« 3月初めの乗馬 | トップページ | パセリ君の頬ずり »

2015年3月13日 (金)

ヘイグ君は、とても良い馬

3月12日木曜日は天気が良く穏やかな中、久々に夕方の乗馬を楽しむ。
昨年の6月初め、こちらの乗馬クラブで初めて乗った馬がヘイグ君。
その後その夏続けて何度か乗ったが虫の多い時期で、ヘイグ君は極端に虫を嫌いまともな乗馬が出来ないと思った。そんなんことでその夏以来イグ君との乗馬を嫌い避けていました。でも今年からは、馬も先生も乗馬クラブの選択に任せても乗馬に切り替えました。ヘイグ君との乗馬は、前回の3月2日につづいてのレッスンとなりました。そして前回同様にH先生とのマンツーマンレッスン。とても楽しく、基本を正しく学べたレッスンとなりました。
そして気付きました、ヘイグ君は乗馬しにくい馬ではないとゆうことを。まだ全く初心者であった昨年の夏ごろは、ヘイグ君にとって、私は悪い乗り手であったのだと。
まだまだ不完全であるが、最近ようやく馬に理解してもらえてきたのだとの喜びを感じました。ヘイグ君に限らず、乗馬は乗り手の姿勢、指示がとても大切。漫然と乗るのでなく、心身とも乗馬に集中しなければいけないと反省。
この日、近くの道路でトラックが木の枝の揺さぶり音を立てたので、ヘイグ君は驚いて突然猛ダッシュを始めたのでビックリ。でも私は正しい姿勢であったので、振り落されずにちょっとした駆け足を楽しんだ。ただH先生、通常の駈足はもっと穏やかな走りで、あれは駈足ではなくパニックになり暴走であるとのこと。それに対して、私がパニックにならなかったことを褒めてくれた。正しい姿勢、そして集中することの大切さを学んだ。
今日は、久しぶりに猫の白ちゃんにも会えた。
帰宅時は、日が伸びてきたものの暗くなってきた。
Saiyou20150312a Saiyou20150312b Saiyou20150312c Saiyou20150312d Saiyou20150312e








|

« 3月初めの乗馬 | トップページ | パセリ君の頬ずり »