« 67鞍目と68鞍目 | トップページ | パセリ君にちゃんと乗れた »

2015年6月12日 (金)

夕暮れ時の乗馬

6月11日木曜日、夕方最終時間の乗馬レッスンを受ける。
I先生で、お馬はパーマ君との1組での贅沢なレッスン。
ただ1頭だけのパーマ君はとても頑固で、最初なかなか思うように動いてくれなかった。
でも1先生からもっと厳しく指示をするようにとのことで、要所要所脚または鞭を入れると、ちゃんと元気に動いてくれた。 以前よりパーマ君をキチット動かせるようになったとのお褒めを頂く。
ただ、私は馬に対して優しすぎるとの注意を受ける。つい鞭を入れるのに躊躇してしまうのである。 パーマ君は、愛猫「みりぃ」のようなペットでなない。肝に銘じなければ。ただし心ある動物であるから、愛情は必要。指示に答えてくれた時は、褒めてあげなければね。
私も褒められれば、嬉しい。
途中I先生が、見本と言うかもっと元気な動きとなるようにと、パーマ君に騎乗した。
動きの良いな常歩から軽快な速歩・軽速歩。そして、初めてパーマ君の駈歩が観れた。クラブ最長老のお馬とは思えないとても綺麗な駈歩で、感動した。私もいつの日かパーマ君と駈歩ができればと思った。
また、デジカメをポケットに入れておけば良かったと後悔。今度マンツーマンの際はデジカメをポケットに入れておこう。

夕暮れの乗馬クラブに、また鴨君達がやってきたのでクラブのベンチに置いてあった鴨君様のパンくずを少しあげた。
Sanyou20150611a Sanyou20150611b Sanyou20150611c<

|

« 67鞍目と68鞍目 | トップページ | パセリ君にちゃんと乗れた »