« 師走の月となりました | トップページ | 師走の中旬を、まとめてコメント »

2014年12月 7日 (日)

乗馬と温泉を楽しむ

12月2日月曜日は、天気と体調の悪さから乗馬をキャンセル。
12月5日金曜日は素晴らしい天気の中、午前中に乗馬を楽しみ昼は乗馬クラブで昼食。
通いのおばさんの料理した素朴な料理だが、とても美味しく安い(540円)のである。
その日の昼食は、すき焼き風の小鉢と揚げ豆腐とキムチに味噌汁(豆腐とワカメの)。
28鞍目の乗馬は、今回が初めての牝馬のラブちゃん。
ラブちゃんというから女の子らしく優しいと思いきや、噛みついたり蹴ったりするので注意するように警告を受ける。
乗る前に人参を与え撫でようとしたら、耳を後ろに下げ怒った目つきになったので撫でるのを止めた。
乗馬を始め乗ってしまうと、嘘のようにおとなしい。ただ、軽速歩までなかなか入ってくれなかった。
I先生が、脚と鞭でしっかり指示しないと動かないと言うので今までの馬以上に鞭を入れたが、女の子にやたら鞭を入れるのが気が引けた。そう先生に話すと、その迷いがかえって馬を迷わせるとのこと。後半にやっと軽速歩が出来るようになった。I先生いわく、ラブはとても素直な馬で的確な指示を与えると正確に答えてくれるとのこと。確かにラブちゃんは今まで乗った馬の中では常歩はとてもスムースで乗りやすい馬で、軽速歩に入っても反動も少なく穏やかな感じがした。要は乗り手の「正しい姿勢」と的確な「扶助」があればちゃんと答えてくれるラブちゃんなのである。この日は、足と腕が今まで以上に疲れたが、良い修行となった。
I先生とラブちゃん、ありがとうございました。
ラブちゃんから降りる前に首筋を撫でてあげても、噛みつかなかった。厩に戻り頭絡を外してあげて、人参をあげたがその時は撫でないようI先生から注意された。ラブちゃん、その点は注意を要する。

乗馬クラブでクラブの樹木の紅葉を観なが昼食を食べ、午後からはクラブのすぐ近くの日帰り温泉「湯快爽快」に初めて行く。いつも帰りに、一度入ってみたいと思っていた温泉だが、一人で入るのは淋しいかと躊躇していた。でも、一人旅のように見知らぬ人と裸で話したりするのも楽しかった。ここの温泉は源泉からの直接ひいている天然温泉。黒いお湯で、肌がすべすべとなる。ゆっくり浸かり、自宅に戻ると体がとても軽い気分となり、気持ちよかった。温泉で体重を測ると、昼食後なのに55.50㎏のgo!,go!,go!とゴロの良い数字。
妻が最近ちょっと体重が減りすぎではと言うので、先日病院にも行ったが健康であるとのこと。
この日は、リゾート地で満喫した気分に浸り、体も心も充実して幸せを感じ、生きている喜びに感謝した。
今度は乗馬で知り合った人も温泉に誘ってみようかな。
または、家族や友人とも来たい温泉だと思った。

明日の8日月曜日の乗馬も、天気が良さそう。
Sanyou20141205a Sanyou20141205b Sanyou20141205c Sanyou20141205d Onsen20141205a

|

« 師走の月となりました | トップページ | 師走の中旬を、まとめてコメント »