« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

2015年5月も最終

5月28日木曜日の夕方、その日最終時間の乗馬レッスン64鞍目を受ける。
この日の馬はヒーロー君。I先生とのラッキーなマンツーマンレッスン。
I先生が左手前からと言うのに、間違えて右手前から始めてしまった。ヒーロー君は右手前が好きでないが、意外と簡単に右手前から常歩ができた。
しかし、元気よく常歩から速歩に進めようとするとちょっと動きが良くないので、左手前に方向転換してから常歩から元気よく常歩そして速歩、速歩となったら常歩を繰り返し元気な動きとなったら、軽速歩を長く続けた。
そして、終盤にまた右手前にして元気な常歩から軽速歩へとスムースに出来た。
ヒーロー君はとても良い動きで、私も以前より力を抜いての乗馬が出来るようになったとI先生よりお褒めをいただく。
5月から会員となり、5月はこの日で11鞍も乗った甲斐があったようだ。
鞍数は大分進んだが、若い人と違ってなかなか駈歩等の先のレッスンへとは行かないが、慌てずじっくり基本をしっかり身に着けて変な癖を身に着けないようにしたいと思う。
この日は、最後のほうでクラブに一時住み着いている鴨君2匹が乗馬コースに入り込んだためレッスンが一時中断するハプニングがあった。それも楽しかった。

クラブを後にしようとすると、可愛いポニーの空君の運動がベテラン厩務員のTさんによって始められていた。そこに例の鴨君達が見学にやって来た。その時空君が元気よく走り始めたら、鴨君達が飛び立った。それもまた、可笑しく楽しかった。
Sanyou20150528a Sanyou20150528b Sanyou20150528c Sanyou20150528d Sanyou20150528e Sanyou20150528<>

|

2015年5月27日 (水)

上級者のレッスン見学

5月25日月曜、月曜日は私の休日なので午前中に乗馬を楽しむ。
この日の乗馬は、中段の馬場で大好きなツバサ君とH先生(女性)の指導によるラッキーな1組レッスンを受ける。
この日は自分から苦手な右手前からレッスンを開始、途中から左手前にへの方向転換。常歩から速歩、そして直ぐに常歩に戻すレッスンを受け、ツバサ君が元気になった状態から長い時間軽速歩を続け、また右手前に方向転換してのレッスン。右手前だと、私の体が右側にずれる傾向をH先生から以前より指摘されていたが、今回も修正するためのレッスンと指導を受ける。右側の鐙のみ足を外しての速歩をするといかに体が右側にずれるかが分かった。もともと自宅近くの整形外科より背骨が右側に湾曲気味といわれていたので、H先生に話すと、乗馬の際に自分で意識して修正するか、筋肉で補強するように指導を受ける。日常生活でも姿勢を正し、背筋力を鍛えようと思う。

この日は体調が心配であったが、午前中の1組での乗馬で体調が良くなったので、午後一番にAクラスが空いていたの急遽レッスンを希望したが、暑い時期は馬を休ませなければならないからとのことで残念ながら受けられなかった。Aクラスで良く働いていたヘイグ君が5月初めに亡くなったのも大きく影響しているようだ。新しいAクラスの馬となる葦毛のグラスホッパー君は、まだまだ調教中であり、葦毛特有のメラニン組織で出来たおでき摘出の手術もしなければならないそうである。
グラスホッパー君くんがAクラスの馬として働けるようになった時には、私はBクラスに昇級して乗れないのではと受付のA嬢さんから言われた。乗ってみたいな~・・。

お昼をクラブで食べることにしたので、空いた時間に上級者のレッスンを見学させていただいた。いつもクラブハウスで楽しく雑談するTさんのレッスンは、なんとDクラスなのである。綺麗なステップをするように速足をしていた。H先生(男性の)の大きな声での解りやすい言葉での指導も、大変勉強になった。これからは、時折空いた時間は上級者の方のレッスンを見学させていただこう。
ポニーの空君、いつ観ても可愛い。家で飼ってみたくなる。

帰り道、世田谷通り近くの馬事公園近くの乗馬用品店カバロがある駐車場車を停めて。カバロで安い夏用の手袋を買う。そして駐車が2時間無料となったので、。馬事公苑を散歩する。すると、練習用馬場でマンツーマンレッスンをしていたので、見学する。指導員の言葉がはっきりしていたので、これまた良い勉強となった。人のレッスンを見学するのは、とても大切だと判ったのは、こも日の大収穫であった。

明日は、夕方に乗馬予定。予習をしなければ。乗馬は思っていた以上に考えるスポーツである。
このブログはもうほとんど乗馬のブログとなってしまったが、表題は変えないで続けます。
時折、猫のことにも触れます。
Sanyou20150525a Sanyou20150525b Sanyou20150525c Bajikouen20150525a Bajikouen20150525b Bajikouen20150525c

|

2015年5月24日 (日)

ちょつと疲れ気味

20日水曜日夕方の乗馬はパーマ君とI先生による1組でのレッスン。 頑固なパーマ君に手こずったがよく動かせるようになったと、I先生に褒めていただく。
この日も、鴨君達がクラブハウスまでよちよち訪れた。
ポニーのハート君がたてがみを綺麗に編んでもらっていた。 同じくポニーの空君も相変わらず可愛いかった。
猫の白ちゃんもやって来た。 ちょっと疲れていたが、ここに来るとほっとする。

21日木曜日の午後からは、神奈川に住む友人達と高座渋谷駅前にある温泉に雑談しながら浸かり、そこで夕食を摂った。
そして相模大野駅近くでカラオケを楽しんだ。

22日金曜日はまた夕方から乗馬を楽しむ。この日の馬は久しぶりにキング君。もう一組はレタス君組でレタス君組が先頭でのレッスン。
先生は、これまた久しぶりの男性のI先生。徹底的に軽速歩の指導を受けた。立つ立つ座るでのタイミングでのレッスンもした。
I先生いわく、以前より良くなったが、まだ安定したタイミングの良い軽速歩ができてるとまでいないとのことだが、進歩はしているとのこと。
今日は上のクラスの方とのレッスンで、I先生が輪乗りの見本をレタス君に乗って見せてくれた。レタス君が軽快に動く姿に、ビックリした。レタス君、こんなに良く動く馬だったのだと・・・。

24日(日曜日)の今日は、先週の日曜日に富士山麓日帰りドライブから外出や乗馬でちょっと疲れ気味で、昨日の土曜日から愛猫「みりぃ」とごろごろしてしまった。
明日の午前中は、また乗馬を楽しむ予定。
Sanyou20150520a Sanyou20150520b Sanyou20150520c Sanyou20150520d Sanyou20150520e Sanyou20150522a

|

2015年5月19日 (火)

5月の中旬、久々に乗馬以外のこと

居5月17日(日曜)は、昨年亡くなった義母の1周忌を身内だけで富士山麓の霊園で行った。
昨年の納骨の際は、妻の兄弟家族とラフォーレ山中湖に一泊したが今回はそれぞれが現地集合で日帰りとなった。
早めに中央高速を走り私と妻は、河口湖畔でのんびりした。霊園で久しぶりに妻の兄姉ととその家族達と落ち合い一周忌を行い墓参りをしてから、身延山久遠寺に行く。初めて久遠寺に行ったが、その境内の広さにビックリした。ロープウェイを登ると身延山山頂は寒かった。天気が曇りがちであったが、富士山のてっぺんが観えた。富士川の先の駿河湾は雲って観えなかった。 久しぶりの日帰り長距離ドライブでとれも疲れた。

5月18日(月曜)は、午前中にホンダカーズに洗車の予約をしていたので行く。
昨日の富士山麓ドライブと夜の中央高速を走ったので、予想していたように車に虫がへばりついたりして大分汚れていたのを綺麗にしていただいた。
その間に、納車準備ダークグレーS660を眺めていた。
洗車を終えると、営業担当のKさんがオープンにしてないが今日からしばらくS660の試乗が出来るので、これから試乗しますかとのこと。もちろんOKして、試乗する。
環状7号線が渋滞していたのでほとんどスピードを出せなかったが、側道を走った時に少しダッシュできた。地べたを滑るように走る感じで、とれも興奮した。

そして午後から、神戸から千葉で開催されたエアレース観戦の為週末から実家に帰省している中学生時代の友人O君を洗車した愛車に乗せて、城南島海浜公園に行く。途中ファミレスで昼食をとろうと思ったがすぐに城南島に着いてしまったので、城南島のファミレスでお弁当を買って城南島海浜公園で航空機を観ながら昼食を摂った。
私も久しぶりの城南島海浜公園であったが、初めて訪れたO君は大変喜んでくれた。
エアレース観戦、観戦料金15000円で飲食物持ち込み禁止で朝食を買うのに1時間以上も列を待っち、水のペットボトルが500円もしたそうである。おまけに良く観えなかったそうである。私は16日土曜日は、エアレース予選を自宅PCでWEBのライブ中継を観たが、O君いわく、私のほうが観戦状況が詳しとのこと。
そんなことで、この城南島での航空機観察を喜んでくれた。
そしてO君を羽田空港に送る。羽田空港国内線第1ターミナルビルにつながるP2パーキングに車を駐車させて、第1ターミナルビル内のカフェで軽食とコーヒーを飲みながら神戸空港行き出発時間近くまで雑談しながら過ごす。 17日、18日の日曜月曜は、久しぶりに愛車との充実したドライブとなった。 その為、18日午前中の乗馬はキャンセルした。だから、明日の午後からの乗馬がまた楽しみである。 ただちょっと体がお疲れ気味であるのが心配。
Fuji20150517a Fuji20150517b Fuji20150517c Minobu_kuonji20150517a Minobu_kuonji20150517b Minobu_kuonji20150517c Minobu_kuonji20150517d Minobu_kuonji20150517e Minobu_kuonji20150517f Honda20150518a Honda20150518b Honda20150518c Honda20150518d Air20150517a Jounanjima20150518a Jounanjima20150518b Jounanjima20150518cJounanjima20150518d Jounanjima20150518e Jounanjima20150518f Jounanjima20150518g Haneda20150518a Haneda20150518b

旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, |

2015年5月15日 (金)

ウィークデーの乗馬

昨日5月14日木曜日、午前中の仕事を終えて自宅で朝食を摂って昼寝してから乗馬クラブに向かいその日の最終時間の乗馬を楽しむ。
いつもの様に道路事情を考えてレッスン開始の2時間以上前に家を出ているので1時間以上余裕で着いた。だから、スタッフさんや他のメンバーさん達との雑談を楽しむ。この日は、人間様だけでなく鴨さんやポニーさん、猫ちゃんとの触れ合いも楽しんだ。この日はいつも居るポニーのハート君と空君が他の所に出張中で、一時的に代わりに斑のポニーのマロ君がいた。
面白いのはクラブの池から鴨君がよちよちとクラブハウス前までやって来て座り込んで、ポニーのマロ君を眺めていた。私が乗馬を始めるので厩からパーマ君を馬場まで引く途中、ポニーのマロ君の横に猫の白ちゃんが寝転んび、それを鴨君が座り込んで観ていた。その間を私とパーマ君が通ってもその場を平気でいた。その場面はヒーロー君を引いていたので残念ながら写真を撮れなかった。ここのクラブ、他にも会員さんがわんちゃんを連れてきたりして、私を和ませてくれる。

この日の乗馬は、パーマ君とI先生との1組での単独騎乗を楽しんだ。
ただパーマー君は通常は2組で後追いでレッスンで、先頭の馬に着いていって先頭の馬が良く動くとパーマ君も調子良く動くのだが、単独となるとがらりと変わる。なかなか思うように動いてくれない。でも私も進歩がみられ、単独のパーマー君をコースからほとんど外れないで常歩させることが出来るようになった。しかし、元気な常歩にさせること、そして速歩にすることに手こずった。先生の指導の下、いい加減な常歩となったら、すかさず脚と鞭を使いようやく元気な常歩から速歩・軽速歩ができた。
ただこれも、パーマ君の好きな右手前だったからで、最後のほうで自分から左手前への変更をI先生に希望し試みたが、パーマー君はとても頑固でなかなか左手前にしてくれない。I先生、左手綱を短く持ち左側の尻に鞭を打つことの強い扶助で対応するようにとのことで、実行すると、どうにか左手前に持って行けた。パーマ爺ちゃん、とても頑固。でも動き出すと、とれも乗りやすい馬なのである。
最終時間だったので、ちょっと時間オーバーで左手前のレッスンをしていただいた。
私が下馬すると、I先生がパーマ君の調教の為にちょっと乗馬をされた。

乗馬を終えて、厩でパーマ君や近隣の馬達にも人参をあげた。
そして、亡きヘイグ君の祭壇にお線香をあげた。
Sanyou20150514a_2 Sanyou20150514b Sanyou20150514c Sanyou20150514d Sanyou20150514e Sanyou20150514f

|

2015年5月12日 (火)

ゴールデンウイーク明けの週末と週初め

ゴールデンウイークは初めて3日、4日、5日と3連続で乗馬をして疲れました。
まだその疲れが残る中、10日(日曜)の夕方1鞍、11日(月曜)は午前中1鞍昼食後にもう1鞍のレッスンを受けました。5月に入ってもう6鞍も乗馬をし、今までを考えるとオーバーペース気味である。これからは、しばらくは週2ペースで1日1鞍で続けようと思う。毎日とか一日おきでは、私には体も小遣いも厳しい。しかし、乗馬を始めて体がシャキッとして来た実感がする。体重も体脂肪もビッックリするほど落ちて来た。

5月11日(日曜日)
夕方クラブに着くと、亡くなったヘイグ君の祭壇がヘイグ君の厩に設けられているとのことで、手を合わせた。このクラブで余生を過ごせる馬達は、きっと幸せだと思う。
最終時間のレッスンはヒーロー君とのI先生による1組でのレッスン。この日は自分から、正し姿勢で常歩、軽速歩することを目標とした。I先生から常歩の姿勢はおおむね良いとのお褒めを頂く。軽速歩はまだまだ指摘される点が多くあった。
全てのレッスンが終えた夕方、新しくクラブに来たまだクラブでの名も無き若駒が担当のH先生によって調教が始まった。茶に斑点があるぶち馬かと思ったら、葦毛で将来は年齢を重ねるごとに白馬になるとのこと。とても可愛い目をして、あたりをキョロキョロと様子を伺う仕草が可愛かった。いつの日か乗ってみたいと思う。

5月12日(月曜)
午前10時からの乗馬は久しぶりのH先生により、私はツバサ君。もう一組は初めて一緒にレッスンを受けるテキサス君組。テキサス君組が先頭で、私とツバサ君が後に続いた。どちらも素晴らしく動きの良い馬で、正直ヘトヘトとなるぐらい軽速歩がつづいた。H先生のもと大満足であった。
昼まで時間があったので、クラブでのんびりしていると。クラブの池にやってきた2匹の鴨の1匹がクラブの入り口まで食事の催促にヨチヨチと歩いてきた。勝手をしった優しい女性会員さんがパン切れを与えた。猫の白ちゃんも、決して襲ったりしないそうである。
昼は、久しぶりにクラブでこれまた多くの会員仲間と語らいながら、おふくろの料理を食べた。
昼食後の2鞍目は、私は久しぶりのパセリ君と。もう一組はパーマ君組。私とパセリ君ががまた久しぶりの先頭。心配したように、パセリ君なかなかエンジンがかからない。パーマ君がすぐに追いついてしまう。私は、また焦ってバタバタの脚と鞭による扶助をしてしまい、なおさら思うよう動かなくなる。最後のほうでようやく軽速歩ができた。I先生から、鞭を使うならばパセリ君が反応するまで使いなさいとの指導。中途半端だと正しいく指示がいかないとのことで、ずいぶんと鞭打ってしまった。I先生、パーマ君は心が強いがパセリ君は弱いので、すこし心が折れたかなとのこと。私もI先生に心が折れましたと言いたかった。
後で、猫ボランィアの方が生まれたばかりの子猫をクラブに連れてきたのを一緒にレッスンを受けた若い女性が掌に乗せていたのを観て、心が和んだ。思わず、パセリ君と同じように私の心も折れたと冗談を言ってしまった。こちらのクラブ、愛犬を連れて来る方もいて、心を和ませてくれる。
Sanyou20150510a Sanyou20150510b Sanyou20150510c Sanyou201505111a Sanyou201505111bSanyou201505111c_2 Sanyou201505111d_2 Sanyou201505111e Sanyou201505111f_2 Sanyou201505111g












