« さよなら山小屋_no1 | トップページ | 連続休暇、そして、さよなら山小屋No2 »

2012年8月 5日 (日)

通勤途中の楽しみと愛車1007

7月の誕生日に還暦を迎えて、定年退職し再雇用で新たに配属になった部署で7月31日退職・再雇用・配属の歓迎会の宴を開いていただく。
通勤時間が楽になったのでちょっと早めに出勤して西新宿の高速ビル郡の中のカフェテラスで雀にパンくずを与えるのが楽しみとなった。私と同じよなご老人にも遭遇。
コンクリートジャングルのなかで、とても癒しになるひと時である。
Suzume2012_08a Suzume2012_08b Suzume2012_08c

先週末に愛車1007の2ペダルをAUTOにする押ボタンスイッチの塗装の一部が剥がれたので、接着材で接着しようとしたら一部が溶けてしまった。黒い塗装ではなく薄くゴム樹脂が塗られてようで、全部はがしてしまった。どう見ても見た目が悪いので、昨日プジョー世田谷サービスセンターで修理をお願いすると、その部品在庫が1つあり早々に交換していただく。費用は部品と交換費用込で4620円でした。今後はこのような場合は自分で修繕しようと思わず、サービスセンターに持ち込もう。長く乗りたい1007だが、将来いろいろな部品の調達が心配である。2007年に新車購入した1007だが2008年は日本での販売中止となり2009年には完全に製造中止となった車だから・・・。
時折いろいろ新車を見に行くが、1007から乗り換えたいほどの個性ある車がでてこない。それよりも、以前のように数年ごとに車を買い換える金銭的余裕も、物欲も無くなったかな・・。自分の体と同じように、愛車1007をいたわりながら乗らせていただきましょう。
Chaton2012_0804a Chaton2012_0804b




|

« さよなら山小屋_no1 | トップページ | 連続休暇、そして、さよなら山小屋No2 »