« 久びりの外泊旅行 | トップページ | 2020年東京オリンピック »

2013年8月24日 (土)

夏休み

17日~25日の9日間夏休みも明日で終わり。
今年の夏休みは、外泊は妻と17日・18日に山中湖周辺で1泊したのみ。
その後は、19日月曜は家でゆっくり休養。
20日火曜は前回「風立ちぬ」を鑑賞したららぽーと豊洲ユナイテッドシネマでパシフィック・リムの映画鑑賞。
そしてららぽーと豊洲で買い物と食事を楽しむ。
 

21日水曜日は、一度是非訪れたかった「ちひろ美術館・東京」に行く。
若い小連れのお母さんよりも年配のご婦人が多く訪れていた。
私は、いわさきちひろの絵が大好き。観ているだけで心が穏やかになり、優しくなれる気がする。
しかし、彼女の平和への強い思いも伝わる絵本もある。
ここでゆっくりしたいので、昼食を摂る。お焼きとスープが美味しかった。
ゆっくり過ごし、いくつかの絵本などを購入して帰路に就く。
いつか今度は安曇野にあるちひろ美術館に行こうと思う。
私も「ちひろ」のような絵が描きたい・・・。

22日木曜日は、世田谷文化館に宮沢賢治展を鑑賞に行く。
昨日のちひろ美術館の半券を見せると800円の入場券が640円となった。
駐車スペースは前日のちひろ美術館よりも広く余裕があった。
長年世田谷住民であるが初めて世田谷文化館に訪れ、立派な建物で驚き。
これからも、もっと利用しなくてはと思った。
ここでも朝食を摂り、ゆっくりした。帰りには数冊の本を購入。その中の賢治の「花の童話集」も気に入った。画が「ちひろ」が描いていた。
宮沢賢治、彼のように農村に暮らし質素な暮らしを憧れたことがあったが、この歳まで来てしまった。
でも今はこの東京でも、宮沢賢治に学んだ生き方をすることができるのではと考える。
賢治の時代よりも物質的にはるかに豊かになった日本。それに並行して日本人の心は豊かになったのだろうか。
東京オリンピック、私も賛成だが、それ以上に大切なのは震災復興だ!
福島原発があんな状態で、東京が候補地となれるのか疑問である。
日本以上に世界は福島原発を厳しく考えている。日本人はすぐ忘却してしまうのか・・

23日金曜は、娘と渋谷のヒカリエ9階で開催中の岩合さんの写真店「ねこ」の鑑賞に行く。
会場は平日の午前中なのに多くの人が訪れていた。その多くは中高年のご婦人であった。
岩合さんの猫の写真は、よい絵本のように癒される。皆さん、そんな思いでしょうね。
平和だから、観れる写真展。でも、震災地・原発福島の猫達動物は人々同様に大変な状況であると思うと、胸が苦しくなる。
娘とヒカリエで食事をして、それぞれ用事があるので別れた。
ヒカリエの駐車場、立派だがヒカリエで食事・買い物して2時間は無料だが3時間を過ぎてしまい1200円現金出しと高かった。

24日土曜日は、新装となったホンダカーズ野沢店に現在のN-ONEカーナビのipod用接続用品のことやN-ONE用無限のアクセサリーについて確認しに行く。
それから、渋谷のアップル直営店に行ったり買い物をして帰宅、みりいとごろ寝して1日を終える。

明日の25日・日曜日は家の中の整理と、駐車場の草むしり。そしてみりぃとごろ寝を予定。
もしかして、友人と近くの日帰り温泉に行くかも。

こうしてこの夏の9日間連続休暇は、私が近い将来に毎日が休日となる訓練となりました。
Toyosu20130820a Toyosu20130820b Chihiro20130821a Chihiro20130821b Chihiro20130821c Chihiro20130821d Chihiro20130821e Chihiro20130821f Bungakukan20130822a Bungakukan20130822c Bungakukan20130822d Bungakukan20130822e Bungakukan20130822f Hikarie20130823a Hikarie20130823b Hikarie20130823c Hikarie20130823d Hikarie20130823e Honda20130824a_2 Honda20130824b Ticket201308 Miryi20130821a

|

« 久びりの外泊旅行 | トップページ | 2020年東京オリンピック »