« 愛車の1年点検 | トップページ | ごめん我が愛車1007 »

2013年1月27日 (日)

やはり1007が大好き!

愛車1007はまだまだ乗り続けたいと思うが、命を預けている車は家電と違い壊れるまで乗るというわけにはいかない。
いつかは時期を見て手放さなければならない。
将来の車を選択するため、今日は軽自動車も選択肢と考えホンダのN-ONEの試乗に行きN-ONEの最上級のPremium Tourer・Lパッケージを試乗。パドルシフトも装備されターボの為軽快な走りにビックリ。

次に、やはり愛するプジョーに行き208を試乗。
まずは、4ATの208プレミアムを試乗。上質なコンパクトカーで、さすがプジョーと思いながらパドルシフトがあればと感じた。
次に、5MT車2ドアで3気筒1.2ののアリュールに試乗。息子が以前乗っていたインプレッサGT以来のMT車の運転で心配であったが、初めはぎこちなかったものの直ぐに慣れて軽快に運転ができた。インプレッサGTよりクラッチが軽く踏み込め楽であった。
そして、この3気筒1.2エンジンは静かで力強くビックリした。
いずれにしても208を試乗してしまうと、いくら小淵沢の山小屋を手放し長距離運転をしなくなったとはいえ、将来1007を手放し軽自動車はないかなと思った。
そして、どちらの担当者にももうしばらく1007を乗り続けることを話て、具体的な商談はしなかった。1007に乗り込むと、コンパクトでありながら広い室内と開放感に安らぎを感じた。
None20130127a None20130127b None20130127c Chaton20130127

Peugeot208_20130127a Peugeot208_20130127b Peugeot208_20130127c Peugeot208_20130127d Peugeot208_20130127e Peugeot208_20130127f_2 Peugeot208_20130127g Peugeot208_20130127h Peugeot208_20130127i Peugeot208_20130127j








































|

« 愛車の1年点検 | トップページ | ごめん我が愛車1007 »