|

2015年5月 6日 (水)

3日連続乗馬そして悲しい別れ

5月の連休は、妻と娘と義姉の3人が大阪に住む長男と合流して京都旅行を2泊3日している間に私は愛猫「みりぃ」と留守番。
ただし日中は3日、4日、5日と連続して乗馬を楽しむ。
5月から会員登録してのレッスンを受けることにした。

3日はヒーロー君とのI先生による1組レッスン。
ヒーロー君は左手前が好きで、右手前を嫌い左から右回りに方向転換がなかなかスムースに行かなかった。元気なヒーロー君のおかげで一見軽速歩もスムースのように出来たが、なかなか手前が合わない。 まだまだ修行が足りない。
この日乗馬を終えてポニーのハート君の写真を撮っていると、ドカンーともの凄い音がしたので振り返ると、馬繋場に入るヘイグ君が何かの理由で苦しんでいるようであった。2人の先生方が対応していた。重苦しい思いで乗馬クラブを後にした。

4日の日、乗馬クラブに着くと白板にヘイグ君の名前が無い。
昨夜ヘイグ君が亡くなったとの、とても悲しいことを知る。
4月23日木曜日に、続けて2鞍乗った時はとても元気だった。
この日、クラブはとても静寂な感じがした。
ヘイグ君、ありがとう。安らかにね・・・。
こちらの乗馬クラブ、馬をとても大切に扱っているクラブで、老齢の馬も居るのだが、病気等で働けなっても治るまで多くの月日がかかっても治療し休ませている。
そんな中でとても元気だったヘイグ君の突然の死は残念であり悲しいことであった。
この日のレッスンは昨日に続いて私はヒーロー君と、もう一組はツバサ君組。ツバサ君組が先頭でレッスン開始。途中からツバサ君組は私達よりチョット内回りをしてのレッスン。それでもヒーロー君は元気よく内回りのツバサ君に追いついてしまうので所々でセーブさせながらの常歩となった。軽速歩では、私の頭が前に行きすぎることの注意を受ける。

5日5日は子供の日、午前中は馬事公苑でのHORSE SHOWを観に行き、夕方に乗馬を楽しんだ。
夕方最終時間のレッスンは久々のパセリ君とのI先生による1組でのレッスン。
パセリ君は乗り手に正直な馬。姿勢が悪いとなかなか思うように動かない。
一見、常歩しているようだがそれは馬のペース。元気に常歩させようとしてもなかなか活発に動いてくれない。焦って自分が先に前に行こうとして頭が前のめりになり推進力が出ないのである。それを何度も注意された。
軽速歩しようと思っても、自分が焦ってバタバタしてしまい前かがみになったり正しい指示とならかったの原因。I先生の言うように正しい姿勢からの的確な指示でようやく軽速歩となった。 パセリ君に久々に乗ったおかげで基本の姿勢がまだまだであることが、改めてよく判った。 焦らないでじっくり基本を学ぼう!
Miryi20150503a Sanyou20150503a Bajikouen20150505a Bajikouen20150505c Bajikouen20150505d Sanyou20150505a<

|

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »