« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月27日 (火)

I AM KENJI. Je suis Kenji.

日本社会から観ると、イスラム国のことはまるで悍ましい暴力映画のごとく遠い世界のことのよう思えていたが、最近欧米で起きているテロや今回の日本人拉致・殺害を考えると、とても遠い世界のこととは思えなくなった。
後藤健二さんが、無事に日本国に戻れることを強く望む。何をしていても、頭からその思いがよぎり落ち着かない。ご家族の思いは、どれほどかと思うと心が痛む。

この様な恐ろしい組織が、何故出来たのだろうか。そう言えば、日本でもかってオウム真理教が犯した数々の犯罪も恐ろしかった。一部の狂人が教祖となり、高い教養や知識ある人が魅かれて凶行に走るのと心理状況が似ている気がする。かってのヒットラーや戦前の日本の軍国主義にも同じような人間の心理状況があったと思う。そして現在の日本も、そういった方向には絶対に向いて行かないのだと言い切れない。自分たちが無作為であること、無関心であることで、いつの間にか恐ろしい社会となるかもしれない。
最近の日本での異常な犯罪も気になる。

昨日の午後は、乗馬クラブで良い天気の中で乗馬を楽しむ。
久しぶりにI先生との1組でのマンツーマンレッスンで、楽しいご指導のもと乗馬が楽しめた。
今回の馬は、2度目のキング君。9歳と比較的若いが、温厚な馬で乗りやすい大好きな馬である。家から持ってきた、人参・リンゴ・黒糖をあげた。
獣医さんが故障している馬達の診察をしていた。
乗馬クラブハウスにはNPO法人の「猫の幸せを守る会」の方が来ていて、猫の保護費用稼ぎの為の商品販売をしていた。可愛い猫ちゃんも来ていた。私は、チョコを購入する。
この世に生まれた命が、出来る限り幸せになることを祈る。
Iamkenji20150127a
Sanyou20150126a Sanyou20150126b Sanyou20150126c Sanyou20150126d

|

2015年1月19日 (月)

色々とあった週末

今年もあっと言う間に1月中旬を過ぎました。

16日金曜日、午前の仕事を終えて昼食の外食をしてから世田谷線上町駅を降りてボロ市の散策を楽しむ。
もの凄い人出に圧倒され早々に退散、帰り道は歩いて帰宅する。その途中に、喪中だが15日も過ぎたので松陰神社に寄りお参りする。1月16日というのに大河ドラマ「花燃ゆ」の影響か、多くの人が訪れていた。

1月17日土曜日、夕方から大学時代のゼミ仲間との新年会を楽しむ。
新宿に行く途中、自宅近くの小田急線の行き近くから、富士山が観えた。
前回の9月の会合の時は、私は体調不良で欠席したが、今回は別の友人が体調不良で欠席した。
皆歳をとったので、今後なかなか全員参加とはいかなくなりつつある。

1月18日日曜日、午後から乗馬を楽しむ。
今回はツバサ君、先生は初めてのS先生。そして初めてCクラス専用馬場でもう一組は始めて一緒のカフェラテ君。カフェラテ君組は、駆け足も出来る方で私の動きが遅く迷惑をおかけした。でも、私は今まで一番長く軽速歩を続けてへとへととなりながら、とても充実した思いで大満足。S先生のご指導にも大満足。
ツバサ君、2007年11月4日東京6レースのサラ系2歳新馬で優勝した経験のある競走馬でありながら、とても穏やかで素直な大好きな馬です。
明日の19日(月曜日)に、腎臓結石の検査があり結果次第では来週乗馬クラブに来れないかもしれないので、初めて自宅に自分の鞍を持って帰ることにした。
尚、この日乗馬クラブに来る途中の世田谷通りの新ゆりが丘過ぎた付近で、私の前の車がお巡りさんの停止を振り切って逃走した。シートベルト未着の注意の様なゼスチャーをお巡りさんがしていた。お巡りさんは歩きで、渋滞の逃走車を300メートも追いかけながら逃走車は信号を左折して逃げて行ってしまった。私は乗馬クラブ近くのコンビニから110番しドライブレコーダに記録があることを話すと、オペレーターさんから感謝されたが恐らく担当の警官も記録していると思いますとのこと。でも一応とのことで、私の氏名等を告げて電話を終える。逃走車を観ててとても腹立たしく思いながら乗馬クラブに着いたのだが、楽しい乗馬が出来て気分が良くなった。

1月19日月曜、職場近くにところで見つけた医者に予約していたお腹のエコー検査に行く。
やはり左側腎臓に結石があるとのこと。ただ尿管までは降りてないとのことだが、結石を溶かす薬を頂く。
しかし、最近夜中にに左わき腹が痛むのが、腎臓結石なのかとは断定できないとの口ぶり。
12月にも自宅近くの胃腸科の診断を受けたが、問題ないとのことだった。
腰椎変形が原因なのかもしれないとのこと。
この腰椎変形は治らなないので、自宅近くの整形外科と同じように筋肉で補強するように言われた。
乗馬で腹筋を鍛えつつあることで、筋肉痛となっているのかな?と先生に話すと、明快な答えが無かった。
しばらく腎臓結石の薬投与を続けて、改善しないようであれば、また別の病院に行こうと思う。
いずれにしても痛むのは夜中に1度だけで体位を変えると治ってしまうので、日常生活には全く問題なし。
来週も乗馬に行きましょう!
病院化から帰宅し買い物に出かけた後、乗馬用具の手入れなどをして過ごす。
Boroichi20150116a Shouin20150116a Setagaya20150117a_2 Tousousha20150119a Sanyou20150118a Sanyou20150118b My_saddle20150119a My_saddle20150119b Miryi20150119a

|

2015年1月12日 (月)

成人の日の連休

1月11日の日曜日、午後から乗馬を楽しむ。
この日のパートナーはパセリ君。もう一方はレタス君。パセリ君が後発で乗馬開始したが、先発のレタス君のエンジンがなかなかかからないのでI先生が途中から乗馬して十分に運動させると良く動き始めた。
途中から1組づつのレッスンとなったが、後発の私の時間はちょっと少なめとなり不満が残った。
そんなことで、この日はあまり思うように乗馬できずにブルーな気分となった。「そんな日もありますよ」と思いながら乗馬クラブを出る。
帰り道の途中でホンダカーズに電話し、自宅駐車場後方にある柿の木の為に汚れた愛車を10日土曜日に自宅でも洗車したが完全に綺麗にならなかったので、洗車してもらう為寄る。 車が綺麗になり、気分転換となった。

1月12日(月曜日)成人の日の今日は、愛猫「みりぃ」とごろごろと過ごしてしまった。 みりぃはとても満足そうであった。
Hiyodori20150109a Miryi20150109a

|

2015年1月 6日 (火)

今年の初乗馬

3日に息子が大阪に帰った日、私は軽いぎっくり腰になってしまった。
「明日4日の午後から、乗馬の初乗りというのに!」と思いました。

4日(日曜)の午後から、コルセットをしてインストラクターに内緒で乗馬をしました。
本日からI先生オンリーでなくても良いことを受付のKさんにお話ししてたのですが、早速初めての男性のIZ先生の指導の下乗馬をしました。馬はツバサ君で、体調不良な私でしたが、Cクラスの馬でしたので上手に乗せてくれました。初めてのIZ先生の指導も、新鮮で勉強になりました。もう一組はパセリ君組で、そのお相手は100鞍以上経験している方で、下手で体調不良な私とのレッスンとなって、申し訳なかったです。
乗馬を終えて、クラブからおしるこをご馳走になりました。
そして、すっかり暗くなっての帰宅となりました。

5日(月曜)は腰の具合が良くないので、成城にある温泉 THE SPA成城(成城の湯)に行く。
平日は2000円で昼食付で5時間楽しめるとのことで、10時30分から2時30分まで過ごしました。
その帰り。用賀のスーパーで妻から頼まれた買い物をして帰宅すると、温泉で良くなったと思った腰がまた痛みだしました。

6日(火曜日)、今日からまた午前中だけの仕事始め。心配した腰はどうにか落ち着いていたが、職場の椅子から立ち上がろうとした瞬間、また激痛が走り立てなくなった。
帰宅してから、自宅近くの整形外科に行く。レントゲンを撮ると、腰椎の4番と5番の間の軟骨が減って狭くなっているとのこと。まだそれ程悪化してないので、筋肉で補強するよう言われる。ただし、痛みが引くまではスポーツはしないように言われる。痛みが引けば、乗馬もOKとのこと。私はせっかちな性格で、ちょっと位の痛みなんかとの思いで直ぐに体を動かしてしまうのが良くないのでしょう。だらけた正月を過ごしたせいで、体重が1キロ増えてしまった。
筋肉も衰え寒くなり、ぎっくり腰となったような気がする。やはり、毎日規則正しい生活が大切。
午前中だけの仕事だが、健康で働けるのは嬉しいと思いました。
Sanyou20150104a Sanyou20150104b Sanyou20150104c

|

2015年1月 1日 (木)

2015年が明けました

\2015年が明けました。
私は喪中なので、新年の挨拶は遠慮させていただきます。
皆様にとって、本年が良い年でありますようにお祈り申し上げます。

昨日の大晦日は、大阪から帰省した息子に誘われて、映画を観に行く。
インターステラーはIMAXで観たほうが良いとのことで、ユナイテッドシネマとしまえんに車で行く。2度も鑑賞した息子が言うように、久しぶりに感動した映画であった。
宇宙を考えると、この地球はとても小さな天体。でも命にあふれた素晴らしい星で、広い宇宙の中で同じような天体に人間がたどり着けることは、おそらく出来ないと思う。だからこそ、この星の環境を大切にしなければならないと思う。
でも人間は、いつまで経っても利己的で人間社会の争いは尽きない。多くの人がそう思いながらも、地域や民族、宗教、国家間の争いが尽きない。その争いに、多くの子供達や動植物が犠牲となっている。平和な日本社会も、家族の崩壊などで子供たちが虐待や貧困に苦しむことが多くなっている。
他を思う心、愛することを失わないような世の中になって欲しいと望む。
無力な私個人としては、そう思いながら出来る限り行動に示して生きて行くしかないなだと思う。
Eiga20141231a Miryi20150101a

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »