« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

2014年最終の週末

27日の土曜日、29日月曜日の天気が悪いというので昨日の28日(日曜日)に乗馬のキャンセル待ちを予約すると夕方に28日午後3時半のからの最終時間の乗馬の予約が取れた。よって本日29日の予約はキャンセルした。
この日は、少し家の片付けをする。久しぶりに愛猫「みりぃ」とも、ごろごろ。

28日(日曜日)、道路が混むといけないので早めの昼食を家で摂り、乗馬クラブに向かう。
馬は久しぶりのパーマ君。もう一方の組は、パセリ君。パセリ君が先頭で、パーマ君が後追いでレッスンを始めると、いつもよりパーマ君調子が良い。途中から私とパーマ君は休憩し、パセリ組が最初にマンツーマンレッスンを受けたのだが、それを待っている間とても寒くて体が強張ってしまった。
鞍の手入れや馬達に人参をあげていたら、帰宅時間には夜になってしまった。
皆さんに、年末の挨拶をして車を走らせると津久井道が渋滞していた。

29日(月曜日)は、用賀のスパーに買い物に行く。
スーパーの駐車場に入るのに、混んでいてとても時間がかかった。
明日、息子が大阪から帰省するとのこと。
深夜から会社先輩の車に同乗して帰ってくるというので、ちょっと心配である。

今年は午年で、乗馬オンリーの年と言う感じであった。

年末年始は、今年義母が亡くなったので喪中であるから、質素に過ごします。
皆様にとって、2015年が良い年であることを、お祈りいたします。
Miryi20141227a Sanyou20141228a

|

2014年12月23日 (火)

いよいよ年の瀬の感じ

21日(日曜日)は、相模原市内橋本の妻の実家に車で行くよりも早くて安心なので京王線で行く。
東京との温度差があり、寒かった。しかし、橋本駅周辺の変化には驚かせる。この近くに住んでいれば、すべての買い物等の日常生活は、橋本で十分である。

昨日22日月曜は、午前中は乗馬を楽しみ夕方からは相模大野で友人達との忘年会。

朝の乗馬クラブは、霜が降りていて閑散としていたが昼ころから人が集まって来た。
乗馬は、今回が初めてのツバサ君とのワンペアでのレッスン。いつものI先生がお休みだったので、久しぶりにH先生。ツバサ君はCクラスの馬で、とても反応が良く快適に乗れた。ただ、私の軽速歩はまだまだ不完全。それでも、今回は休むことなくレッスンが進んだ。いままで馬の反動でなく、自分でも腰を上げて立とうとする意識が強いことが、久しぶりのH先生の指導で改めて理解できた。たまには違う先生からレッスンを受けるのもいいかなと思った。
帰り道、馬事公苑近くの馬事普及で乗馬用ソックスを購入し珈琲を頂き帰宅する。

夕方は、相模大野で会食とカラオケの忘年会を楽しむ。相模大野駅は若い頃相模原にマンションを購入して通った小田急線の駅だが、駅とその周辺の様変わりが凄いと思った。

橋本も相模大野も、私の住む世田谷より大都会と思えた。そして、年の瀬を感じた2日間であった。
Sanyou20141222a_2 Sanyou20141222b Sanyou20141222c Baji20141222a Baji20141222b Sagamioono20141222a





|

2014年12月16日 (火)

師走の中旬を、まとめてコメント

12月8日月曜日の午前中は、寒い中乗馬を楽しむ。パートナーは、久々の葦毛のパーマ君。もう一組はパセリ君で、パーマ君が後発でしたが、なかなか思うよう動いてくれず、私も不調で気分もちょっとブルーになった。でも後半は良く動いてくれた。

12月10日水曜日、インフルエンザの予防注射を受ける。

12月13日土曜日、高校同期での忘年会を飯田橋のイタリアンで楽しむ。
総勢18人、皆さん元気でなにより。

次の14日(日曜日)は、久々の二日酔いでゴロゴロしてしまった。
お酒と夜更かしが弱くなり、ちょっと苦手になってきた感じがする。

昨日の12月14日月曜日、昼からの乗馬を楽しむ。
久々に単独でI先生からレッスンを受ける。私の体がとても硬そうとのことで、馬上で柔軟体操を十分してから乗馬を開始した。馬は初めての馬で、名を忘れていましたがとても良い子で思うように軽速歩が出来て、とても満足。
いつ来てもポニーのそらちゃんハート君が可愛いく、人参をあげて撫でてあげる。 この日、獣医さんが来て故障している馬を診ていた。元気になることを願いながら、帰宅する。

I先生から私の体が硬そうとのことを指摘されてから、私も以前から自分でも承知していたが乗馬を長く続けられるために、これから毎日柔軟体操をすることにした。

Sanyou20141208a Iidabashi20141213a Sanyou20141215a Sanyou20141215b Sanyou20141215c Sanyou20141215d_2

| | コメント (0)

2014年12月 7日 (日)

乗馬と温泉を楽しむ

12月2日月曜日は、天気と体調の悪さから乗馬をキャンセル。
12月5日金曜日は素晴らしい天気の中、午前中に乗馬を楽しみ昼は乗馬クラブで昼食。
通いのおばさんの料理した素朴な料理だが、とても美味しく安い(540円)のである。
その日の昼食は、すき焼き風の小鉢と揚げ豆腐とキムチに味噌汁(豆腐とワカメの)。
28鞍目の乗馬は、今回が初めての牝馬のラブちゃん。
ラブちゃんというから女の子らしく優しいと思いきや、噛みついたり蹴ったりするので注意するように警告を受ける。
乗る前に人参を与え撫でようとしたら、耳を後ろに下げ怒った目つきになったので撫でるのを止めた。
乗馬を始め乗ってしまうと、嘘のようにおとなしい。ただ、軽速歩までなかなか入ってくれなかった。
I先生が、脚と鞭でしっかり指示しないと動かないと言うので今までの馬以上に鞭を入れたが、女の子にやたら鞭を入れるのが気が引けた。そう先生に話すと、その迷いがかえって馬を迷わせるとのこと。後半にやっと軽速歩が出来るようになった。I先生いわく、ラブはとても素直な馬で的確な指示を与えると正確に答えてくれるとのこと。確かにラブちゃんは今まで乗った馬の中では常歩はとてもスムースで乗りやすい馬で、軽速歩に入っても反動も少なく穏やかな感じがした。要は乗り手の「正しい姿勢」と的確な「扶助」があればちゃんと答えてくれるラブちゃんなのである。この日は、足と腕が今まで以上に疲れたが、良い修行となった。
I先生とラブちゃん、ありがとうございました。
ラブちゃんから降りる前に首筋を撫でてあげても、噛みつかなかった。厩に戻り頭絡を外してあげて、人参をあげたがその時は撫でないようI先生から注意された。ラブちゃん、その点は注意を要する。

乗馬クラブでクラブの樹木の紅葉を観なが昼食を食べ、午後からはクラブのすぐ近くの日帰り温泉「湯快爽快」に初めて行く。いつも帰りに、一度入ってみたいと思っていた温泉だが、一人で入るのは淋しいかと躊躇していた。でも、一人旅のように見知らぬ人と裸で話したりするのも楽しかった。ここの温泉は源泉からの直接ひいている天然温泉。黒いお湯で、肌がすべすべとなる。ゆっくり浸かり、自宅に戻ると体がとても軽い気分となり、気持ちよかった。温泉で体重を測ると、昼食後なのに55.50㎏のgo!,go!,go!とゴロの良い数字。
妻が最近ちょっと体重が減りすぎではと言うので、先日病院にも行ったが健康であるとのこと。
この日は、リゾート地で満喫した気分に浸り、体も心も充実して幸せを感じ、生きている喜びに感謝した。
今度は乗馬で知り合った人も温泉に誘ってみようかな。
または、家族や友人とも来たい温泉だと思った。

明日の8日月曜日の乗馬も、天気が良さそう。
Sanyou20141205a Sanyou20141205b Sanyou20141205c Sanyou20141205d Onsen20141205a

|

2014年12月 1日 (月)

師走の月となりました

昨日11月30日(日曜日)は、馬事公苑に第6回JRAジャパンブリーディングホースショーと公園内の紅葉を午後から観に行きました。120㎝障害を制したのは、山梨県馬術連盟の騎手と葦毛のヴィクセンでした。

今日の12月1日(月曜日)は午前10時と午後1時半からの乗馬を予約していましたが、昨日に天気予報と風邪気味だったので昨日キャンセルの電話をした。
そんな訳で暇な休日となったのと体調が良くなったので、愛猫「みりぃ」の健康診断と予防接種に行くことに。
毎年予防接種を受けていた自宅から近い動物病院に電話すると、現在来客は2人ですいているが1台しか置けない駐車場はそのお客が停めているとのこと。いつごろ行けば空きますかと尋ねると、今までのやさしい看護士さんと違い「解りません」とつれない返事。
時間を少しおいてから「みりぃ」を車に乗せ病院に行くと、駐車場に車があったので諦めて、以前救急で「みりぃ」を運んだ新宿の日本動物医療センターに行く。
雨模様の為か、着いた時点で患者は「みりぃ」だけで、直ぐに予防注射と健康診断をしていただく。
ここの動物病院は、NHKの仕事ハッケン伝で森泉さんが動物看護士を体験した病院。とても綺麗で、待合室も広々としていて落ち着く。
検査料金が今までの動物病院より高かったが、24時間対応していただけるのでとても安心。今まではセカンド・オピニオンと考えていたが、愛猫「みりぃ」が高齢となってきたことも考えて、今後はこちらを主治医としようと思う。
健康診断の結果は1週間後に郵送していただける。健康に問題があれば、電話していただけるとのこと。みりぃ、安心だね。
Bajikouen20141130a Bajikouen20141130b Bajikouen20141130c Bajikouen20141130d Bajikouen20141130e Bajikouen20141130f Nihondoubutu20141201a Nihondoubutu20141201b Nihondoubutu20141201c_2

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »