« 楽しそうN-ONEのカーレース | トップページ | 久びりの外泊旅行 »

2013年8月15日 (木)

戦後68年を思う

先週の土曜日は友人2人と温泉とカラオケを楽しみ過ごした。
お互い酒を飲まない仲間だったので、カラオケは酒も飲まずにおやじ3人で3時間も歌ってしまった。
そこで「戦争を知らない子供たち」を久しぶりに合唱した。

私は戦後7年生まれの61才。
先ほどNHKスペシャル シリーズ日本新生「戦後68年 いま“ニッポンの平和”を考える」を視聴してました。昨今、国内の世論が軍備増強とか憲法9条改正を望む声が多くなりつつあるのが、とても気になります。
しまいには中国と対等になる為、冷戦時代の核抑止力の考えのように核兵器まで待つべきなどと公然と言い始めるのではと思います。日本が愚かな選択をしないことを願いたいです。そして願うだけでなく、私は今まではブログやホームページで思想や政治的意見は記述しませんでしたが、これからは微力ながら憲法9条を守る為の思いを記述して行こうと思います。
戦争は人間だけでなく、なんの罪無い動植物達にも非情なことをする「生きとし生けるもの」に対する地球規模の犯罪だということを訴えたいですね。
自ら戦争をしないとの強い決意と友好に力を注ぐことが、相手にも安心を与え、一番の防衛になるのだと思います。自衛隊は必要ですが、国防軍とする必要はないです。
憲法9条は非現実的でしょうか? もうこの小さな星の中で、人類による争いで地球を汚染するのを止める努力をせねば地球は生命に満ちた奇跡の星でなくなる。
色々な苦しみを経験した日本は、内向きにならずもっとこの星の為に果たすことがあるのだと思います。

|

« 楽しそうN-ONEのカーレース | トップページ | 久びりの外泊旅行 »