« 五月晴れが来そう・・・。 | トップページ | 五月晴れが来た(2) »

2010年5月 4日 (火)

五月晴れが来た。

ゴルデンウィーク到来と共に、五月晴れの良い天気となった。
4月30日(金曜)の夜から妻と山小屋に向かう。
娘に一緒に行こうと言ったが、愛猫「みりぃ」と留守番するとのこと。
猫も心配だが、山小屋に興味が無くなったようである。
もう大人だし、他に色々と用があるようである。

30日午後9時過ぎに東京を出発、中央高速が渋滞無く順調で小淵沢インターに午前0時前に到着してしまいそうなので、3箇所のサービスエリアで休み休みで午前0時5分ごろに小淵沢インターに到着。八王子から1000円での高速料金。サラリーマンである私には、この制度続けて欲しいと思う。

5月1日(土曜日)のんびりした朝を迎え、昼前に行ったことない温泉を目指す。
まずは小淵沢から近い国道20号線と釜無川沿いの、つたの湯に行く。道の駅・信州蔦木宿の中にある温泉である。しかし、山小屋からすぐに到着したので、周辺を歩いたり売店でヨモギ饅頭などを買うだけで別の温泉である「ゆ~とろん水神の湯」に行く。そこは、露天風呂がいくつもあるので良いかなと思ったが、狭い敷地に露天風呂が重なってあり、内風呂も狭かった。ただ湯は硫黄の臭いがして、肌がすべすべとなった。湯を出て、そこでの食事より先の信州蔦木宿の中の食堂の方が美味しそうだったので、山小屋の帰路そこで非常に遅い昼食。途中での八ヶ岳連峰が美しかった。
蔦木宿定食(そば定食)安くで美味しかった。通常950円で、温泉セットだと1250円とのこと。温泉もここにすればよかったと思った。

小屋への帰路に息子から電話があり、夜に千葉の下宿先から山小屋に来ると言うのである。
首都高速が大渋滞で動かないと午後7時過ぎに電話が入る。
その夜10時前に山小屋に到着。中央高速はガラガラでノンストップで来たとのこと。
その夜3人は、夜遅くまでダベリング。
息子、隣に大きな別荘が出来てビックリしていた。今度は、君が建ててくれるかな。興味ないか・・・。もっとも、私は今の小さな山小屋と小屋に見合った広めの庭が好きだ。
Yatsu2010_0501a S_alps2010_0501a Chaton_salps2010_0501a Chaton_salps2010_0501b Tutanoyu2010_0501f Tutanoyu2010_0501a Tutanoyu2010_0501b Tutanoyu2010_0501c Tutanoyu2010_0501d Tutanoyu2010_0501e Mizukaminoyu2010_0501a Mizukaminoyu2010_0501b Mizukaminoyu2010_0501c Yatsu2010_0501b Kyoya2010_0501a

2日(日曜日)、私はどんなに遅く寝ても早朝に目が覚めてしまう。
自分一人で朝食を食べ、山小屋周辺を散策。
そして息子が寝ている間に、私は息子の愛車インプレッサS-GTを運転し清里を目指す。久々の息子のMT車でのドライブ。加速が凄い、わくわくしながら運転。しかし、八ヶ岳大橋手前で大渋滞、ここまで来て大渋滞はゴメンなので山小屋に引き返す。
小屋に戻ると、アバ君、まみちゃん、ベベ家族、武蔵君とご対面。昨年秋に生まれたべべさんのお孫さんのアキちゃんにやっと会えたのが、とても嬉しかった。
息子も遅い朝ごはんを食べていた。
息子は小淵沢のアウトレットに行こうとしたが、最初は3人で「尾白の湯」に行くことにした。
やはり小渕沢界隈で、ここが一番の温泉かな。次は、パノラマの湯だと思う。
ゆっくり温泉に入り次はアウトレットと思ったが、息子がインプレッサS-GTでのドライブのほうが楽しいのでドライブしたいと言い出す。山小屋に干してきた布団をしまうので一旦山小屋に戻る。途中山小屋近くの「かっこう CUCKOO」で遅いランチタイム。ここの夏野菜カレーと日替わり定食が美味しいのである。
小屋に戻り布団を入れて、奥蓼科に向かう。
途中小淵沢町内の道路で、対向車線からアストンマーチンVanquishに遭遇する。
人気の蓼科ではなく3時過ぎでもあったので、渋滞無くスイスイと車を息子が走られせる。
奥蓼科明治温泉入り口付近に車を駐車させて、まずは御射鹿池を散策。ここは、以前吉永小百合のシャープ・アクアスのCMで池に白馬が現れるシーンの舞台となったところ(東山魁夷画伯の『緑響く』)。まだ新緑の美しさにはしばらく待たねばならないようだった。でも水面に写る白樺が美しかった。


次に、明治温泉周辺を散策。渋川渓谷に流れる「おしどりかくしの滝」が美しい。
近くに青々とした残雪があった。また、ニホンカモシカ君が食事していた。
この明治温泉までの道は、もの凄いカーブの坂道を長い間登って到着する。
息子も新人で赴任した八戸に暮らしていたときに、青森・秋田の山間部をインプレッサS-GTで走った思い出を呼び起こされたようで、楽しんでいた。
将来、小さな我が山小屋を引き継いでくれればいいのだが。
小淵沢の帰路途中の八ヶ岳連峰と蓼科山が美しかった。
夜は、ウエスタンスタイルのレストラン「キースプリング」で息子が夕食をプレゼントしてくれた。混んでいて大変待たされたがステーキは美味しかった。
Inp_yatsu2010_0502b Koya_inp_chaton2010_0502a Aba2010_0502a Mami2010_0502a_2 Bebe_kazoku2010_0502 Aki2010_0502a Musashi2010_0502a Ojironoyu2010_0502a Ojironoyu2010_0502b Ojironoyu2010_0502c Cukoo2010_0502a Cukoo2010_0502b Okutateshina_inp2010_0502a Mishakaike2010_0502a Mishakaike2010_0502b Meijionsen2010_0502a Meijionsen2010_0502b Meijionsen2010_0502d_2 Meijionsen2010_0502e Meijionsen2010_0502f Meijionsen2010_0502g Kamoshika_meijionsen2010_05 Inp_mt2010_0502_3 Yatsu2010_0502a Yatsu2010_0502b Tateshinasan2010_0502a Kyisu2010_0502a 

翌朝3日、山小屋の前に亡き愛犬ラッキーのように可愛いシーズが2匹お散歩。
リク君とミリーちゃんとのことで、叔父と姪の関係だそうである。
息子も亡きラッキーを思い出し、大喜び。
私も亡きラッキーを思い出し、また家で娘と留守番する愛猫「みりぃ」が心配になる。
Riku_miryi2010_0503a
息子が40分程先に、東京の我が家に向かう。途中サービスエリアでお昼を食べるように言ったが、ノンストップで東京の我が家に到着し娘に昼食を作ってもらい食べたとのこと。帰ったら妹の分も自分で作ると言っておきながら・・・。
私たちは、談合坂サービスエリアで早めのランチタイムをとると小仏トンネル手前から少し渋滞となってしまったが、午後1時過ぎに東京の我が家に到着した。
帰宅早速に車の手洗い洗車。息子も自分の車を久しぶりの洗車だそうである。
久しぶりの私に、愛猫「みりぃ」は鳴きぱなしで疲れて爆睡。
隣の実家の我が母、孫に久々に会えて喜んでいた。
夕方、息子の車を借りていつもの用賀のスーパーに買い物。帰宅までに2度エンストさせてしまった。私はインプレッサS-GTのMTで都会を走るのは、ちょっと苦手。というか、へたくそな運転である。左足と左手が、筋肉付きそうな感じ。
Inp_chaton2010_0503a_3 Miryi2010_0503a

5月3日(火曜日)昨夜息子がTSUTAYAでDVDを借りて来たので、寝るのが夜遅くなり今日は「みりぃ」とごろごろ過ごす。
午後3時、首都高速が空いている内にと、息子が千葉の会社寮に帰る。
私は、ブログの更新。長いコメントとなってしまった。

|

« 五月晴れが来そう・・・。 | トップページ | 五月晴れが来た(2) »