« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月21日 (日)

参議院選挙の週末

参議院選挙の週末は月曜日に有休をとったので星空を見に昨日土曜日に関東周辺の山岳地帯に出かけようと思ったが、天気が良くないので断念した。
結果昨日は、買い物等で一日を過ごしてしまった。それと、今月29から8月30日までHondaウエルカムプラザ青山が改装工事の為休館となるので、S500の展示を観たく行く。
アコードハイブリッドの展示もあったが、ハイブリッド車はどうも好きになれない。今までの車は絶対にタコメーター付でないと購入しなかった。
運転していてもスピードメータ同様にタコメーターを見るのが習慣となっているのは、もう時代遅れなのかなぁ~。
エンジン音は人間の心臓の鼓動のように感じていたのでタコメーターは車の健康状態を診るため必要だと思っていたが、ハイブリット車にはタコメーターがないのである。
それにハイブリッドはシステムが複雑で自分で点検も難しいそう。だから将来乗り換えるとしたら、排ガスゼロで構造的にシンプルな電気自動車になると思う。
その場合は、タコメーターはなくなるのかぁ~・・。今のN-ONEを大切に長く乗ろう。

さて今日は参議院選挙。涼しい今日の朝は今までの暑さから解放されたものの、夏バテからくる疲労でごろごろとしてしまった。
昼頃に妻と近くの投票所に行き投票した。
明確な支持政党ない私であるが、経済問題よりも日本の将来を考えて憲法改正の可否・原発の可否を考えて投票した。
宮崎駿さんがジブリの小冊子『熱風』7月号で憲法改正を語っています。その思いに、私は賛同します。
選挙予想は自公民の圧勝のようで、昼のTVニュースでの投票率の低さも気になります。

私の子供時代・そして現在も、日本は戦前の植民地政策・軍国主義に対する反省教育に力を入れてこなかった。
それが許されたというか力を入れなかったのは大陸の中国が共産国家となり、朝鮮戦争が勃発してアメリカ(西側)が日本に対し強い姿勢を取らなくなったからなのでしょうか。
奇跡とも言われる日本の戦後復興の中で、戦前・第2次世界大戦に至る経緯や大戦の反省をあまりしないで済んできたのだと思う。
そういった歴史認識が薄い私達日本人、現在・将来、隣国の韓国・台湾・中国と正しく接することができるのか心配である。
また、政治に無関心な人が多く投票率が低いのも心配である。長いものに巻かれろ的に、日本が一部の勢力に流されて行ってしまうような気がする・・・。
None201307a None20130720a Honda20130720a Honda20130720b Honda20130720c Honda20130720d


|

2013年7月14日 (日)

海の日の3連休

3連休の昨日13日土曜日は、義父の墓参りで妻と富士の裾野に行く。
天気は薄曇りで猛暑からちょっと解放されてのドライブとなった。
河口湖大石公園からの富士山は穏やかな夏富士の姿であった。
早朝であったが、多くの人が世界遺産となった富士山へカメラを構えていた。
白糸の滝も観たいと思い車を走らせて駐車場に到着したが、駐車場管理人が階段工事で12月まで滝下まで降りれないので上からしか観れないが駐車しますか?を言うので駐車せずに、近くの富士ミルクランドに行き名物のジュラードアイスを食べに行く。そこで偶然に義姉夫婦を遭遇し久しぶりに語り合う。
帰路は中央道の国立府中間の事故渋滞で夕方の帰宅となり、実家の新盆の迎え火に間に合わなかった。
今日はお盆でもあるし自宅でゆっくりした。
明日は昨日中央道で高速運転中に石を踏んだ時に嫌なタイヤ音がしたので、新車6か月点検を早めてもらうこととにした。
愛猫みりぃいは元気だが、また下痢気味なのも気になる。前回は食べ過ぎのようであったが、今回は夏バテかなぁ~。ちょっと心配・・・
Fuji_kawaguchiko20130713a Fuji_kawaguchiko20130713b Fuji_kawaguchiko20130713c Fuji_narusawa20130713a Fuji_narusawa20130713b Fujimilkland20130713a Miryi20130714a

















|

2013年7月 7日 (日)

今日は七夕

昨日は、新宿の病院に胃腸の薬を受取に行く。
今日は七夕。
自宅近くの菩提寺でお施餓鬼の法要が行われた。
梅雨明けとなっての土日は、猛暑で夏バテ気味となった。
内猫も外猫もぐったりしていた。
先月に大阪に転勤となった息子が東京出張とのことで、夕方帰省した。
久しぶりに家族の為に私がステーキを焼いた。

平凡な日常。平和で、衣食住足りての日々に感謝したいと思うのです。
Shinjuku20130706a None20130707a Otera20130707a Otera20130707b Miryi20130707a Jiji20130707a

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »