« 彼岸の入り | トップページ | 花見 »

2007年3月25日 (日)

野良猫が車に轢かれる

昨晩、見知らぬ野良猫が我家近くの路上で私の見ているとこで車に轢かれた。車はそのまま走り去り、その猫はのた打ち回り直ぐに動かなくなった。そばに行くと、多量の出血をして即死常態であった。妻を呼び、亡骸をダンボールに詰め、道路は井戸水で洗った。実家の兄が実家の敷地に埋めてもいいと言ったが、保護している3匹の猫のことや内猫などの将来のことを考え、可哀想だが見知らぬ猫なので、お線香を手向けて手を合わせてから、区役所に電話して引き取ってもらうこととなった。翌日の今日は日曜で大雨の朝であったが、区の道路管理の人が引き取りに来てくれた。昨晩はショック状態で、なかなか眠れなかった。
最近やたらと他の野良猫が入り込んでいるようだから、もう避妊処理をした保護猫の3匹の餌を置き餌にせず、食べたのを確認してから片付けることにしようと思う。
ただ、もうこれ以上不幸な野良猫が増えないよう願うばかりである。
猫を愛するならば、飼い猫を捨てたり、避妊も去勢もしない飼い猫を外に放さないでほしい。お願いします・・・。

|

« 彼岸の入り | トップページ | 花見 »