« 4月最終の乗馬と、餅つき大会と若大将 | トップページ | ゴールデンウイーク明けの週末と週初め »

2015年5月 6日 (水)

3日連続乗馬そして悲しい別れ

5月の連休は、妻と娘と義姉の3人が大阪に住む長男と合流して京都旅行を2泊3日している間に私は愛猫「みりぃ」と留守番。
ただし日中は3日、4日、5日と連続して乗馬を楽しむ。
5月から会員登録してのレッスンを受けることにした。

3日はヒーロー君とのI先生による1組レッスン。
ヒーロー君は左手前が好きで、右手前を嫌い左から右回りに方向転換がなかなかスムースに行かなかった。元気なヒーロー君のおかげで一見軽速歩もスムースのように出来たが、なかなか手前が合わない。 まだまだ修行が足りない。
この日乗馬を終えてポニーのハート君の写真を撮っていると、ドカンーともの凄い音がしたので振り返ると、馬繋場に入るヘイグ君が何かの理由で苦しんでいるようであった。2人の先生方が対応していた。重苦しい思いで乗馬クラブを後にした。

4日の日、乗馬クラブに着くと白板にヘイグ君の名前が無い。
昨夜ヘイグ君が亡くなったとの、とても悲しいことを知る。
4月23日木曜日に、続けて2鞍乗った時はとても元気だった。
この日、クラブはとても静寂な感じがした。
ヘイグ君、ありがとう。安らかにね・・・。
こちらの乗馬クラブ、馬をとても大切に扱っているクラブで、老齢の馬も居るのだが、病気等で働けなっても治るまで多くの月日がかかっても治療し休ませている。
そんな中でとても元気だったヘイグ君の突然の死は残念であり悲しいことであった。
この日のレッスンは昨日に続いて私はヒーロー君と、もう一組はツバサ君組。ツバサ君組が先頭でレッスン開始。途中からツバサ君組は私達よりチョット内回りをしてのレッスン。それでもヒーロー君は元気よく内回りのツバサ君に追いついてしまうので所々でセーブさせながらの常歩となった。軽速歩では、私の頭が前に行きすぎることの注意を受ける。

5日5日は子供の日、午前中は馬事公苑でのHORSE SHOWを観に行き、夕方に乗馬を楽しんだ。
夕方最終時間のレッスンは久々のパセリ君とのI先生による1組でのレッスン。
パセリ君は乗り手に正直な馬。姿勢が悪いとなかなか思うように動かない。
一見、常歩しているようだがそれは馬のペース。元気に常歩させようとしてもなかなか活発に動いてくれない。焦って自分が先に前に行こうとして頭が前のめりになり推進力が出ないのである。それを何度も注意された。
軽速歩しようと思っても、自分が焦ってバタバタしてしまい前かがみになったり正しい指示とならかったの原因。I先生の言うように正しい姿勢からの的確な指示でようやく軽速歩となった。 パセリ君に久々に乗ったおかげで基本の姿勢がまだまだであることが、改めてよく判った。 焦らないでじっくり基本を学ぼう!
Miryi20150503a Sanyou20150503a Bajikouen20150505a Bajikouen20150505c Bajikouen20150505d Sanyou20150505a<

|

« 4月最終の乗馬と、餅つき大会と若大将 | トップページ | ゴールデンウイーク明けの週末と週初め »