« 関西旅行 | トップページ | ヘイグ君と2鞍 »

2015年4月21日 (火)

乗馬48鞍目、49鞍目を楽しむ。

前の週末週初めは関西旅行や風邪気味の為乗馬を楽しめなかったので、19日(日曜)と20日(月曜)に2日続けての乗馬を楽しむ。
それも2日間とも朝一番のレッスン。朝5時前に起床して体調を整えて、乗馬クラブに向かった。

19日(日曜日)、クラブまで約1時間だが2時間以上前に家を出発したら、通勤や仕事の車が少なかった為か40分ほどでクラブに着いてしまった。まだクラブの門も空いてなかったので、車のなかで時間をつぶした。駐車場のハナミズキが綺麗に咲いていた。
この日のレッスンは、久しぶりのキング君。もう一組はレタス君。先生は久しぶりの男性のI先生で、レタス君先頭でレッスンが始まった。前回S先生に基本をしっかり教わり身に着いたと思った鐙の乗り方が、また力を入れ踏ん張った乗り方となってしまった。そこでI先生、思い切って鐙の長さを3穴短くしましょとのことで短くして、レッスンを始めると良くなった。いままで長過ぎたので、脚は楽ではあったが鐙にどっかり体重を乗せてしまう傾向があったが、鐙を短くすることでとても鐙に置く足を意識するようになっからのようである。それにしても、キング君はよく動く。だけど甘えん坊で興奮しやすい性格とのこと。だからおやつはあげないでくださいと忠告を受ける。ちょっと可哀想な気もしたが、クラブではまだ若い馬なので、ちゃんと教育をしていただきましょう。
クラブの池に、カルガモが来ていた。

20日(月曜日)、この日は平日なので渋滞があるかもと昨日と同じように家を出たが、まだ朝早かったので渋滞に合わなかった。
この日は、H先生とヘイグ君との1組レッスンで、H先生から基本姿勢からしっかりと基本を学ぶ。しかしまだまだ足を鐙に強く踏ん張ってしまいがちになる。最後のほうで、やっと多少改善された。姿勢をしっかり復習し、今度乗るときには予習して乗ろうと思った。馬への指示も、中途半端でなくしっかと的確にすることの大切さも改めて頭に刻んだ。馬は愛猫ではないのである..。
この2日間で学んだこと、4月初めにS先生から学んだ乗馬の為の立ち姿を日頃から何度も鍛錬すること。
所謂「キヲツケ」の姿勢は厳禁。足の全ての指が均等に地に着くような立ち姿が大切。

9日の帰路、私のNONEの前にS660が居た!
今シーズンからF1に久しぶりに復帰したマクラレーンホンダが苦戦している。
セナが居たようなマクラレーンホンダとはなかなかいかないであろうが、途中離脱したり諦めないで長くF1に留まって欲しいと思う。私も昨年6月から始めた乗馬を生涯スポーツとして、諦めず挑戦して行きたいと思う。
Sanyou20150419a Sanyou20150419b Sanyou20150420a S66020150419a Miryi20150420a











|

« 関西旅行 | トップページ | ヘイグ君と2鞍 »