« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

今年も6か月過ぎました。

今日は6月30日月曜、午年の今年も6か月過ぎました。
今日も先週に続いてサンヨーガーデンに乗馬を楽しんできました。
ここで本格的に乗馬を初めて、今日で5回目。少しは様になってきた気がするが、道はまだ遠い。
今日のお馬は、パーマ君という初めての白馬。年齢は24歳のお爺ちゃん馬。今までの中で一番大きな馬で、乗った時に高さがあった。でもとても乗りやすい馬であった。パーマ君いつまでも元気で居てほしいと、思いました。
Sanyou20140630a Sanyou20140630b Sanyou20140630c

|

2014年6月24日 (火)

楽しく乗馬をするために

23日月曜日、午後一番にサンヨーガーデンで乗馬を楽しむ。
今回騎乗した馬は、エポック君。とても穏やかで、こちらで3頭乗った馬の中で一番乗りやすかった。と言うか、自分が乗馬のコツを得てきたのかもしれない。ただ、下馬した際に馬が虫を追い払うため後ろ脚で自分のお腹を擦ろうとした際に、私の左足ももを蹴り擦ってしまいビックリ。クラブハウスで着替えをした時に、太ももにあざが出来てしまった。そんな中、クラブハウスの職員が、足を馬に踏まれ骨折した人と電話で保険手続きの会話をしていた。私は今後のことを考えて、急遽そこのクラブでの事故を対象とした1年契約の保険に加入した。あとで、既存の生命保険と賠償保険も確認すると乗馬事故でも保険が下りることを確認し、安心した。
一番は、事故なく楽しく乗馬すること。自分の不注意によって、馬のせいにするようなことは絶対に避けたいと思う。帰りは、毎回のようにポニーのハート君の頭や顎を撫でてやってクラブを後にした。ハート君のおでこにはハートマークがあるので、ハート君なのだそうです。
ここに来ると、とても癒される。
Sanyou20140623a Sanyou20140623b Sanyou20140623c Sanyou20140623d Sanyou20140623e

|

2014年6月15日 (日)

6月も中旬

13日金曜、ちょっと嫌な日であったが暦上は友引。 午前中、予約していたサンヨーガーデンに乗馬に行きました。 3度目の騎乗する馬がヘイグ君からレタス君に変わり、馬場も一段広い所でレッスンとなりました。 この日は体験乗馬でレッスン受けた I さんで、とれも解りやすいレッッスンでした。 ただ久しぶりの猛暑で、半袖ポロシャツだったので腕がジリジリと日焼けしてしまいました。 馬はレタス君とういう20歳を過ぎた馬ですが、元気で食欲旺盛。乗り終えたのがちょうどお昼前で、 馬達も昼食の時間らしく、厩に戻るなり私が馬具を外してあげるのを早くしろと言わんばかりに外すなり無我夢中で食べ始めた。このレタス君はこちらに来たばかり若馬の時に、乗り手を落馬させた上一目散に厩に戻り食事をしたとのことを後から聞かされ、ちょっとビックリと共に可笑しくなった。でも今は、そんなことする馬ではないそうです。

15日(日曜)、今日は父の日。娘が昨日、仔馬のフィギアを買ってくれました。事前に何か欲しいものあると言われたので、頼んだ物。そして、午前中はワールトカップ日本対コートジボワール戦をTV鑑賞。残念ながら負けました。 同時にル・マン24時間レースをネットライブで観てましたが、一番手で走っていたトヨタTS040ハイブリッドが夜明け前にリタイアとなってしまった、残念。中嶋一貴がポールポジションを奪取し、今年はトヨタと思っていたが恐らくまたアウディが優勝となるようだ。と思ったら、そのアウディもトラブルで波乱の様子。
Sanyou20140613a Sanyou20140613b Kouma20140615a Kouma20140615b_2





|

2014年6月10日 (火)

6月の第2週。梅雨だなぁ~

8日の日曜日は、馬事公苑近くの乗馬用品店CAVALLO(カバロ)で、乗馬用キャップの雨対策用カバー・手袋・靴下そして乗馬の教科書「はじめよう!乗馬」(DVD付き)を購入。
その帰り雨模様の馬事公苑を散策したが、馬の姿は厩での後姿しか見れなかった。
続いて、馬事公苑門前のケヤキ並木沿いにある東京農業大学の「食と農」の博物館に初めて入る。開館10 周年記念として「農と祈り-田の神、神の馬」展が展示されていた。昔の日本は馬を家族または神様の使いのように大切にして、身近な存在であったんだと悟らされた。今年の干支は午(うま)年。私にもお馬に縁がある年となった。
こちらには大きな温室もあり、南洋の植物やキツネザル、カメレオンもいた。野菜も販売してたので、買い物をして帰宅した。
自宅に帰ると、実家の兄が実家の庭に実ったビワをもいでくれた。

9日(月曜日)は、天気が曇りのまま持ちそうなので急遽サンヨーガーデンに乗馬の空を確認して昼過ぎに行く。こちらで2 回目の乗馬となった。また同じ馬ヘイグ君に乗馬。軽速走(けいはやあし)の腰を上下するタイミングがなかなかうまく いかない。

10日火曜日の今日は乗馬クラブ休みなので、家で愛猫「みりぃ」とのんびり過ごす。 明日の朝一の9時で予約しておいたが、天気が悪そうなので昨日キャンセルしてしまった。 もし、明日の午後天気が回復気味ならば朝に再度予約を入れて行こうと思う。 来週の16日月曜から再就職だから今週は出来る限り乗馬したいが、天気と予約の関係で難しい。 16日から1週間は朝から夕方までフルタイムの研修。それも大手町付近なので、久しぶりの混雑した通勤電車に乗らなければならないのが、辛い。ただ、そのあとは自宅に近いとこで午前中だけの勤務で週休2日。再来週から、また乗馬を続けよう。でも毎日とはいかない、お金が続きません。あとは、馬事公苑でウォーキングと馬や植物の鑑賞を楽し もう。
Bajikouen20140608a Bajikouen20140608b Bajikouen20140608c Bajikouen20140608d Biwa20140608a Biwa20140608b Noudai20140608a Noudai20140608b Noudai20140608c Noudai20140608d Noudai20140608e Noudai20140608f Noudai20140608g Noudai20140608h Noudai20140608i Noudai20140608j_2 Sanyou20140609a Sanyou20140609b Sanyou20140609c Sanyou20140609d Miryi20140610a

|

2014年6月 7日 (土)

6月(水無月)となりました。

6月に入って1週間が過ぎようとしています。まとめてのコメント。
6月1日(日曜)は妻が蛍を観たいとのことで、寺家ふるさと村に夕方から行きました。まだ明るい内に「四季の家」の駐車場に車を停めてそこで夕食を摂り暗くなるのを待って歩くと大勢の人の中を蛍が飛んでいるのが観れました。安ぽいポケットカメラで蛍はよく写りませんでした。と言うより、違法駐車のヘッドライトが明るすぎました。

6月2日(月曜)は、乗馬クラブ・クレイン東京で30分の乗馬体験レッスンを受ける。受けた後、少々強引に会員になるよう勧められたが、財務大臣である妻と相談するとかわしてその場を出た。

6月4日(水曜)は、サンヨーガーデンと言う乗馬クラブで45分の乗馬体験レッスンを受けた。とても解りやすい指導と、アットフォームな雰囲気が良かった。なによりも上記クレインと違って今後ビジターでも乗馬で きるのが気に入り、当分サンヨーガーデンで乗馬を楽しむことにした。設備が立派な大手のクレインと違い、 ちょっと古びた乗馬クラブというイメージであったが、そこに集う人々は年配者が多く気さくでフレンドリー なのが良かった。90歳を過ぎたお爺さんとの語らいも楽しかった。馬小屋の鼠退治をしているという人馴れ した猫ちゃん(しろ)とも仲良くなれたのも嬉しい。

6月5日(木曜)は、2階寝室のエアコンの取替え工事屋さんを待ったが夕方遅く雨の中到着。2階工事だというのに作業員一人だけで雨だったので、梯子に登るときは梯子を下で支えてあげた。

6月6日(金曜)は、運転免許の更新に成城警察署に行く。久しぶりに優良運転者のゴールドカードとなった。

6月7日(土曜)は、雨と寒さから家族皆が体調不良でゴロゴロ。 特に妻が具合悪かったので、昼食は私がトマトのリゾットを作った。 乗馬を続けるため最小限の装具として、通信販売でヘルメットとロングブーツに鞭を購入した。しかし、ブーツのサイズが合わないと業者に昨日電話するとサイズの異なる2足を追加で本日宅急便で届けてくれた。その1足がフィットしたので2足は着払いで返却した。大阪にある乗馬用用品の通信販売会社であるが、親切丁寧で感激した。

4月に退職し6月中旬から午前中だけ働くようになるまで、いろいろ旅行したり新たな趣味を探そうと思っていたが、義母の入院・葬儀などで5月は泊りの旅行ができなかった。でも、日帰り旅の山中湖での久しぶりの乗馬を経験して、私の余生に乗馬が加わった。

Jike20140601a Jike20140601b Sanyo20140604a Sanyo20140604b Sanyo20140604c Sanyo20140604d Sanyo20140604e Sanyo20140604f Sanyo20140604g Sanyo20140604h Sanyo20140604i Sanyo20140604j

|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »