« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

梅雨の晴れ間

6月28日(日曜日)、久しぶりの晴れ空と言うか猛暑の中の午後一番の乗馬レッスンを受ける。
先生は男性のI先生、馬はキング君。もう一組はレタス君。
前回私1組でのレッスンの際、女性のI先生に私の乗馬のビデオを撮って頂いたのを確認し、悪いところを正そうと頑張ったが暑さと元気良すぎるキング君のペースに飲まれて考えていた以上に上手く行かなかった。
この日のキング君、飛び交う虫を極端に嫌い、常歩していると、馬場の外柵で体を擦ろうと寄ったので、私の脚が柵に擦られお気に入りのブーツが少し傷ついてしまった。
ただ元気の良いキング君は活発な動きで、軽速歩なると集中し始めて途中で止まることなく、乗馬を終えると私は汗びっしょり。乗馬を終えて下着も含めて全ての着替えをした。
カットした人参を自宅から沢山持ってきたが、この日の乗馬のキング君はまだまだ調教中なので、おやつは禁止されあげられなかった。他の馬達にあげた。

日曜日の乗馬クラブは平日のメンバーと異なり、若い人が多くく混んでいる。
時々会うわんちゃん達が居た。
気になるのは、鴨君達が居なくなった。
近くで網で罠をかけってている人が居たとの情報があったので気になる。人に馴れていたので悪意というか獲物と考えている人には簡単に捕えられてじまうと思う。そんなことを考えると、とても悲しくなる。クラブの人たちも、皆心配していた。

今日は午前中のパート仕事のない休日で、本来なら乗馬を楽しむのだが、自宅のプチリホームを近くの業者の方に頼んでいたので、自宅で過ごした。
完全なリホームだと、一時的に引っ越さなければならないのと大金がかかるので徐々に家のリホームをしている。
本当の一番の理由は愛猫「みりぃ」も居るので、大がかりなリホームが出来ない。
今日は玄関のリホーム。昨日につづいて天気に恵まれて順調に進んでいる。
明日からはまた梅雨空になりそうで、今週の週中夕方の乗馬が出来るか心配である。
Sanyou20150628a Sanyou20150628b Sanyou20150628c

|

2015年6月26日 (金)

動画を撮っていただく

動画を撮っていただく 6月25日木曜日、この日最終時間のレッスンを受ける。
この日はI先生によるパセリ君とのまたまた贅沢な1組でのレッスン。
以前I先生から次回以降1組でのレッスンの時に、動画撮影を撮ってあげますので参考にされるとよいとのアドバイスを受けていたので、先生に持参したできたるカメラをお渡ししてこの日の私の乗馬レッスンを撮影していただいた。
以前に比べて大分力を抜いての乗馬が出来るようになりましたとお褒めをいただく。
しかし、先生が後でビデオで自分の乗馬姿を観ると思っていた以上に酷いと思うかもしれないとbのことで、実際観ると、酷いと思えるところが数々あった。
まだ内ももでしっかりと騎乗していないので、膝に力が入り膝を中心に膝下の脚が安定せずばたばたしている姿が写っていた。ただ上半身の姿勢は、思っていた以上に悪くないなと思えた。実際I先生からの良くなっていると言われた。
何よりも、以前はなかなか思うように動かせなかったパセリ君を少しは様になるぐらい動かせるようになったのが嬉しい。

内ももで騎乗するは、最初の内は意識して頑張れるのだが、だんだん怠けると言うか疲れてしまい膝に力が入ってしまう、このことは上半身が右寄りに傾くと共に今後の課題である。内ももに力を入れ続けることは、内ももの筋力と言うか腹筋と共にインナーマッスルを鍛えないと持続力が付かないと思う。

乗馬を終えて鞍置き場に置いた私の鞍の下に、白ちゃんが居た。
この日一時雨を心配したが、乗馬が出来て良かった。 これからしばらくは、雨の合間にどれだけ乗馬できるだろう。 しばらく、憂鬱な日々が続きそうだ・・。
Saiyou20150625a Saiyou20150625b Saiyou20150625c

|

2015年6月22日 (月)

乗馬の帰り

6月22日夏至、今日午前11時からの乗馬は久々に男性のI先生とツバサ君との贅沢な1組レッスン。
左手前から始まり、元気な常歩から軽速歩、目印で常歩にし10歩目で再び軽速歩。それができると今度は8歩目で軽速歩とのことたったが、はじめは8歩で軽速歩に持って行くの上手く出来なかったが3回目で上手く出来た。そして今度は右手前での同じようなレッスンとなった。私の脚と手綱の使い方が、まだまだ正すことが多くある。

10j時前に到着したので10時からの上級者さんのレッスンを見学しよと思っていたが、アイスコーヒーを飲みながらクラブハウスで雑談を楽しんでしまった。今日はクラブで昼食を摂ることにした。

帰宅途中、まずはGUで乗馬にも使えそうな安いポロシャツを買う。そこの駐車場でロータス・エスプリが隣に居た。
次に馬事公苑近くの乗馬用品店のカバロがある駐車場に車を止めてカバロスでバーゲンのチャップスを購入し馬事公苑を散策する。練習場で教官と生徒の1組のレッスンを見学する。教官の言葉がとても参考となった。

そして妻に頼まれた用賀のスパーで買い物をする。とことがそこで財布を落としたらしく紛失してしまった。スーパーに問い合わせしたが届いてない。用賀の交番にも届いてない。
財布の中のお金よりクレジットカードや色々なカード類が心配なので妻に連絡して直ぐに帰宅すると、妻が外に出ていてバイクに乗った見慣れない中年男性と話をしているではないか。なんとその方が、スーパーの駐車場で落ちていた財布に住基カードがあったので住所を確認してわざわざ届けてくれたのである。
まさに地獄から天国の思いであった。思わず、財布にあった現金の一部をお礼にとお渡ししようとしたが受け取らずに、「私も以前落とした経験もある同年代だから、さぞかし大変な思いであったでしょうと」仰って月光仮面のように去って行った。
とてもとてもありがたい気持ちとなった。妻が私が帰宅する前に、その方のお名前と住所を書き込んで貰っていたので、お礼をお送りしようと思う。いきなり現金を渡そうとして、失礼なことをしたと反省。
人の善意に、ただただ感謝!感謝!
Sanyou20150622a_2 Sanyou20150622b Sanyou20150622c None20150622a Bajikouen20150622a Bajikouen20150622b

|

2015年6月18日 (木)

土砂降りの雨の中

6月17日んぽ午前中はもの凄い雨となったので夕方からの乗馬を心配したが、天気予報で夕方は一時晴れ間もでるとのことで自宅を出発。
到着すると、午前11時前から土砂降りとなり11時の乗馬は中止となったが午後からは天気が回復し乗馬レッスン開始されたとのこと。
私はこの日の最終の4時30分からのレッスンでであったが3時ごろにクラブに到着。その時は晴れ間もあったがレッスン開始頃から黒い雲が乗馬クラブ上空に覆い始めた。
そして乗馬開始から雨が降り出し、普通に降り始めてきた。
この日はI先生による中段馬場での2組でのレッスン。私は前回と同じパセリ君。もう一組はヒーロー君。私はこの組み合わせだとパセリ君が先頭かと思ったが、ヒーロー君雨と虫が寄るのを嫌い、レッスン開始前に歩き始めてしまい、ヒーロー君組が先頭となった。ある意味で、なかなか出足の遅いパセリ君を先頭に元気よく動かせるか心配であったので、ヒーロー君の後につづく方が精神的に良かった。
そんな思いであったが、パセリ君ちゃんと良く動いてくれた。ただこの日は左手前だけのレッスンとなり、またまたコーナーを廻る際に私の体が右側に傾いているとの注意を受ける。それを修復しようと、左側の腰から背中にかけて力が入り過ぎてしまい偏った筋肉痛となってしまった。
I先生も本人にとって右側に傾くのは自然で、そのほうが体は楽なのだが、馬にとっては乗り手が正しい姿勢での乗馬でなくそれで馬が内側を廻ってしまいがちとなるとのこと。
I先生今度私一組の時にビデオ撮影して確認されると良いとのアドバイスを頂く。

右側へ体の歪み、今まで意識したり生活に支障なかったが、今後正しく乗馬をするうえで大きな支障となっている。
でも、その克服が今の最大の目標であり、生きがいでもある。その克服によって、私も健康となるのだから。乗馬を始めて良かった!
この日、5月からクラブのお馬となった葦毛のグラスホッパー君の調教が行われていた。 どんな乗馬馬となるのか楽しみである。若馬で目元がとても可愛い。
Sanyou20150617a Sanyou20150617b Sanyou20150617c

|

2015年6月14日 (日)

パセリ君にちゃんと乗れた

6月14日日曜日、午前10時からの乗馬レッスンを楽しむ。
いつも渋滞等を気にして自宅を早めに出発する際に、携帯とデジカメと乗馬チケットの入ったショルダーバックを忘れて途中で気が付く。財布はポケットにあったが、片道1時間程の所への車の移動に携帯が無いのはとても不安であった。
携帯(スマホ)依存症かな・・・。
受付のK嬢さんがチケットは今度の時に本日分を頂ければ良いと優しく言ってくれた。

今日のお馬はパセリ君とI先生による1組レッスン。
パセリ君の厩に行くと、新しいおが屑が気持ちよい布団となりお座りして寝ていた。
パセリ君は、正し姿勢と正しい指示がないと動かなくなる馬なので乗馬前に寝ているのが気になった。
乗馬開始、心配したがパセリ君はちゃんと常足をしてくれた。
しかしなかなか元気の良い常歩へとは行かなかった。
I先生から脚の使い方と鞭のタイミングで良い動きとなり、長い時間の常歩となったが、その後はとても良い軽速歩が出来た。始めは右手前から、そして左手前へ、そしてまた右手
前とスムースに出来た。以前はパセリ君との乗馬は、なかなか動いてくれず苦労したが、今回は始めは長い時間の常歩となったが、その後は脚だけでもとても良い動きとなった。
それは、確実に私の乗馬が少しづつ上達しているからだと、I先生よりお褒めを頂く。
ただ、まだ馬が思うように動かない時に馬の動きを待ってあげずに自分から動いてしまい、体に力が入ったり硬くなってしまいがちのことを指摘された。その癖を直さないと
上のクラスになった時に苦労するとの指導を受ける。
それと内ももで鞍に着くということに怠けると言うか、膝や膝下の脚に力が入ってしまう傾向も指摘された。内ももでしっかり鞍に着くことで、膝下以下がぶれないで安定する。ただそれは内ももと腹筋力をとても使い、非常に疲れる。要は、楽しては乗馬できないのである。
私の腹筋は見た目には6つに分かれているのだが、乗馬ではまだ上手に生かせてないようである。鞍を内ももで挟んだまま乗馬するのも、とてもその関係の筋力を使う。
今日はI先生によるパセリ君との1組レッスン。
湿度が高かったのと内ももに力を入れ続け、汗びっしょりとなった。

雨を心配して初めて鞍に以前購入した雨具のカバーを付けての乗馬したが、違和感なく乗馬出来た。
カメラと携帯を忘れたので、今日は写真を撮れなかったので、パセリ君が今年2月にも厩で座って寝ていた写真を掲載します。
Sanyou20150215a

|

2015年6月12日 (金)

夕暮れ時の乗馬

6月11日木曜日、夕方最終時間の乗馬レッスンを受ける。
I先生で、お馬はパーマ君との1組での贅沢なレッスン。
ただ1頭だけのパーマ君はとても頑固で、最初なかなか思うように動いてくれなかった。
でも1先生からもっと厳しく指示をするようにとのことで、要所要所脚または鞭を入れると、ちゃんと元気に動いてくれた。 以前よりパーマ君をキチット動かせるようになったとのお褒めを頂く。
ただ、私は馬に対して優しすぎるとの注意を受ける。つい鞭を入れるのに躊躇してしまうのである。 パーマ君は、愛猫「みりぃ」のようなペットでなない。肝に銘じなければ。ただし心ある動物であるから、愛情は必要。指示に答えてくれた時は、褒めてあげなければね。
私も褒められれば、嬉しい。
途中I先生が、見本と言うかもっと元気な動きとなるようにと、パーマ君に騎乗した。
動きの良いな常歩から軽快な速歩・軽速歩。そして、初めてパーマ君の駈歩が観れた。クラブ最長老のお馬とは思えないとても綺麗な駈歩で、感動した。私もいつの日かパーマ君と駈歩ができればと思った。
また、デジカメをポケットに入れておけば良かったと後悔。今度マンツーマンの際はデジカメをポケットに入れておこう。

夕暮れの乗馬クラブに、また鴨君達がやってきたのでクラブのベンチに置いてあった鴨君様のパンくずを少しあげた。
Sanyou20150611a Sanyou20150611b Sanyou20150611c<

|

2015年6月 8日 (月)

67鞍目と68鞍目

6月7日の日曜日の夕方、67鞍目の乗馬は私はツバサ君、もう一組はテキサス君で先生はH先生。左廻りからのレッスンではやはり体の右寄りを指摘され意識しながらのレッスンとなった。途中から軽速歩のまま右手前に方向転換をする。1回目は常歩となってしまい上手く行かず2回目でどうにか出来た。今日のツバサ君は、鬣をお洒落に編んでもらっていた。
乗馬を終えると鴨君がおやつを要求してきた。鴨君の池の畔では、よくお見かけするクラブの会員さんのわんちゃん達が涼んでいた。

6月8日月曜日は、午前中に68鞍目の乗馬をキング君ともう一組はレタス君で、先生は男性のI先生。私が後に続いてのレッスン。軽速歩から常歩10歩目で止まれ、そして10歩常歩してから軽速歩。軽速歩で直線で立つ立つ座るのレッスン。途中から目標から目標への右手前への方向転換。今日はキング君も私も調子が良く、I先生からも良かったとお褒めを頂き嬉しかった。ただ、キング君はまだ調教中でおやつをあげないでくださいとのことが、残念。人参と黒砂糖のおやつは、馬繋場に繋がれていたエポック君とポニーの空君、そしてハートにあげた。空君、いつ観ても可愛い。エポック君と比較すると、とても小さい。
Sanyou20150607a Sanyou20150607b Sanyou20150607c Sanyou20150608a Sanyou20150608b Sanyou20150608c<

|

2015年6月 6日 (土)

雨の中での乗馬

6月5日金曜日の夕方、この日の最後の時間の乗馬レッスンを受ける。
心配していたとおりに普通の雨模様状態になってしまったが、キャンセルせずに乗馬は予定通り始めた。
私はパーマ君で、もう一組はヒーロー君。I先生のもとヒーロー君先頭で乗馬を開始。雨だったのでマイ鞍は使わずクラブのを利用させていただいたが、その鞍が悲しいぐらいボロボロ状態。
雨のせいか、久しぶりのパーマ君もちょっとイライラ気味。というか私の体調状態もあまりよくなく、パーマ君に伝わったか、はじめ思うように動いてくれない。中盤から良く動くようになると、先頭のヒーロー君がなかなか軽速歩が出ずに、またまたパーマー君がイライラ。
ちょっと走る仕草をいきなりしたりしたが、私の姿勢が正しかったので、振り落されなかった。
左手前だけのレッスンとなったが、I先生から体が右側に傾いていると何度も注意を受けた。自分ではそう思わなかったのだが、先生に鐙に置かれた体重が左右均等ですかと言われた時に、確かに右側に偏っていた。
雨で鞍も自分のでないせいかと自分以外のせいにしがちになったが、他のH先生や男性のI先生からも同じように言われたことがあるんもで、自分が悪いと素直に改善しなければと反省。やはり、自宅近くの整形外科の先生から背骨が右側に湾曲していると診断を受けたが、そのことが原因のようである。20代、40台と右肩の脱臼手術をしていることや日頃の生活姿勢から背骨の湾曲となったと思うが、乗馬を始めて改めてなんとか矯正しなければと思った。
自宅近くの整形外科の先生は外科的には直せないと言うが、筋肉補強やストッチで少しでも改善や進行を抑えたいと思う。

乗馬を始めて、健康であることの大切さを改めて思った。 たた、乗馬には男性のI先生からも、足や手を無くした方の障害者の乗馬もあり、乗馬はいろんなハンデを抱えた人でも出来るスポーツですよと言われたのが、心強かった。身体だけでなく、心に病を抱えた人の乗馬もTVで観たことがある。乗馬はセラピースポーツでもあると思う。

パーマ君は、加山雄三さんの「若大将のゆうゆう散歩」で紹介されたクラブ最長老のお馬さん。元気で長生きして私を乗せてほしいと思う。 私は平日中心に乗馬しているが、昨日は雨で明日の日曜日は晴れとのことで、午後キャンセル空きが出来たので、また乗馬に行く予定。これから雨でキャンセルするようなことが多いと思うので、天気の良い空いた時間は、出来る限り乗馬をしたいと思う。明日は、左手前では体の右寄りを正して乗ることに努めよう。姿勢が大切。
Sanyou20150605a Sanyou20150605b Sanyou20150605c<

|

2015年6月 3日 (水)

6月(水無月)初旬

6月1日月曜日の午前中の乗馬は、キング君と。
もう1組はレタス君組で、私とキング君はレタス君の後についてのレッスン。先生は久々の男性のI先生。
この日は、途中から1組ずつのレッスンを受ける。それは、目印を基準にして目印から軽速歩をして、数週回ってから目印前十歩前で常歩にさせて目印で停止5秒させて10歩常歩してから軽速歩にさせるというレッスン。
初めキング君はいつものように元気よく、動き出すとなかなか思うように止まらなかったが、先生の指導によってキチット止まらすことができるようにおなり、このレッスンも上手にできた。I先生から、大分上達したとお褒めをいただく。
自分のレッスンが終わりクラブで朝食をいただく前に、上級Dクラスのレッスンを見学させていただく。これまたとても勉強となった。
先生の「バレリーナのように重力に逆らって体を上に上に持っていこうとするイメージが大切である。」との言葉がとても心に響いた。馬にとって限りなく自分の体重を感じさせないことがポイント。理屈は判ったが、それを実際に演じるのはとてもとても難しい。でも、そのイメージはなんとなく判った気がした。

6月2日火曜日、この日の夕方は高校生時代の友人が築地本願寺近くで新装開店したお店のレセプションに招待され参加する。高校時代の男女の友人達20人程が集まり楽しく会食をした。皆、若くてとても元気。又の再会を約束して解散した。

6月3日水曜日、夕方から乗馬予定であったが、雨模様を予測して昨日の内にキャンセルした。
金曜日の夕方も予約しているが、天気が悪そうで心配。もうすぐ梅雨度入りかな。晴れれば暑くて、馬にも人にも乗馬はきつくなる。5月は週3回ペースで乗馬していたが、これからしばらくは難しいと思う。折角上達してきた感覚を、失わないかと心配になる。
Sanyou20150601a Sanyou20150601b Sanyou20150601c Tukiji20150602a Tukiji20150602b Tukiji20150602c

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »