« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月24日 (月)

週末と勤労感謝の休日

21日金曜の夜は、久しぶりに宮前平駅近くの温泉「湯けむりの庄」に友人K氏と夕方から行く。乗馬で引き締まった筋肉の緊張がほぐれリラックス出来た。K氏との久しぶりの会話の中で、孫が4人もいるとお金の面で大変とのことを聞く。残念ながら私にはまだ孫がいない。だから乗馬にお金をかけることが出来るのだが、孫がいないと将来淋しいかなとも思った。だからと言って、息子や娘に早く結婚せよとも言えない・・・。

昨日の日曜日は、早朝に用賀のスーパーに買い物に行く。SBS世田谷ビジネススクエアに行くと、大きなXmasツリーが飾られていた。1年がとても早く感じられる、そうゆう年齢なのである。
午後一番から乗馬を楽しむ。パートナーはパセリ君。もう一組はパーマ君。先頭のパセリ君、初めはなかなか動いてくれず苦労したが中盤から良く動いてくれた。乗馬を終わってから、マイ鞍に(株)馬事普及から届いたネームプレイトを鞍に打ち込んだ。

本日24日(月曜日)の振替休日は、午前中乗馬を楽しむ。パートナーは昨日と同じパセリ君。もう一組は初めて一緒にレッスンを受けるキング君。今日は、私とパセリ君がキング君組の後に続いてレッスンを受けた。今日のパセリ君はとても良い動きで、私のほうが少々疲れた。パセリ君に人参をあげていると、他の馬達も欲しがったのであげた。
ここのところ漫然とした乗馬をしているので、もうちょっと気持ちを入れて乗馬せねばと思った。

帰宅すると、愛猫みりぃが甘えながら突然豹変して噛みついた。もっと私のことを思ってよと言わんばかりであった。
Yukemuri20141121a Youga20141123a Sanyou20141124c Sanyou20141124a Sanyou20141124b Miryi20141124a

|

2014年11月18日 (火)

11月13日からまとめて

11月13日木曜日、JRA主催の「市民馬大学」に応募抽選に当たり参加する。馬の陥りやすい病気のことや治療方法、装蹄所の見学が出来て有意義でした。詳細はいつの日か休眠中のホームページに記載したいと思います。

11月14日金曜日、久しぶりにHonda Cars(ホンダカーズ)に洗車をしてもらいに行く。帰りに2種類の素敵な2015年カレンダーを頂く。

11月16日日曜日、妻が横浜の三渓園に行きたいとのことでこれまた久しぶりに第三京浜を車で走らせて行く。天気は良かったが紅葉はまだまだこれからという感じであった。紅葉より園内に住み着いている猫ちゃん達を観るのが癒された。そして紅葉より団子。変わった麺類も食べたが、妻の食べたおでん御膳のほうが美味しかった。

11月17日月曜日の午前中は乗馬クラブで乗馬を楽しむ。クラブにイタリアの「PARLANTI」(パランティ)ブーツのサイズを測っての注文販売が開催されていた。知り合ったS氏がサイズを測っていた。完全オーダーが18万円。セミオーダーで11万円とのこと。私は既にカバロで、やはりイタリア製のセジオグラセのブーツを購入していたので遠慮した。マイ鞍の手入れをして帰宅。
その途中馬事公苑近くの馬事普及でバーゲンのキュロットを購入。ドイツ製のキュロットがバーゲンで32400円のが25920円。さらにおまけしていただき21600円で買えた。これで、まともなキュロットが3つになった。ネットで安く買ったキロットは、もうとても着る気になれないものであった。ユニクロで2着も買った下半身にピッタシの女性用ウルトラストレッチアンクルジーンズも、鞍から滑って乗馬には向かなかった。この3着は「安物買いの銭失い」と、よく亡き父から忠告を受けていた結果となってしまった。乗馬用品の良いものは、じつに高い。ズボン1着が3万円などというのは、今まで買ったことがない。ブーツも鞍も買ったし、もうしばらくは購入するものは無い。リタイヤしてからのスポーツとして、ゴルフも考えたが勝負事のようなスポーツには向かない性格なので、動物好きな自分としては乗馬を選んだ。恐らく、鞍が朽ちる前に私が朽ちるであろうが、健康管理に注意して90歳過ぎまで乗馬を続けたいと思うのである。
Bajikouen20141113a1
Bajikouen20141113a Bajikouen20141113b Bajikouen20141113c Honda20141114a Honda20141114b_2 Sankeien20141116a Sankeien20141116b_3 Sankeien20141116c Sankeien20141116d Sankeien20141116e_2 Sankeien20141116f Sankeien20141116g Sankeien20141116h Sanyou20141117a Sanyou20141117b Sanyou20141117c Sanyou20141117d

|

2014年11月11日 (火)

購入した鞍で2鞍を楽しむ。

9日日曜日は馬事公苑近くのタイムズ駐車場に車を停め、乗馬用品のカバロと馬事普及、そして馬事公苑を散歩する。
まずはカバロでバーゲンをやっていたので、ネットで購入したキャップがどうもしっくりしてなかったため、2つ目のキャップを購入する。私の頭は後頭部が大きくいつも帽子選びでくろうするのだが、周囲62センチのが1つだけありよかった。それと、翌日10日月曜日に乗馬予定だが、雨が降るかもしれないので雨具の鞍カバーの購入を考える。しかし、私が購入した鞍に合うか心配であったので、馬事普及さんに行き相談する。馬事普及に聞くとPASSIER用と言うか鞍の雨用のカバーは無いとのこと。カバロの雨具はカバロ独自のもののようで、ピッタシとはいかないのではとのこと。カバロさんから一時借りて馬事普及に置いてある私が購入したと同じ鞍に装着できるか確かめることは差支えないとのこと。それも面倒なので、乗馬クラブに電話で確認すると、幾人かのひとはPASSIERの鞍でも利用しているとのことなので、再びカバロに行き雨用の鞍カバーを購入した。
馬事公苑では、広いメインアリーナで一頭の白馬が綺麗なステップをしていた。騎手の手綱さばきに見惚れてしまった。

10日月曜日早朝、昨日の雨の心配も吹っ飛ぶような秋空。
昨日、午前10時と午後2時30分との2鞍を予約してあったが、午前10時をキャンセルしたので8時に電話し予約を復活してもらい、快晴の秋空の下新品の鞍で2鞍(午前はパーマ君、午後はハル君)の乗馬を楽しむ。初心者の私でも、購入した鞍の良さを感じることが出来た。その日の日中はほぼ一日中クラブで過ごした。乗馬を終えて鞍の手入れをしていると、久しぶりに猫の「しろ」ちゃんに会えたが、もう夕方になってしまった。愛猫「みりぃ」や野良ちゃんたちが待っているだろうと思いながら夕暮れの世田谷通りを車を走らせて、帰路に就く。

Bajikouen20141109a Bajikouen20141109b Bajikouen20141109c Sanyou20141110a Sanyou20141110b Sanyou20141110c Sanyou20141110 Sanyou20141110e Sanyou20141110f Sanyou20141110h

|

2014年11月 3日 (月)

サドル(鞍)を購入することに

10月30日(金曜日)の午後、馬事公苑近くにある(株)日本馬事普及のショールームに3着目のキュロットを買いに行く。 今回は日本製の縫製のしっかりしたものがバーゲンであったので購入した。
ただ、本当の目的はサドルの商品説明と購入の検討の為が目的。
試着室には馬場専用のドイツ製のPASSIERのサドルが展示されていたので、跨らせてもらった。 とてもしっかりと鞍に跨げる気がした。
ショールームの展示には、総合鞍で展示品ということで大幅に値引きされた鞍があったので、私の利用の乗馬クラブを通して買えるようにして欲しいと担当者に注文する。乗馬クラブ担当者に相談するとことで、珈琲を頂き一休みして帰宅する。
もう頭の中は、鞍のことで一杯になっていた。

11月2日(日曜日)は予約していた午後一番の乗馬を楽しむ。
クラブハウスに入ると受付嬢のKさんが、私に(株)日本馬事普及から展示販売の鞍が来ていますよと言われビックリ。
早速到着したのかと喜ぶと同時に、鞍の種類と値段を観てまたビックリ。
ショールームにバーゲンとして展示されてのは総合鞍。こちらに到着したのは馬場馬術専用の鞍。
Kさん聞くと、総合鞍は障害にも対応しているが馬場で正しくレッスンを受けるには馬場専用のほうが、値段は高いが乗りやすいし良いとのこと。 ドイツPASSIER製の新作もので、とてもしっかりしたものだそうである。
Kさんが所有しているカバロ取り扱いのイタリアのアメリゴはソフトな皮で良いが、受注生産で手元に到着が最低3ケ月かかるとのこと。それもラテン気質なので、もっと遅れる可能性があるとのこと。

そんなことで、販売展示の鞍には試乗できないが同じような鞍をクラブの他の先生が所有しているのを貸してくれると言うので、お借りして試乗することにする。
馬は初めてのBクラス専用の春(はる)君、もう一頭はCクラス専用のツバサ君。
私と春君は後方のでのレッスンとなった。
馬は一段上のBクラスであったので反応がよく上下運動も今までの馬と違い強かったが、鞍のフィット感からか今ままで一番長く軽速歩が出来た。

乗馬を終えると、クラブに展示されている鞍を買うかどうか珈琲を飲みながら、他のクラブの方々の意見を伺いながら検討し、一応妻にもメールして購入を決めた。
イタリアのアマリゴをS氏と一緒に試乗しましょうと約束していたが、ドイツのPASSIERを決めてしまった。迷っていた私に受付のKさんいわく、鞍のベンツですよと上手いことを言う。
一生物とは言え、62歳の私がどれだけの年数利用できるのだろうか。こちらのクラブに通われている90歳の先輩のように元気で楽しく乗馬を続けたいと思うのである。
ここにきて塩漬けになっていた投資信託の一つを、円安・株高で元に戻って来たのでネットで売却した。

帰宅すると、久しぶりの興奮状態で寝付かれず、今日11月3日(月曜)は寝不足で朝用賀に車で買い物に行ってから愛猫「みりぃ」とゴロゴロして過ごす。
小淵沢に山小屋があった時代など、もっと早く本格的な乗馬をすればよかったと思うが、東京の自宅から遠いことや、子供が小さいときは家族の為危ないことは出来ないとの思いもあったが、何よりも余裕の時間がなかった。これから健康な老人として楽しく生きる上で、この時代から始められたのは幸いである。

Horse_international201410a Horse_international201410b Horse_international201410c Horse_international201410d Horse_international201410e Horse_international201410f Sanyou20141102a Sanyou20141102b Sanyou20141102c Sanyou20141102d

|

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »