« 八ヶ岳南麓はまだ冬であった。 | トップページ | 久々の家族旅行と金環日食 »

2012年4月30日 (月)

雪が残る北横岳を歩く

ゴールデンウイークの私の休日は暦通り。
その最初の休みである4月28日~30日に、久しぶりに友人と八ヶ岳周辺の山歩きをする。
神戸在住の友人が、雪山を歩きたいとのことで北八ヶ岳の北横岳登山をすることにした。28日小淵沢駅に到着の友人を迎えて、昼食を私の好きなカッコー(cuckoo)さんで「気まぐれランチ」を南アルプスを観ながらいただく。付近の桜は満開であったが、そこから高台にある我が山小屋のヤマザクラはまだ咲いてなかった。
その日は午後は、まずは野辺山電波観測所を見学。私も宇宙のことを考えるのが好きであるが、宇宙の誕生と宇宙の謎について理系の友人から説明を受ける。宇宙は11次元で構成されていることなど、楽しい会話ができた。
次に、明日の北横岳登山の足慣らしに、快晴の飯盛山を登る。頂上からは八ヶ岳、南アルプス、浅間山、そして雲取山と360度のパノラマである。残念ながら霞ん富士山は見えなかった。夕方その登山口で夕日を楽しむ。そして、パノラマノ湯で温泉に浸かる。
Yatsu2012_0428a S_alp2012_04a Cuckoo2012_04a Cuckoo2012_04b Yatsu2012_0428b Nobeyama_denpa2012_0428a Meshimori2012_0428a Meshimori2012_0428b Meshimori2012_0428c Yatsu2012_0428c

翌日29日北八ヶ岳ロープウエイ駅からロープウエイで坪庭に到着。そこから北横岳を目指した。途中から雪道となったので軽アイゼンを装着しサングラスを着用する。雪道は細くなり道を譲って端によった途端ズボーッて足の付け根まで足が雪にはまってしまい、道を譲った人に助けてもらった。山頂に到着すると、蓼科山、南八ヶ岳、南アルプス、そうして霞んでいたが中央アルプス、北アルプス、穂高連峰が見えた。友人と共に満足であった。
山小屋の帰路に富士見高原の「鹿の湯」で温泉に浸かる。
その夜は山小屋でお酒を飲みながら、宇宙と世界観について語り合う。
Tuboniwa2012_0429a Tuboniwa2012_0429b Tuboniwa2012_0429c Kitayokodake2012_04a Kitayokodake2012_04b Kitayokodake2012_04c Kitayokodake2012_04d Kitayokodake2012_04e Kitayokodake2012_04f Kitayokodake2012_04g Kitayokodake2012_04h Kitayokodake2012_04i Kitayokodake2012_04j Kitayokodake2012_04k

翌朝30日、早々に東京に向かい、友人を彼の実家に送り帰宅する。

|

« 八ヶ岳南麓はまだ冬であった。 | トップページ | 久々の家族旅行と金環日食 »