« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月24日 (日)

新緑の季節とお祝い

昨日は風雨が強く家から出ませんでした。
愛猫みりぃとごろごろしたり、キーボード演奏を楽しみました。
今日の日曜日、一転して快晴の朝を迎えました。
窓から見る柿の木の新緑が綺麗です。
季節は廻ります。
日差しの強い季節がやってきました。今年の夏は節電もあり厳しい夏になりそう・・・。
今までとは違った生活スタイルを考えなければならないと思う。
昔を考えれば、どうにかなるさ。ケセラセラ・・・

今日は統一地方選後半の選挙で、近くの母校の小学校に家族で選挙に行きその足で新宿に行き「ルブラン新宿店」で久々に家族でランチを楽しみました。家族の1人のお祝いの為です。
前菜がとても可愛かったが、カメラで写すのを忘れてしまった。一部を撮影しましたが、みな美味しいかった。コースメニュー以外にサービスで出たホワイトアスパラのスープが初めての味わいで美味しかった。

その後私以外の家族は映画を予約していましたので、食事後は私だけ早々に帰宅しました。久しぶりに昼間にお酒を飲んだので電車の中で寝てしまい2駅を過ぎてしまいました。帰宅してからは庭木の手入れと愛猫「みりぃ」とごろごろでした。
昨日雨の中、楽天ショップで予約していたシンガーマジックが到着しました。とても愉快で癒されるおもちゃです。町にぶら下げて歩く人が出て来そうです。

気持ち的にやっと日常生活に戻った気がします。
明日からまた仕事、頑張ろう!
健康で働けることに感謝です。

Sinryoku2011_0424a Senkyo2011_0424a Ranch2011_0423a Ranch2011_0423b Ranch2011_0423b2 Ranch2011_0423c Ranch2011_0423d Singamajigs2011_0423a Miryi2011_0424a

|

2011年4月17日 (日)

いろいろな思い

昨日の土曜日は風が強く吹いたが、
今日の日曜は穏やかな春の日和でした。
今日は久し振りに車で秋葉原のヨドバシカメラ行きました。
お目当ては、楽器のキーボードです。

この週末に山小屋の管理清掃に行こうかと思いましたが、天気予報で土曜日が良くないとの予報であたのと、余震が続く中で不安があり断念した。16日の土曜の午前中に余震ではないと気象庁が発表した茨城を震源とする地震が発生。今日の未明には、新潟県中越地方を震源とする地震が発生。共に余震ではなく、単独で先の大震災による誘発地震のようである。まだ山岳道路である中央高速を走る気になれないのが、本音である。

福島原発はもっと気になる。福島の原発周辺の地域住民の方々は災害が継続中である。それがいつまで続くか分からない。あまりにも残酷な状況にある。
福島原子炉の安定に6~9カ月と東電が事故収束への工程表出したが、苦し紛れの発表でないことを信じ最低限本当にそうなることを望む。
そしてボランティアが自主的に保護していると聞くが、ペット等動物達の保護も完全に東電と国が行うべきだと思う。生き延びている命を助けて欲しい。

今年の桜は散るのが早かった気がする。というか、あまり桜の花見を楽しまなかった気がする。
色々な思いの中、被災していない自分自身も気分転換に音楽を聴くことが多くなったが、自分でもまた音楽を奏でたくなった。
実家の野良ネコのキツネ君が昨年の大晦日を最後に帰らなくなり、92歳の実家の母が淋しくて神奈川に住んでいる妹を通して3月末に横浜の動物ボランティアが4歳雄のキジトラ君を連れてきた。しばらく様子を見て馴れなければ返さねばならないそうだが、やっと実家を我が家としてくれたようである。
外猫のジジは相変わらず人に触れさせてくれないが、ガラス越しのトラ君とは相性が合いそうである。我が家の愛猫「みりぃ」は相変わらず私にベッタリである。
もし災害で東京を離れるようなことがあっても、この子達を置いてはいけないと思っている。
Keyboard2011_0417a Ribon2011_0311 Tora2011_0417a Tora2011_0417b Jiji2011_0417a Miryi2011_0417a

|

2011年4月10日 (日)

桜満開と統一地方選挙

今日は統一地方選挙で、午前中近くの母校の小学校に東京都知事の選挙に行きました。
母校の小学校は、桜が満開でした。
午後はまた比較的近い馬事公苑に行きました。
桜は満開で、多くの人々が花見に来ていました。

東日本大震災、あまりの悲惨な災害に言葉を失い心が痛み心が沈みがちとなっていたが、短い季節の瞬間に無心に咲く桜の花を観ると、一生懸命に生きなければと思う。
「百花春至為誰開」

ただ、やはり福島原発のことが頭から離れない。
この問題が解決しないと、日本は再出発できない気がする。
政府は東京電力や政府・日本だけでなく、人類の英知を結集して一日も早く収束するよう動くべきであったし、これからもそう動いて欲しい。
そして正確な情報公開を望む。
また、政府は20キロ圏内で助けられる命を見捨てたのではないかと思う。
もっと早く捜索する方法があったのではないだろうか・・・。
原発の現場で働く人は命がけで、本当にご苦労様です。
しかし、福島原発事故は東京電力トップと歴代の政権の怠慢による人災だと思う。
過去の災害を考えれば「想定外」などのような言葉を、使えないはずであった。

そして個人としての自分自身も、無駄な電気の使用を止め、今までの生活スタイルも見直したいと思う。自分の子供時代は、我が家も日本はまだ貧しかった。でも楽しい日々であった。
Tochijisen2011_0410a Tochijisen2011_0410b Bajikouen2011_0410a Bajikouen2011_0410b Bajikouen2011_0410c Bajikouen2011_0410d Bajikouen2011_0410e Bajikouen2011_0410f Bajikouen2011_0410g Bajikouen2011_0410h

|

2011年4月 3日 (日)

今年も桜が咲き始めました

東日本大震災から3週間が過ぎました。
東京では桜が咲き始めました。
昨日は暖かな土曜日であったが、今日は寒々とした曇り空の日曜日。
折角咲いた桜の花も、ちょっと寒そうであった。
成城のホームセンター「くろがねや」に買い物に行き、近くの仙川沿いの桜の観賞を楽しむ。上野公園では花見の自粛がされているそうだが、こちらはまだ3分咲き程と寒い午前中であったのか、桜見物している人はほとんどいなかった。
それでも桜は綺麗な花を満開に向けて咲かせていた。心が和んだ。

東宝スタジオの玄関に立つゴジラを見ると、また福島原発が気になって来た。
余震は続いているが時間とともに落ちくのであろうが、福島原発はいつ収束するのか全く分からない。東京に居ても重苦しい思いでニュースなどを見入る。
一日も早く収束することを祈る。

Sengawa2011_0403a Sengawa2011_0403b Sengawa2011_0403c Sengawa2011_0403d Sengawa2011_0403e Sengawa2011_0403f Sengawa2011_0403g Toho2011_0403a Toho2011_0403b

新宿駅と高層ビル群を結ぶ動く歩道は、現在止まっている。
動いているときは、動いている歩道を皆早足で歩いていた。
自分も何で動く歩道に乗りながら歩くのだと思いながら、その流れで歩いていた。
金曜日の帰宅時に小田急線の駅を降りてから歩いて自宅に帰る途中空を見上げると、今まで以上に星がよく見えた。
スローライフという言葉がひと時流行ったが、実際は忙しく日常を送る社会の中で自分も同じであった。
これからは、ちょっとのんびりした生き方をしたいと思う。

今週末は1007君とのドライブはこの買い物だけ。
帰宅後に1007にボディーカバーを被せた。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »