« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

4月最終の乗馬と、餅つき大会と若大将

4月27日月曜日はお昼直前の52鞍目の乗馬を楽しむ。
馬はヒーロー君、私とヒーロー先頭で、後ろはパセリ君組。
今日のヒーロー君はとても元気で、先頭であったヒーロー君はすぐにパセリ君の後ろに着いてしまった。 何度もスピードを緩めるセーブを試みたが、ヒーロー君の元気良い常歩とパセリ君のスローな常歩が噛み合わず、結局ヒーロー君と私はパセリ君の後ろを進むレッスンとなった。ヒーロー君はとても乗りやすい馬で気に入っているが、今日は私が正確な指示でパセリ君との歩調を合わせるべきと反省。
この日は久しぶりにクラブで朝食を摂った。美味し竹の子飯であった。
いつ観ても、そら君は可愛い。家で飼ってみたくなる。

4月29日水曜日「昭和の日」は午後2時過ぎからの53鞍目乗馬レッスンであったが、この日はクラブの餅つき大会であったので昼前にクラブに着くと駐車場がほぼ満杯の中どうにか駐車できた。
つきたてのお餅を食べていると、クラブのオーナーさんが加山雄三さんが、「若大将のゆうゆう散歩」のロケにクラブを訪問するけど餅つき大会に集中してくださいとの注文がありました。
そんな訳で、雄三さんが来られてもそれ程の騒ぎににならなかったけど、多くの人がそっと記念写真などを撮っていた。
まだいつの放送になるか未定とのこと。 肖像権を犯すおそれがあるので、このブログでは遠くからの写真の掲載としました。
午後2時過ぎからの53鞍目は、私は春君と先頭でパーマ君組はその後ろでのレッスンとなりました。
このレッスンは、前回の52鞍目とは真逆で、はじめなかなか春君が思うように動いてくれず悪戦苦闘。
やっと動いてくれたが、ちょっとスローペースで後ろからパーマー君が春君のお尻を噛みつきそうに近づき、私も焦って余計な扶助をしてしまい、先生にやたら余計は鞭は、かえって馬を緊張させて動かなくさせると指導を受ける。
この日の午後は、夏のように暑く久しぶりに汗だくとなった。お知り合いのパーマー君組に私の動きが悪く申し訳ないと謝るも、パーマー君に乗馬のSさんもI先生もお互い様ですよと慰めてくれた。
Samyou20150427a Samyou20150427b Samyou20150427c Samyou20150429a Samyou20150429b Samyou20150429c Samyou20150429d

乗馬 | | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

ヘイグ君と2鞍

昨日4月23日木曜日、午前中の仕事を終えて自宅に帰りランチを食べて体を休めてから早めに乗馬クラブに向かう。 4時30分からの最終時間のレッスンを予約していたが、3時に着き3時30分からのレッスンに変更出来ると言うので変更してもらい丁度50鞍目はヘイグ君とH先生との1組レッスンとなった。軽速歩のリズムと鐙に力を抜いて脚を着けること、脚と手綱の扶助方法等しっかり基本を学んだ。今回は軽速歩をしっかり学ぶため、ヘイグ君の好きな右手前だけのレッスンとなった。

レッスンを終えて、スケジュールの白板を確認すると最終の4時30分からの予定が空白なのと自分の体調が良かったので、続いて51鞍目のレッスンをお願いする。 再びヘイグ君とH先生との1組レッスンとなった。今回は先ほどのレッスンが右手前だけだったので、ヘイグ君の嫌いな左手前でのレッスンとなった。最初からヘイグ君は左手前を嫌い右回りしようとしたが、ビシッと指示をして左廻りさせた。ただ気を抜くと方向を変えようとしたが、させないような指示のレッスンを学ぶ。その手綱さばきをちょっと手こずった。手綱の扶助も、スピードを落とす・停止・方向転換等、手の指の力加減がなかなか難しい。今回は初めて腰を浮かせての軽速歩をしばらくして、ゆっくり腰を落とすレッスンを受けた。軽速歩での馬の背の反動で腰を浮かすタイミングや鐙への体重の乗せ方を学ぶ。ただ今回はヘイグ君の嫌いな左手前であったのでちょっと手こずった。それと、私自身の左手前だと体がゆがむ傾向があるとのこと。私も左廻りが苦手であることが判った。

こちらの乗馬クラブでは1日7鞍のレッスンの内1頭の馬の仕事は4鞍以内としているとのことだったが、この日は私が急遽続けてのレッスンを希望したためヘイグ君は5鞍の仕事をしたそうである。もともとヘイグ君は頑丈とのことで、この日は体調もよかったようである。乗馬を終えてから、ヘイグ君に人参と沖縄の黒砂糖をあげた。
厩で隣のパーマ君にもあげた。 この乗馬クラブは月の第1と第3木曜日が休日の為、毎週曜日に合わせてレッスンする人には避ける傾向があるようなので予約が少ないことがあるようだ。午前中の仕事を終えてから、ちょっときついが木曜日の午後のレッスン、いいかなと思った。
いままでほぼ週一であったのでビジターでの乗馬であったが、最近は週2のときもあり、これからは最低週2回乗馬を楽しみたいので5月からは会員となる予定である。

最終時間の乗馬を終えてゆっくりしていると、ヘイグ君とパーマ君が並んでグルーミングを受けていた。その前では、キング君が調教を受けていた。下の丸馬場では、ポニーのハート君が運動させてもらっていた。 夕方の駐車場は、私の車とスタッフさんの車だけとなっていた。
Sanyou20150423a Sanyou20150423b Sanyou20150423c Sanyou20150423d

|

2015年4月21日 (火)

乗馬48鞍目、49鞍目を楽しむ。

前の週末週初めは関西旅行や風邪気味の為乗馬を楽しめなかったので、19日(日曜)と20日(月曜)に2日続けての乗馬を楽しむ。
それも2日間とも朝一番のレッスン。朝5時前に起床して体調を整えて、乗馬クラブに向かった。

19日(日曜日)、クラブまで約1時間だが2時間以上前に家を出発したら、通勤や仕事の車が少なかった為か40分ほどでクラブに着いてしまった。まだクラブの門も空いてなかったので、車のなかで時間をつぶした。駐車場のハナミズキが綺麗に咲いていた。
この日のレッスンは、久しぶりのキング君。もう一組はレタス君。先生は久しぶりの男性のI先生で、レタス君先頭でレッスンが始まった。前回S先生に基本をしっかり教わり身に着いたと思った鐙の乗り方が、また力を入れ踏ん張った乗り方となってしまった。そこでI先生、思い切って鐙の長さを3穴短くしましょとのことで短くして、レッスンを始めると良くなった。いままで長過ぎたので、脚は楽ではあったが鐙にどっかり体重を乗せてしまう傾向があったが、鐙を短くすることでとても鐙に置く足を意識するようになっからのようである。それにしても、キング君はよく動く。だけど甘えん坊で興奮しやすい性格とのこと。だからおやつはあげないでくださいと忠告を受ける。ちょっと可哀想な気もしたが、クラブではまだ若い馬なので、ちゃんと教育をしていただきましょう。
クラブの池に、カルガモが来ていた。

20日(月曜日)、この日は平日なので渋滞があるかもと昨日と同じように家を出たが、まだ朝早かったので渋滞に合わなかった。
この日は、H先生とヘイグ君との1組レッスンで、H先生から基本姿勢からしっかりと基本を学ぶ。しかしまだまだ足を鐙に強く踏ん張ってしまいがちになる。最後のほうで、やっと多少改善された。姿勢をしっかり復習し、今度乗るときには予習して乗ろうと思った。馬への指示も、中途半端でなくしっかと的確にすることの大切さも改めて頭に刻んだ。馬は愛猫ではないのである..。
この2日間で学んだこと、4月初めにS先生から学んだ乗馬の為の立ち姿を日頃から何度も鍛錬すること。
所謂「キヲツケ」の姿勢は厳禁。足の全ての指が均等に地に着くような立ち姿が大切。

9日の帰路、私のNONEの前にS660が居た!
今シーズンからF1に久しぶりに復帰したマクラレーンホンダが苦戦している。
セナが居たようなマクラレーンホンダとはなかなかいかないであろうが、途中離脱したり諦めないで長くF1に留まって欲しいと思う。私も昨年6月から始めた乗馬を生涯スポーツとして、諦めず挑戦して行きたいと思う。
Sanyou20150419a Sanyou20150419b Sanyou20150420a S66020150419a Miryi20150420a











|

2015年4月13日 (月)

関西旅行

20数年ぶりに関西に行きました。
八ヶ岳山麓の山小屋を建ててからは、八ヶ岳山麓周辺以外個人的な旅行はほとんどしなかった。10年ほど前は長男の大学の父兄会役員として山陰・四国・福島等に行ったが、無精な性格なので自分で計画して旅するのは久しぶりであった。
今回は、その長男が約2年前に東京本社から大阪に転勤となったものの親として一度も息子の住んでいるところに行ってなかったのと、神戸に住む中学生時代の友人O君との再会も楽しみに、重い腰を上げて行くことにした。
ただこの時期は、桜咲く時期でなかなか思うようにセット旅行が取れずネットでやっと取れたが、私の嫌いな往復飛行機旅行となった。まあ、1時間もないフライトなので行くことにしたが飛行機旅行はやはり面倒であるし不安があった。
5月には妻が娘と妻の姉と京都と息子の所に行く予定である。愛猫「みりぃ」がいるので、なかなか家族一緒の旅行は出来ず別々となった。
まあ~、その方がお互いに良いこともあるのでね・・・、。

4月10日金曜日
桜シーズンの男一人旅なので、セット旅行の2泊は宿泊施設は大阪中之島にあるビジネスほてるNCBホテルとなった。10日夜に着き食事をしようと思ったがそのビルのレストランは既に閉まり、外に食べに行ったがあまり食事するとことが無く、酒のみ屋風のお好み焼で焼きそばと冷酒とつまみ夕食とした。
その夜、寝ようと思ったが外の廊下で東南アジアの様な言語が多くの人がしゃべり始めなかなか寝付けなかった。

4月11日土曜日
昨晩遅く寝たが、5時過ぎに目が覚めその日の計画を立て、7時にレストランの朝食バイキングに行くと多くの人が既に並んでいた。
食事を終えてエレベータで部屋に戻ろうとするとエレベーター一杯に品物を抱えた東洋の外国人が出てきた。いわゆる爆買いの外国人のようであった。
ホテル前のバスで大阪駅に向かいそこから阪急電車に乗り息子の住んでいる駅で息子と待ち合わせして、まずは初めて息子の住んでいるマンションにゆく。
そして京都に向かい、私が希望した清水寺観光を楽しんだ。
そこでまず不思議に思ったのが、ふっくらした中年の女性たちが派手な振袖を着て歩いているではないか。なにごとかと思ってたら、彼女ら日本語でない言語で話し始めたので、納得した。観光のセットで着飾った東洋の外国人だったのである。若い男女の和服姿のカップルも外国人のようであった。新婚旅行かなって思った。アメリカンスクールの修学旅行のようなグループもいたり、ほとんどが外国人のような気がした。
桜はほとんど散っていたが、その面影があった。若いカップルが息子との写真を撮りましょうかと声をかけてくれて撮ってもらい、そのカップルを撮ってあげた。
あとでその写真を観ると、息子は私に比べてずいぶんと大きいことを改めて思う。
京都駅に戻り、駅周辺の東本願寺・西本願寺と寺町を散策した。
その日のNBCホテルの夜は静かで、グッスリと眠れた。

4月12日日曜日
NCBホテルを5時前に起きて、周辺を散歩すると人馴れした野良猫と出会った。
近くに餌皿と水入れの器が置いてあった。
この日は神戸に住む友人Oとの再会を楽しんだ。
温泉でゆっくりしたいとの私の希望で、帰宅する伊丹空港近くのモノレール山田駅近くの天然温泉「万博おゆば」に行く。ゆっくり温泉い浸かり遅めの昼食とお酒を楽しみ、友人O君は伊丹空港まで私の帰路を見届けてくれた。O君が東京の実家に帰省したときに、また会いましょうと別れた。

今回の関西旅行、行きの日は雨模様であったが、11.12日には比較的穏やかで良い日であった。
息子や友人との再会旅行で楽しかった。

帰宅しての今日の13日月曜日は雨。それが分かっていたので昨日大阪にて電話で今日の乗馬をキャンセルした。15日水曜日の夕方の乗馬も、天気も体調も良くないので本日キャンセルした。今週末から天気が回復するのを期待したいと思う。
Haneda20150410a Ibaragi20150411a_2 Ibaragi20150411b Kyoutoeki20150411a_2 Kiyomizudera20150411a_2 Kiyomizudera20150411b Kiyomizudera20150411c_2 Kiyomizudera20150411e Kiyomizudera20150411f Higasihongannji20150411a_2 Higasihongannji20150411b Higasihongannji20150411c Nishaihonnganji20150411a Nishaihonnganji20150411b Nishaihonnganji20150411c Nishaihonnganji20150411d Monzennmachi20150411a_2 Monzennmachi20150411b_2 Nbc20150412a Nbc20150412b Nbc20150412c Nbc20150412d Nbc20150412e Oyuba20150412a Itamikuukou20150412a Itamikuukou20150412b














































































|

2015年4月 7日 (火)

4月初めをまとめて

年取ると月日の過ぎ去る速さが、とても早く感じる。
4月5日(日曜日)は、高校1年の時の担任のS先生のお墓参りを千葉県浦安でする。
小中学校といままでは地元の友人達との繋がりしかなく、初めて見知らぬ同世代達のと知り合ったのが高校1年。高校3年間の中でこの1年生の時代が一番印象に残っている。
S先生、とても厳しいが暖かな人であった。愛の鞭として、男女区別なくひっぱたかれた人が多かったと思う。 先生、たたくときは必ず訛りのある言葉で前置きして「痛ていぞ」と言いながらピシャリでした。
今回のお墓参りの計画をしてくれたのが、現在長野県に在住のA女史。 1年生の時や2年3年生の時も一緒のクラスとなった時はないが、過去も現在もとても存在感のある人で同級生で知らない人はいないと思う。ありがとうございました。

4月6日月曜日は昨日のお墓参りで帰宅が遅くなると考えて、乗馬は夕方に楽しむ。
今回の馬も前回同様にCクラスのツバサ君。でも今回はS先生とのCクラスの馬場でのマンツーマンレッスン。基本からしっかりレッスンを受け大大満足!!。
まず騎乗する前、私が思う「キオツケ」の姿勢を要求さてると、「それでは正しい姿勢で乗馬できません」との一声。そこから乗馬での正しい姿勢をキッチリ教わりました。
そして騎乗を始め先生の指導の下姿勢を直しながら乗馬を始めると、もともと素晴らしいツバサ君との乗馬がとてもスムーズに出来て感動! 改めて乗馬での姿勢の大切さを思い知りました。S先生、ありがとうございました。
もうこのブログは乗馬ブログとなってしまいました。 ただ、乗馬での技術的なコメントは記述しいていないので、近い内に休眠中のHPにも乗馬のページを立ち上げて復活したいと思います。
Sannyou20150406a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »