが良く判った。
左手前から右手前に変更すると、自分は右手前が乗馬しやすいのが良く判った。
体の歪みからくる左手前のバランスの悪さは、意識して修正しないと克服できない。
でも無理に修正しようとすると、腰に負担がかかる気がする。
正しい姿勢で美しく騎乗できることが、今の私の人生の目標である。 その為に自分の心身を鍛える努力が、とても楽しく生きがいである。
乗馬クラブ最年長のパーマ君、ありがとうさん。

クラブの池に住み着いた2羽の鴨君が居なくなって心配していたが、クラブ会員方が近くの川の橋の下にいるのを確認したとのことで、安心した。
Sanyou20150713a Sanyou20150713b

|

2015年7月12日 (日)

ヒーロー君との連続乗馬

8日水曜日夕方最終の乗馬は、雨模様で駐車場には遠くにスタフさん達の車とお客さんの1台しか停まってなかった。
雨の中、男性のI先生がキング君の調教をしていた。
私の乗馬時間になると雨がやんだ。
女性のI先生によるヒーロー君との1組レッスン。
ヒーロー君、虫を嫌いやたら活発に動きたがった。
だから集中して元気な軽速歩が出来たが、スピードをコントロールする手綱さばきがまだ完全ではない。騎座した時にギュッと握ることによってスピードを落とせるのだが、ヒーロ君が元気良すぎてなかなかタイミングが合わなかった。また手綱は、親指と人差し指でしっかり握り、小指と薬指はハミを感じながら握る。
マンツーマンレッスンで汗だくとなり、着ているものを全て着替えて帰宅した。

10日金曜日夕方最終の乗馬は久しぶりに晴天で、夕方なのにまだとても暑かった。
女性のI先生により、私は前回と同じヒーロー君、もう1組はパセリ君組。
私とヒーロー君が先頭で、左手前から常歩開始。ヒーロー君、やる気満々で後方のパセリ君組に追いつてしまうので、ショートカットしてパセリ君の前に着くのだが、またまた追いついていますので、先生が巻乗して後方とパセリ君組と調整した。それらが、私にとってとても良いレッスンとなった。
乗馬を終えて厩でヒーロー君とパセリ君、そして近くの馬達に人参をあげた。
クラブのコーヒーを飲み着替えを終えると、馬繋場に同じ葦毛のパーマ君とヒーロー君が並んで居たので、ツーショットを撮る。右側の頬が黒っぽいのがヒーロー君、全身白っぽいのがパーマ君です。

この週は天候・体調不十分で1日置きに乗馬したので、久しぶりに疲れて今日12日(日曜日)は朝8時過ぎまで寝てしまった。もっとも5時ごろ愛猫みりぃに起こされ、猫のトイレ掃除と餌やりをして2度寝しての8時過ぎでああった。

明日の乗馬は昼過ぎの午後しか予約が取れなかった。
今日、ホームセンターで建築作業員等が身に着ける暑さ対策の用品を購入した。
Sanyou20150708a Sanyou20150708b Sanyou20150710a Sanyou20150710b Sanyou20150710c Sanyou20150710d

|

2015年7月 7日 (火)

7月に入って、乗馬と温泉

7月6日月曜日の朝、雨と分かっていたがキャンセルせずに乗馬クラブに向かう。
到着したが、小ぶりの雨模様。
土砂降りや雷が鳴ってなく馬場が大丈夫なら、本人次第で乗馬可能とのことで乗馬をすることに決めていた。
ただ、昨日愛猫「みりぃ」をお風呂場でシャンプーして終了後に抱き上げたときに軽いぎっくり腰をやってしまいコルセットしてきたのだが、実際乗馬するのが少し心配であった。

乗馬は10時スタートで、I先生とパセリ君との1組レッスン。 自分の好きな手前から常歩を進めてくださいとのことで、右手前から開始。
腰の心配があったが、全く問題なかった。ただ受付のK嬢さんと男性のI先生にちょっと軽いぎっくり腰をやったことを話しなのを、I先生が話を聞かされたようで途中で心配してくれた。事前にI先生に話すと気を使われるのではと思い話さなかったのである。
今回初めて、巻乗りのレッスンを受ける。始め小さく回ってしまったが、徐々に出来るようになった。今後予習・復習が必要と思った。
軽速歩は始めちょっと腰に響いたが、正しく乗れると全く問題なかった。 パセリ君、雨の中でとても良い動きをしてくれて嬉しかった。 パセリ君も楽しかったのか、久しぶりに私に頬ずりをしてくれた。 ただ、馬に頬ずりされると私の体が飛んでしまいそうになる。

雨の日がつづいて私も先週2度もキャンセルしたが、キャンセルする方々が多いようなので今回のように1組レッスンとなるケースが多くなる。これはチャンスと考えて、体調が良ければ雨でも乗馬しようと思う。鞍のレインコートもあることだし。

乗馬を終えて、クラブからすぐ近くの「くりひら温泉」に行く。 じっくり温泉に浸かってから、そこで昼食を摂り昼ねしてからまたじっくり温泉に浸かり、帰宅した。
ここの温泉とれも良い温泉。今度は友人を誘って来ようと思う。
今日は昨日の久しぶりの乗馬で疲れたのではなく、湯疲れしたようである。
Sanyou20150706a Sanyou20150706b Sanyou20150706c<>

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »