« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

夏日和の2日間、連続して乗馬を楽しむ

26日(日曜)、27日(月曜)と2日間続けて乗馬を楽しむ。

26日は当初、乗馬認定証授与式を兼ねてのけんちんうどんを食べにだけ行く予定だったが、1時30分の乗馬にキャンセルがあり20鞍目の乗馬が出来た。けんちんうどんを食べながらS氏と知り合いになった、20年ほど前に乗馬をしていたが落馬で腰の骨を折り、奥さんから子供の養育もあるのだから今後乗馬止めてくれとのことで止めていたが子供も自立したのでまた始めたとのこと。私より1歳年上で、乗馬に対してとても熱心で鞍も買おうと考えていて、クラブを通して近い内にイタリア製の鞍の試乗を一緒にしませんかと誘われた。良い鞍は一生物とはいえ、高齢で乗馬を始めた私は、もし購入したとして何年乗馬できるのだろうかと思い躊躇する。でも試乗ならばとお誘いを受けることにした。
この日は、久しぶりに病み上がりのパーマ君との一人レッスンを楽しんだ。この時の鞍は、クラブの古いもので膝がちょっと滑ってやりにくかった。

27日月曜日の今日は、10時からの乗馬。私は前回2鞍続けて乗ったパセリ君。もう一頭はパーマ君で、私の乗ったパセリ君が先頭で乗馬を楽しんだ。鞍はひどく古いもので心配したが、昨日パーマ君で使用した鞍よりフィット感があり滑らなかった。今日で21鞍目、各馬の癖も気になるが、鞍の良し悪しも解ってきた気がする。そうなるとやはり自分の鞍が欲しくなる。ただ良い鞍となると、50万円程する。
鞍のことを考えなが帰り道の世田谷通りを車で走っていると、馬事公苑入口のタイムズ駐車場に車を停めてくら寿司で昼食を摂り、乗馬用品のカバロと日本馬事普及ショールームに鞍を見に行った。見ると欲しくなり衝動買いしてしまう今までの自分であるが、もっと乗馬を上達させ、馬具のことを勉強してから考えようと冷静になる。しばらく、このことで悩みそうである。
Saiyo20141026a Saiyo20141026b Saiyo20141026c Saiyo20141027a Saiyo20141027b Bajikouen20141027a_2 Bajikouen20141027b Bajikouen20141027c Bajikouen20141027d

|

2014年10月20日 (月)

この数日は馬尽くしの日々

17日金曜日の乗馬、昨日19日の日曜日は馬事公苑でキャロットステークスという馬術大会を観に行った。
様々なクラブから学生や社会人などが参加しての大会で、私にはこの先も無理であろう障害競技は、見応えがあった。

妻に屋台で美味しいものがあったら買ってきてと言われたが、「愛馬の日」ようなお祭りイベントでないので屋台は全くなかった。
その代りに、ネットでもお世話になった乗馬用品の販売店のテントが幾つか出店していた。乗馬用品の中でも、ウエアはほとんどは女性ものばかり。靴やキロットは既に持っているので、上着が欲しいと思ったが気にいった物がなく、おまけにとても高い。
一つのお店で、私の好きなデザインのベストが残り一点で半額と言うので買おうとしたが、色が赤と黒のリバーシブルなので躊躇した。妻があんたは赤は似合わないと日頃言われていたからである。
だが店員さんはお似合いですよと言ってくれし、乗馬で着るのだから普段着ないような色合いもいいなと考え購入。帰宅すると、妻は「店員さんは売れれば何とでも言いますよ。」だって・・・。

今日20日月曜日、11時からの乗馬は17日と同様にパセリ君と楽しんだ。ただ今日はレタス君の組との2頭でのレッスンとなった。レタス君が先頭で、パセリ君が後に続くレッスンとなった。2頭の時、後に続くというのがなかなか難しいのだが、自分で言うのもなんだが上手になってきた。
今日もクラブでの昼食をいただく。ちょっと食べてから写真を撮ったが、今日の食事も美味しかった。
食事を終え、2階のベランダから下を覗くと獣医さんらしき2人の女性が一頭の馬を診ていたとき、一人の若い女性がいきなり倒れた。馬が前足で虫を払った時に、ヘルメットを被ってなく頭を蹴られてしまった様だ。救急車が到着し病院に運ばれた。
私も以前、乗馬を終えて厩に戻るときに、パーマ君に虫を払おうとした足で太ももを少し蹴り擦られてしまい、帰宅すると青あざになっていた。
今日は、また暖かくなり虫が多く出て、パセリ君もレタス君も虫を足でよく払っていた。馬は悪気があって人を蹴ったりするのではないが、馬からするとなんでもない動作でも、人間には脅威になるという教訓を観た気がする。大事に至らないことを願う!
Bajikouen20141019a Bajikouen20141019b Bajikouen20141019c Bajikouen20141019e Bajikouen20141019f Bajikouen20141019g Bajikouen20141019h Bajikouen20141019i Bajikouen20141019j Sanyou20141020a Sanyou20141020b Sanyou20141020c Sanyou20141020d Sanyou20141020e Sanyou20141020f

|

2014年10月17日 (金)

天高く馬肥ゆる秋

今年4月でフルタイムの仕事をリタイヤし6月から火曜から土曜日の午前中だけの仕事に就き3か月過ぎたので有給休暇がいただけるようになり、本日有給休暇を頂き乗馬を楽しむ。

今日は、まさに「天高く馬肥ゆる秋」。真っ青な秋空の下、パセリ君との一組だけのレッスンを受け、大満足。 クラブを通して買ったキュロット(乗馬ズボン)も届いたので、早速はいて乗馬すると、とても乗馬しやすくビックリ。ネットで購入したキロットと大違いであった。ただ、今まで購入したズボンの中で一番高いものであった。
お昼はクラブのワンコインランチを初めて食べた。素朴な和食であったが、とても美味しかった。初めてお会いする初老の紳士との会話も楽しかった。午前10時30分までに予約すると食べられる。その日のメニューは不明だそうである。私は好き嫌いがほとんどないので、今後11時の乗馬の際は注文しようと思う。
今日はポニーの「そら」ちゃんがいた。なんだか漫画の「マキバオー」を思い出す可愛い風貌の子で、こんな小さいのなら家で飼えそうと思った。

帰りに、インストラクターから今後は短鞭でなく長鞭を利用しましょうとのことで、馬事公苑近くのカバロに行き長鞭を購入した。そこのタイムズのコインパーキングに車を停めて買い物から帰ろうとすると、我が愛車の隣にFIAT500が停まっていた。我がNOMEはFIAT君と並んでも、良い顔立ちをしていると自己満足。

カバロで2時間無料の駐車券にしてもらったので、馬事公苑を散策する。 明日の土曜から日曜にかけてのキャロットステークス開催準備が行われていた。 日本全国からの乗馬クラブの車が集結して、各馬場で練習を始めていた。懐かしい八ヶ岳山麓小淵沢のララミー牧場の車も停まっていた。 明日の土曜か日曜日に見学に来ようと思う。

今日は、とても素晴らしい日で、とても幸せな気分に浸る。
Paseri20141017a Paseri20141017b Paseri20141017c Sanyo20141017a Sanyo20141017b_2 Sora20141017a Bajikouen20141017a Bajikouen20141017b Bajikouen20141017c Bajikouen20141017d_2 Bajikouen20141017e Bajikouen20141017f

|

2014年10月13日 (月)

10月も中旬となるのだが

10月に入ってもう中旬となろうとしているのに、今月はまだ乗馬をしていません。
台風18号、19号の襲来によってスケジュールが狂いました。
でも、8日水曜日は神奈川方面に住む友人達と高座渋谷駅前にある日帰り温泉と夕食会を楽しみました。
そこは以前は「ここち湯」という名でしたが、経営が変わり「おふろの王様」となりました。
「ここち湯」のほうが、心地良い感じですよね。

昨日の12日(日曜日)は、台風の合間をぬって妻と義父母のお墓参りを兼ねて富士の裾野ドライブを楽しみました。
早朝の河口湖は天気予報と違いどんよりと曇って富士山は全く観れませんでしたが、お墓参りの帰り河口湖に戻ると、富士山が水墨画のようなシルエットで観れました。義父母が魅せてくれたのかなと、感謝しました。
遅い昼食は、河口湖近くの小作でほうとうを食べました。3時近くだと言うのにもの凄く並んでいました。 並んだ甲斐があり、ボリュウムがありとても美味しく、寒かった日でしたが体が温まりました。

本当は1泊旅行を楽しみたかったのですが、大分前からの19号情報から諦めました。 それに猫達(内猫・外猫)も心配なので、なかなか宿泊旅行は出来そうないです。
だから日帰りで楽しめる乗馬を老後の楽しみとすることにしたのですが、天気と自分の健康にも左右さています。
台風が近づくと、何故か体調不良になる。頸椎が痛みだしたり頭痛になる。気圧のせいかな・・・。
Fuji20141012a Fuji20141012b Fuji20141012c Fuji20141012d Fuji20141012e Fuji20141012f Fuji20141012g Fuji20141012h Fuji20141012i

|

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »