« 戦後68年を思う | トップページ | 夏休み »

2013年8月19日 (月)

久びりの外泊旅行

前もって旅の計画をするのが苦手な私は、昨年八ヶ岳山麓の山小屋を売却してから外泊をしてなかった。内猫と外猫が気になり、外泊しにくいのも一因。
そんな中、私と同じく出不精な妻と17日土曜日に山中湖に1箔旅行をする。
6月にも日帰り山中湖、7月には同じく日帰りで河口湖に来たように東京から日帰りで十分観光できる場所である。
今回は富士山を観る目的もあるが、宿泊先近くの「森の絵本館」で絵本を観ながらのんびりと過ごすことが目的。
渋滞を避ける為早朝に自宅を出たので山中湖に午前6時半頃に到着してしまったが、無計画で行くところがない。
陽が昇り暑くなある前に「花の都公園」に行って花と富士山を観ようと行くも、有料エリア開園が8時30分であったので無料エリアで写真を撮り宿泊先と「森の絵本館」の場所を確認の為車を走らせる。
場所を確認して、その先の絶景ポイントのパノラマ台に行くも多くの車が駐車してやっと駐車できたものの雲が多くなり富士山が隠れ気味であった。
最初にパノラマ台に来るべきであったと反省しながら山中湖観光案内所に行く。
山中湖観光案内所のテラスでおにぎり食べながら観光案内のパンフレットを見て行先を検討。観光案内所の横に「文学の森」の入り口があるのに気づき、その公園を散策。
とても広い公園でちょっとしたハイキングとなった。山中湖にちなんだ句碑、歌碑が点在し、読みながらの散策も楽しかった。まだ紫陽花も咲いていたのにビックリ。
公園の散策を終えると時刻はもう10時半、「森の絵本館」の開館は10時であったが先に早い昼食を採ってから「森の絵本館」に行くことにしようと昼食の場所を検討。
イタリアン、手打蕎麦屋へと行ったがどこも11時30分開店。蕎麦屋の駐車場でパンフレットを見直すと忍野八海近くに安くて美味しそうな和食亭・旬鮮道場を発見。
早速そこに行くと開店の11時30分に到着。本日10食限定の海鮮丼がサラダ・豆腐・味噌汁付きで600円と安くて美味しかった。それに、最後に茹でたてのトウモロコシを一人1本プレゼント。
食事を終え「森の絵本館」に行こうと思ったが、まだ妻が見たことないという忍野八海に行く。人が多くとにかく暑かった。
観てから早々に車を走らせ、「森の絵本館」に到着。館内に入るとブログで観た猫のDizzyちゃんが居たので挨拶するとフーッと威嚇されてしまった。まずは2階に展示の西村繁男さんご夫婦と娘さんの絵本の原画を拝見。
そして1階に降りると、近くの畑で採れた小玉スイカを頂き食べる。その甘さと水気がちょっと旅疲れした体に染み渡った。そして絵本を観ながらのんびり過ごす。
最近絵本館の家族となった子猫のクルツちゃんを抱かせてもらった。今回一番感動した絵本はエインズワースの書いた物語、「黒ねこのおきゃくさま 」でした。帰りに猫ちゃんの折り紙を夫婦で一つづつ頂く。
隣にクローバー牧場があり乗馬を申し込んだが大分混んでいるようなので諦め、宿泊するペンション・アイネパウゼにチェックインする。部屋はとても綺麗で、夕食・朝共に美味しかった。
夜パノラマ台に星を見るため夕食時ノンアルコールビールを飲んだが、疲れて早々に寝てしまった。
早朝に起きてパノラマ台に一人で写真を撮りに行く。気温18度。パノラマ台到着午前5時、駐車場は既に一杯であった。仕方なく多くの車同様に路上駐車して富士山を撮影。
パノラマ台での撮影を終えて、こんどは逆さ富士の観える山中湖長池親水公園の駐車場に行き逆さ富士を撮影。ちょっとガスがかかって鮮明に撮れなかった。やはり秋冬の時期の撮影でないと綺麗に撮れないようである。
ペンションに戻り朝食を頂き一休みしてチェックアウト。帰路は道志道を走り途中「道の駅・道志」で買い物と早めの朝食を摂り都留ICから中央道に入り帰路に就く。
海抜1000mの山中湖から東京に戻ると、気温の差の反動で夏バテ気味。
Hanamiyako20130817a Hanamiyako20130817b Hanamiyako20130817c Panoramadai20130817a Kankouannai2013087a Bungakunomori2013087a Bungakunomori2013087b Bungakunomori2013087c Bungakunomori2013087d Bungakunomori2013087e Shunsendoujou20130817a Shunsendoujou20130817b Oshinohakai20130818a Oshinohakai20130818b Morinoehonkan20130817a Morinoehonkan20130817b_2 Morinoehonkan20130817c_2 Morinoehonkan20130817d Jouba20130817a Einepause20130817a Einepause20130817b Einepause20130817c Einepause20130818a Einepause20130818b Panoramadai20130818c Panoramadai20130818b_2 Panoramadai20130818d Panoramadai20130818e Panoramadai20130818f Sakasafuji20130818a Sakasafuji20130818b Swan20130818a Doushi20130818a Doushi20130818b Doushi20130818c Doushi20130818d_2

|

« 戦後68年を思う | トップページ | 夏休み »